食事バランスが悪い人が見直すべき栄養素はコレ!

絶対に必要な栄養素についてあまり関心を持っていないと、痩せたいと希望を持っていても実際に健康的に過ごすことが難しい目標になってしまいます。身体に良好な栄養状態は心身共に元気になるだけでなく、ダイエットや美しくなりたいと目標を計画し、達成するために必要な要素のひとつです。

結局のところ、栄養も考えないで適当に食事を食べている方は美しいボディラインとは程遠い結果を招くことにつながると思うんです。さらに、適切な栄養を摂取していると適正体重を維持するために役立ちますし、肌トラブルも少なく、心身共に充実することにも役立ちます。

スポンサーリンク

適切な栄養とは?

あまり病気に掛からない、いつまでもスタイルをキープできる人は適切な栄養を摂取しているかも。そもそも適切な栄養って何?と深く考えてしまいますが、実はそう難しいことではありません。

自分が毎日食べている食事に焦点を当てる事で色々と分かることもあります。一日に摂取している、すべての食品を見直した場合、何千円もする健康食品を積極的に食べなくても食事バランスを簡単に変えることができます。

これら栄養素について感じるところを簡単に書いていこうと思います。

朝食は必ずタンパク質を摂取

タンパク質は筋肉の働きに必要な栄養素のひとつです。エクササイズで体重をキープしたい方は筋肉を鍛えると代謝が上がり痩せやすい体質になります。それの元となる栄養素がたんぱく質です。運動後に傷付いた筋肉の修復に役立ちます。

運動している方はタンパク質を朝食に少なくとも30グラムを摂ると昼前に空腹に困る回数が少なくなります。小腹が空いてどうしてもお菓子を食べてしまうというクセが直らない人はたんぱく質が足りてないかも。

白米やパンを朝食のメインにしている方も多いと思いますが、これだけだと太ってしまいます。食事のメインにたまご料理を追加するとボーナスとして、新陳代謝を増加します。カラダの代謝が上がると便秘も解消、痩せやすい状態になります。

どうしても空腹に負けてしまうなら間食用の食べ物を準備しておきましょう

7時に朝食を食べたのに3時間も経つとお腹が空いてついつい間食・・・。間食する食べ物が低カロリーなら問題ないけど、チョコレートやクッキーなど高カロリーなお菓子だと体重増につながります。

間食に最適な食べ物って何?低カロリーで体に負担が掛からない食べ物をまとめてみました。カロリーが低いだとか、腹持ちが良くなるなどの(詳しい説明は省きます)。

■アーモンド、カシューナッツなどの種実類(塩味と甘いものを避ける)。

■ ゆで卵 。

カゼインプロテインに水、牛乳を混合することができます。

■カロリーが低いリンゴ、オレンジ、ブドウや他の果物を摂取する。

野菜が嫌いな人は調理する方法がわからない?

野菜と言えば栄養素の宝庫であり、人間の機能を保つ役割があります。その野菜を定期的に摂取しないと体調不良を招くだけでなく美容にもよくありません。

野菜を好きではない人の多くは、生が食べれないから火を通しても食べれないといういい訳をしているかもしれません。バリエーションに富んだ料理を食べていないか、調理する方法がわからないことが原因かも。

野菜をスパイスを加えて煮たり、焼いたりするだけでも風味や食感、味も変化します。日本食が無理なら洋食を試すなど野菜の味を多様化してみてください。異なる組み合わせで野菜を調理し、試すことで本当はおいしいだということを理解すると思います。野菜嫌いな人が読みたい本を探してみることも大切です。

好きな物を食べても良い

甘くて砂糖がいっぱい使われているスイーツやカロリーが高いピザなどの食事をあきらめる必要はありません。食べ過ぎがカラダによくないというわけです。

健康のために好きな食べ物を制限することは重要ですが、人生から抹消してしまいますと精神的な負担になってしまいます。カロリーが高くても大好物なものを食べているとストレス解消になります。自分の好きなお菓子を買い、食べることは小さな喜びを購入している状況と同じことだと言えます。

健康的な食事は長い期間続けることが大切です。
食べ過ぎという「失敗」に陥っても毎週の様に頻繁に起きなければ問題ありません。いつまでも体型を維持した、痩せたいと目標があれば自分をコントロールできるようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする