お腹痩せだけじゃない!若さを取り戻すメソセラピー

56hgsh45s2gKkxhFNFHU

1952年にフランス人の医師Michel Pistorにより開発されたメソセラピーは(脂肪溶解)注射を使用して、脂肪減少活性化させる方法です。

日本では、5~6年前からセルライトを撃退するということで、人気を集めている。

年を取ることで、余分な脂肪や体重の問題が多くなっていきます。多くのメソセラピーは、メスを使わないボディメイクなので、とても効果的な美容治療法です。

セルライトや太りすぎで増えた脂肪減らすのに役立ちますし、治療によって分解された余分な脂肪は体の外に排出されるので、カラダに悪影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

治療のリスクは低い

メスを使わずに注射を打つだけですが、一見これらの施術はとても簡単に思えますが、皮膚のどの部分にどれだけの量の注射を注入するのか、正確に、計算しなければならず施術は難しいです。特定の薬剤をしっかり脂肪組織に注入する必要があり、豊富な経験と専門的な知識が医師に必要ということです。

まず、施術前にはカウンセリングが行われます。メソセラピーについての副作用や施術期間などを理解する必要があります。痩せたい部分に痩身カクテルを注射します。処置中に不安や不快感を解消できるので、医師を信頼するためにカウンセリングが大切ということです。

メスを使わないので、術後の腫れや傷跡の心配がない

■メソセラピーは治療なのか、予防的な方法?

これは主に薬物投与方法である。痩身カクテルは脂肪細胞をへらすためリバウンドの心配もなく、効果は半永久とされているので、リバウンド予防でもある。浅く細かく薬液を注射していく手技「ナパージュ法」は皮膚の老化としわにも効果的です。肌の弾力の低下や、乾燥、肌のくすみ、小じわなどが年齢肌の解消ができます。

施術の手順が素晴らしい診療所に行っても一回の治療だけでは効果はありません。2~3回目から効果が実感できるようになります。個人差もあり、効果が出るまで時間が必要な人もいます。何かしらの病気を抱えていたら医師にしっかり報告しましょう。アトピー素因をもった人が皮膚の炎症を起こす場合があります。

2つの基本的なルールを遵守することです。メソセラピーの最初の治療は、少しの腫れや痛みなどの副作用があります。自分自身の体の問題をドクターに報告し相談することが大切です。

体重を減らすために治療を受けても大丈夫

余分な脂肪が多いなどの問題領域に痩身カクテルを注入することで、微小循環を改善し、むくみを軽減し、脂肪を分解します。

特に女性は、体重を減らすことをお勧めしている。皮膚の起伏を平滑化することで、落ちにくい贅肉やセルライトに最大の効果を与えることによって人気が増し成長していった。

治療期間はどのくらいの時間がかかるのだろう?

メソセラピーコースは通常、結果が得られるまで最低2~3回施術を受ける必要があります。つまり、集中的な治療を2〜3ヶ月の間受ける必要があります。結局のところ、注射よりもリンパドレナージュマッサージなどのあらゆるダイエット治療によって脂肪分解を促進し、サイズダウンが期待できるというわけです。

■メソセラピーの美容効果

・小じわを解消し、深いしわ減らす。
・活性化と肌に潤いを与えるので、顔色が良くなります。
・セルライトを取り除く。
・高度な静脈瘤を改善。
・ウエストとヒップに付いた余分な脂肪を減らす。
・体全体を改善する。
・顔全体の引き締め、肌を引き締め、それはしなやか作りにしてくれるので、リフティング効果を実現できます。

調べてみると、丁寧なアドバイスと的確な治療で人気ということが分かりました。豊富なメニューとトータル的なサポートが受けれるのは魅力です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする