夏の暑さに負けない食事方法

a1180_007441_m

夏の蒸し暑さ中で、調理を行うのはつらいと感じることがあります。また暑くて食欲がとても落ちますし、自身ではあまり食べない気がするという方も多いのではないでしょうか。それはとても望ましくない!夏には、定期的に食事をすると、喉の渇きを癒すためにも重要であります。唯一の問題は、適切に夏を乗り越えるために必要な食事のメニューを決めることです。

夏は飲み物選びが大切

アスファルトから発する熱を感じるだけで、思わず氷で冷やされた甘い炭酸水が飲みたくなります。しかし、暑い状態で氷で冷えた水と炭酸水はあまり飲むべきではありません。

なぜなら喉の渇きを癒すだけではなく、便秘になりやすく、こういう炭酸飲料は胃に吸収されて負担をかけます。甘い飲み物は血糖値の急激な上昇と下降をする。

これは、糖質を摂ると体内でブドウ糖に分解され血液中に入り血糖値を上昇させます。また、炭酸飲料には糖分が多く含まれているため、体重増加の原因になります。だから、喉が渇いた場合は、お茶やお水を補給することが大切です。炭酸飲料がどうしても飲みたいと感じたら糖分ゼロの炭酸水を選ぶと良いです。

また綺麗な水を飲む方が良いです。消化が起こらないのでエネルギーが奪われることもないし、汗をかく時には、水分だけではなく、ナトリウム、カリウム、塩素などのミネラル成分などを失っていますので、普通の水に塩ひとつまみを加えることで補うことができます。

この方法は、体に必要なミネラルを保つことができますし、夏バテすることなく、快適に過ごせます。暑さの中に最適な飲み物はミネラルウォーターに加え、砂糖なし飲み物やフルーツドリンクが効果的です。

食欲のない夏の食事が肝心

日照りが続く暑い夏は特に食欲がないために水の取りすぎから体重を減といった事になり体に良くないので、注意が必要です。これは体重が減るから嬉しいと感じる人もいると思いますが、ダイエットとしては最良の方法ではありません。

健康的な体では血糖値を下げる「インシュリン」と上げる働き行なう「グルカゴン」の作用によって、血糖値は調節されています。血糖値が安定するために、定期的に食事を取る必要があります。

また無理やり食べ物を食べることもよくありません。もちろん食欲が無いときに重い食事の摂取はしなくありませんよね?食事を取る際には、脂肪が少ない肉や季節の果物や野菜を使用した料理を作る事をお勧めします。

体内への補給が大切なビタミンCを食事に取り入れることで、体の内側から元気になり、夏バテ予防にもなります。

夏のメニューを考えると、キュウリ、セロリ、レタス、トマトなどを食べることが大切です。繊維が多く含まれる野菜は、消化によくて、長時間体内に栄養を与える効果があります。

ホントに食欲がない場合はスープや味噌汁が一番良いです。夏野菜の味噌汁や冷たいスープガスパチョなどを飲むと効果的です。

肉がどうしても食べられない方は、魚や海の幸を食べると良いです。牛肉や豚肉を食べたい時には、ほんの少し長く、調理を行ない余分な油や脂肪を取り除いて食べると、少しですが食べやすくなります。体温調節に多くのエネルギーを費やしている体は、特に高たんぱくなエネルギーが必要なので、バランスよく摂るようにしましょう。

さらにスパイスを使用した料理は、食欲を目覚めさせるのに役立ちます。(暑い夏と関係が有る)暑くてなかなか眠ることができない場合には、鶏肉、チーズ、卵や牛乳を食べています。これらの食品は、トリプトファン(睡眠が改善されるアミノ酸)が豊富です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク