肌荒れのごまかし術「ニキビ跡」もなかったことにする化粧がスゴイ!

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_m

化粧をすることでニキビをある程度隠すことは可能ですが、完璧に隠すことは不可能に近いと思いがち。しかし、ニキビを隠す術を持っている人達にしてみたらなそんなこと、朝飯前みたいです。

女性にとってメイクは、表情を愛らしく美しく変身させる魔法のような道具です。けれども、加齢や思春期になると、肌トラブルになりやすく化粧でも隠しきれない部分が出てきますよね。

ニキビが気になって外に出かけるのが怖い・・・。そんな人も多くいると思うんです。YouTube動画では自分自身の荒れた肌を上手く隠すメイクアップ術を公開している人が多くいます。

スポンサーリンク

化粧のやりすぎは肌荒れを加速する

塗りすれば肌悩みはカバーできるけど、シミ・ニキビなど肌荒れの温床となることもあります。

ファンデーションの塗り過ぎは、肌荒れを加速させてしまいます。肌に刺激を与え過ぎてしまうと、ニキビや肌荒れになります。また厚塗りした後は、洗い残しがないようにしっかり落とすことを忘れないようにしましょう。

また直に肌に触れるメイクスポンジやブラシには、多くの細菌が蓄積していることを知っていますか?でも書きましたが、メイクで使うブラシやスポンジを一度も洗っていないという人も注意が必要です。

メイク前に綺麗に洗顔して、気をつけていてもメイクブラシが汚いと意味が無い!細菌が潜むブラシを使い続けると様々な肌トラブルを起す原因になりかねません。

化粧で肌トラブルをカバーすることは大切ですが、日々の肌ケアを怠らないこと。毎日コツコツ肌に優しいことすれば、健康的な肌を保つことも夢ではありません。

ニキビを隠す術を持った人達

動画の流れは自分自身のニキビの状態を映し出し、リキッドやクリームタイプのファンデ下地を塗る→全体に薄くファンデを塗った後に気になる部分だけ丁寧にコンシーラーでカバーしていく→その後、さらににきびの色の濃淡を調整するような色合いのコンシーラーを使いごまかす→これだけでは終わらずにラメの入ったハイライトをツヤを出し、チークでしっかりぼかしていく感じで仕上げています。

こんなに厚塗りしたら普通はナチュラルに見えないけど、最後の仕上げが重要みたいです。

YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image

どれも同じようなものですが、見てて感じたことはファンデのカラーは、顔だけでなく首の色に合ったタイプを選ぶと上手くまとまる感じです。アラが目立ちやすくなるニキビだけでなく、シミもしわも隠せそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする