3時間の睡眠だけで、生活することが可能みたい

36e58d444fbabb0568ab77fcf05ae464

この「記事」によると、マーサ・スチュワートやドナルド・トランプ(実業家)は、3〜4時間の睡眠だそうです。嘘のようで本当の話みたいです。私からしてみれば3時間の睡眠では、過労死してしまいます。

夜更かししてしまい2時間の睡眠だけできついのに何年間も3時間の睡眠だけて苦行でしょう。

数年間まともに眠ったことがないというニュースを見たことあるけど、3~4時間の睡眠だけで一日を乗り切れる人が意外と多くいることに気づかされました。

短い睡眠時間だと、私は午前中に眠くてウトウトしてしみます。一日7~8時間は眠りたい派ですが、世の中には睡眠時間が短くても問題のない人がいる事に驚かされます。

スポンサーリンク

覚醒モード

もうね。漫画に登場するようなお話です。多相睡眠の理論を説いている人もいるぐらい普通の眠り方をやめた人がいます。

多相睡眠や短時間睡眠は、長時間眠らない代わりに隙間時間に少しずつ分割して眠っており、疲労が蓄積される事がないそうです。

私が4時間睡眠方を試した場合、上手く眠ることができなくなり、うつ病を発症し、慢性疲労を患い仕事に支障が出るでしょう。ただ眠いだけで、あらゆる物事に対して、意欲を失いますからね。

多相睡眠について、他の意見があります。3.5時間眠るために昼と夜の間の隙間に20分寝たりするそうです。それ以上、寝ないことが大切だとか。間違いなく、モチベーションを保たないと出来ない苦行ですよ。人間に必要な睡眠時間が確実に目安として定められていないので、健康的に大丈夫なんでしょうかね?

少ない睡眠時間に価値がある

忍法!多相睡眠技術を使用する術者をググッたところ、レオナルド・ダ・ヴィンチは4時間ごとに20分の睡眠、エジソンや、ナポレオン、ニコラ・テスラなどの偉人達がやっていたそうです。

ビジネス関連の記事に良く出てくるドナルド・トランプ、マリッサ・メイヤーとジャック・ドーシー方も少ない睡眠時間で十分だという。

睡眠の量が少なくとも時間のすべてを生産性の追求に費やしていて数十億の資産を築く数少ない人達だと思います。ちなみにアルバート・アインシュタインは、一日平均、12時間ほどの睡眠を取っていたと言われています。一概にどれがいいと言えませんね。

休みを除いて毎日、7時に起きる習慣があります。もし、この多相睡眠や短時間睡眠を行うとしたら、好きな時に瞬時に眠れる能力と、環境がなければ実行できません。

一時期、ブログを毎日のように更新するぞ!と意気込んでいたある日、夜中の3時・4時に眠る必要があった時にまあ体が慣れずに一日中眠くて、体が重くて、無理でした。続けるための動機も希薄でモチベーションも低下していきました。

2ヶ月、続ければ体が生活習慣になれ快適に一日が過ごせるようになると、どこかの記事で書いていましたが、私には無理な実験だった。

睡眠の段階が重要

科学的な知見を把握しなければ、失敗します。

レム睡眠とノンレム睡眠を 監視するアプリをいくつか、試す必要があります。

どのような状態が眠っているのか?どのくらいの睡眠を必要としているのか?睡眠不足で認知機能の低下を招かないように自分のパフォーマンスを視覚的に計って、最適な睡眠時間を得る糧になります。

朝が弱くてなかなか起きれない、二度寝をしてしまう方は簡単に「目を覚ます」習慣を身に着けられますよ。

毎日の3分の1を眠りに捧げる事に抵抗があって、睡眠時間を短くコントロールするのは良い事かもしれませんが、無理だけはしないようにしてください。

上手くいければ一日、3時間ぐらいしか眠らない数少ない人になれると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする