昼寝は代謝にどのような影響を与える?

学生時代は昼寝するという取り組みがなかったですが、最近ではお昼寝を取り入れている学校もあるそうです。学校が昼寝を許可していなくても勝手に午後の昼寝中に寝ていましたが、午後の時間帯に昼寝をするこで生産性を向上させることを大人になって理解しました。

今すぐにでも体重を減らしたい人にとって昼寝は役立つ?

スポンサーリンク

代謝について知識を得ても話はそう単純ではない

代謝は朝起きて活動しているときに活発に働きますが、寝ているときは代謝の活動は低くなります。睡眠中のカラダでは心拍数、呼吸、消化などの機能の働きが抑えられています。

しかし、一時間ぐらいの少ない時間のお昼寝なら代謝の影響はあまりないという。

美容やダイエットを意識している人にしてみたら聞きなられた言葉の「代謝」について何となく知っていても実は複雑過ぎて、謎だらけなんです。

知っている人も多いと思いますが、代謝が悪い人が代謝の効率を上げるためにやることは、定期的な運動を行うことで代謝のスピードアップにつながることが唯一の方法です。

さらに代謝を高めるために筋肉の成長と脂肪燃焼が必要ですが、それだけじゃ疲労が溜まり代謝が悪くなることもあります。

ストレスは代謝に悪いと何度も聞いていますが、体の疲労も同じく代謝に悪影響を与えます。
運動後に骨や筋肉などの細胞組織の再生も必要になってきます。よく眠ることで筋肉の疲労回復をはじめ、肌など美容面でも活性化することを覚えておくことも重要です。

少ない時間の昼寝ぐらいなら代謝にあまり影響ない

昼寝の後にすぐに起きれば、昼寝前の代謝にすぐに戻ることは理解しました。

夜寝るみたいに長い時間の睡眠だと身体機能がゆっくり働き代謝が低下します。しかし、午後の昼寝程度ならあまり代謝に影響しないないので、これから心配なくお昼寝ができますね。

体重を減らそうと運動を頑張りすぎないで時にはカラダを休めることも大切です。

体を労わり過ぎるのも代謝に悪いです。
例えば仕事で何十時間もパソコンの前で座りながら作業をしている人、家であまり動かず帰宅してもソファに長時間座りがちな生活を送っている人は代謝が低いということが分かっています。

そのため座りがちな生活習慣を見直し、座る時間を減らしストレッチなどの軽い運動を取り入れながら、少しの睡眠を取るほうが代謝を燃やす近道になるという分けです。

ソファに座る習慣が見直せない人はズボラな人でもソファに座って運動するだけで「エクササイズ習慣」を長続きできるをお勧めします。

お昼寝は代謝を少し下げてしまうが利点の方が大きい

何度も言いますが昼寝の利点は代謝の速度を必要以上に落とすことはないです。ちなみに代謝に良いメリットは、目覚めた後に起きます。

睡眠が溜まると出てくる「ストレスホルモン」のコルチゾールの分泌を低下させます。またコルチゾールは脂肪をエネルギーに変える働きを持つので、ダイエットに効果的という分けです。

つまり、お昼寝の欠点を気にするよりメリットの方に意識を向けたほうが痩せやすい身体作りの近道になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする