長い連休の後すぐに仕事のモチベーションを上げる方法

長い連休があると海外旅行に出かけたり、帰ってくると時差ぼけがつらく睡眠不足にもなったりします。休日ではないけど子供が病気になったりすると面倒を長くみることもあります。長い期間の間、仕事から離れると元のモチベーションに戻すのは困難ですよね。

いつものように、仕事に対する意識やモチベーションを呼び起こす方法があります。平日の仕事に力が入らない、気分が乗らないに試してみるとやる気を復活させることに役立ちます。

スポンサーリンク

最終日まで連休をフル活用しない

心身共に余裕がないように連休が終わる。
それは、前日まで休みを満喫するようなスケジュールを組んでいると疲れが溜まったまま出勤しなければいけませんし、睡眠不足だと数日間ほどやる気が出ない状態になると思うんです。

この状態のまま仕事に従事すると「山をも動かす」ほどの力が必要と思われます。

しかし、適度な休暇を送っているとリラックスすることができます。
一日中美しいビーチで寝そべったり、見慣れない街の徒歩でワクワクしたり、大自然を満喫しに山に登る人もいるでしょう。そうすると日頃溜まったストレスを取り除くことに役立ちますし、精神的にリラックスして、疲れもしっかり取れます。

これを休日最後の日まで楽しんでいると筋肉痛や疲れも溜まるだけでなく、海外から帰国したなら時差ぼけで、睡眠不足に悩まされてしまいます。

連休だからこそ最後の日はゆっくりカラダを休ませる必要があるという分けです。会社が始まっても調子が上がらないことがないようにできる限り、二日ほど余裕を持って家の中で過ごすことが大切です。

目標を立ててみよう

もし、仕事の調子がなかなか上がらない、仕事が面白くないと感じたり、いつものように働くことができない場合は、動機が不足しているかもしれません。達成したい目標や目的を見つけると、次の仕事がとても楽しい方向へ向かいます。

これは個人的な目標だったり、家族のために何かしらの目的意識が必要になります。結局のところ、目標を作ることは楽しい作業になります。例えばこの作業が一段落したら好きなもの食べたり、購入しようと決めることも動機のひとつです。

いつもの様に仕事の作業をやる

当たり前のようなことですが休日が明けると次の日の仕事を忘れてしまいたいほど、目の前の仕事の山を見ていると憂鬱な気分になります。

それでも手を動かさなければいけません。
気持ちを高めるためにも自分自身に喝を入れるようにデスクトップに「短い言葉を書くこと」目標、励まし、それらの言葉をタスクにしてもいいですし、小さくな髪に書いて、デスクトップにメモを貼り付けます。常に目にとどまるように目標は見えるところに置きます。

書き出した言葉は目標になってきます。目標は紙に書きだすことで、思考もその目的に向けて、良い方向へ動き出す手助けになります。

誰かの言葉を借りる

意志が弱くて自分自身では、うまくモチベーションが引き出せない時に役に立つのが、周りの人達の協力です。仕事も子供の子育ても上手くいかない時に自分ひとりでは無理そうだと思ったら他人の助言が役立ちます。

仕事のコントロールが思ったようにコントロールできないなら友人や家族にお願いすると効果的です。メールやLINE(ライン)にアドバイスや叱責など書いてもらい送信してもらう。これはちょっと恥ずかしいけど、相手に失望感や失敗したなと思わせないように頑張ろうと努力する可能性が高くなります。

まとめると

モチベーションの欠如は休み明けだけとは限りません、楽しいクリスマスなどのイベントの時や体調を崩して会社を休んだときなどやる気は低下します。

まとめると4つの方法を試すことができます。

■連休は余裕を持ち、リラックスする。
■努力することに向けてしっかりした目標を見つける。
■目標は紙に書きだして常に目の届く場所に貼る。
■自分をコントロールしてくれる様に誰かに頼む。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする