何かが間違っている…迷惑な物忘れをなくす!記憶力を強化する方法

a0001545haakogae5_m

最近身近な家族や友人達の物忘れがひどくなってきたと感じる人はいませんか?またなぜ、私は記憶力が悪いんだろう…。何かをやるつもりだった何かを取りにいくはずだったがその何かを思い出せない状態にイライラしてしまうこともあると思いますが、物忘れは記憶の戦いでもあります。

しかし、記憶力低下は年のせいとは限りません。うつ病の可能性もあります。物忘れは、特にうつ病、無気力を経験している人は、ストレスの状態にあり、さまざまな影響が考えられます。

スポンサーリンク

脳が栄養不足かもしれない!

私たちの脳は栄養不良に苦しんでいるかもしれないです。日頃から記憶力を保つために頭を使うのも大切ですが、栄養と記憶力にはさまざまな関連性があることが報告されています。

なので、バランスの悪い食生活は、生活習慣病を引き起こすだけなく、脳の機能低下を招き物忘れの悪化を引き起こすこともあります。

特に年配者は気をつけなければならないことが多いです。

脳の機能低下が原因によって、うつや認知症などを引きこすこともあります。「脳の栄養不足」が記憶の老化を早め、栄養素が足りない脳は、きちんと機能していない状態だと、認知症と勘違いされてしまう場合もあります。

記憶改善に具体的に何を食べればいいの?

まず第一に、オメガ3脂肪酸に注目です。これらの不飽和脂肪酸は、年齢を重ねるとよく体験する「もの忘れ」に悩む人の助けになる成分です。オメガ3脂肪酸は、特に青魚に多く含まれており、加齢に伴う記憶力の減退を防いだり、アルツハイマー病など脳細胞の老化予防に役立つといわれています。

■特に記憶に役立つとされているものは、植物油のオリーブ、大豆、キャノーラ、ヒマワリ、ピーナッツ。青魚食品のニシン、マグロ、サバなどがあります。

またビタミンB1、B6、ビタミンB9(葉酸)、ビタミンB12などは、健康的な身体を作るために欠かせないものですが、これらはとくに、食事から摂取しなければなりません。

ビタミンが不足すると記憶力の低下だけでなく、代謝が悪くなり、肩こり、疲労、肌荒れなどの身体的な不調を引き起こします。

青魚をメインにたっぷりの緑黄色野菜と果物、豆類を使った料理を中心に出来る限りバランスの良い食事を心がけると頭の健康を保てます。チーズ、エンドウ豆、豆、ソバ、ナッツ

特別な薬があるのでしょうか?

これを飲めば記憶力が必ず高まる夢のようなものはありませんが、興味深いことに、認知過程のメカニズムに関与する最も効果的な物質の一つに有名な女性ホルモンはエストロゲンが挙げられます。

女性ホルモンのエストロゲンは、加齢による血管内の収縮を広げて血流を増やし、記憶や学習の能力を改善させる効果があることが分かっています。

エストロゲンは記憶に大きな影響を与えるということです。

またコーヒーには集中力、記憶力を高めたりする作用があり、一時的な効果が期待できますが、過剰摂取は、カフェイン中毒、依存など健康を促進しないことが知られている。

さらにニコチンなどの刺激物を多く摂取するのも良くありません。ニコチンの固有の性質であり、短期記憶を改善する物質が含まれていますが、健康に良くないということは言うまでもありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする