マーク・トウェイン人生から生まれた言葉の真意から成功のヒントを学ぶ

fca5de5a61ffca4gaogioe0999

偉大な先人たちの格言や名言という言葉をただ見聞きするだけでは、意味がないことに最近になって気づき始めました。勉強がてら、ユーモアで社会に影響を与えたマーク・トウェインについて、引用を交えて語りたいと思います。

こんなおっさん知らんわって人もいると思います。マーク・トウェインの見た目はぼさぼさ頭に立派なお鬚が印象的なおっさんだけど、気の利いた皮肉を含んだ言葉はゾクゾクと体に電気が走るほどに衝撃を与えてくれます。

作品のタイトル「トムの冒険ソーヤー」は頻繁にリメイクされている作品なので、ピントきたはずです。もし、社会の底辺で暮らす者と社会の頂点で暮らす者が入れ替わってしまうと、どのようなことが、起きるのどうか?王子は乞食になって貧しい人々と暮らし乞食は王子になってお城で生活するというお話の「王子と乞食」などを生み出したアメージング作家さんです。

マーク・トウェインは1835年11月30日に生まれで、もうこの世にいなけど、今生きる人達の心に突き刺さる言葉を残しています。

スポンサーリンク

物事を目標達成するための秘訣

始めるための秘訣は、複雑で手のつけようもない大仕事を、
処理できる細かい仕事に分割し、最初の仕事に取り掛かることだ。

未来を見据えて行動を起こす事を考えると、複雑で難しい問題を一気に取り掛かると失敗しやすいくなるので、物事をシンプルに組み立てて取り組むといいよ。

■問題解決はシンプルに分割して考えよう。

■最初に取り組むことに全力を出して、残りは無視しよう。

あまり出来ないことや苦手なことから挑戦するより、好きなことをやったほうが効率いいですよね。

恐怖に直面してもビビるんじゃない

勇気とは恐怖への抵抗であり、恐怖に打ち勝つことである。

人生なんていうものには耐えられない出来事の連続である。何かに挑戦する時に生まれる恐怖から逃れられないなんとことも何度も起きます。それを乗り越えて、上手く前進しなければならない。誰もが勇敢に生まれてきている訳ではないので、繊細に物事を考えられるから、大胆に行動が出来るでしょう。

■私が思っているより、命にかかわるような最悪の事態が起こる確率は実はとても低いけど、何かに取り組む時に最悪なシナリオを想定しまいがちです。最悪なことなんて、滅多に起きないんだからマイナスな事柄を詳細にイメージすることはやめように思いました。

■恐怖て何?そんな風に考えると、途切れることがない後悔が自分の内側を締め付けるような感覚なんだろう。唯一物事の状況を悪化させる邪魔な存在だと思うんです。時間が経つにつれて、恐怖が二次的な問題を生み出すことがあります。例えばいじめ・パワハラ・セクハラ・DVによって、起きる精神的・経済的な弊害があります。

■恐れていることを全否定する前に恐怖を認めた方が楽になる。誰が有能で全能な神様的な存在でないで、しょうがない。

お世辞は人生を生き抜く武器である

ほめ言葉をもらえれば、 それだけで2ヶ月間は幸せに生きられる。

見え透いたお世辞は嫌いだけど、人生に前向きになる力を与えてくれる「お世辞」を上手く使う事が出来れば、生きることが楽になるという考えだと思うんです。

■恥ずかしがらずに素直に優しい言葉を相手に言う。それ以外だと、「ドブスに綺麗ですね」と言った場合は高確率で、敵意や屈辱を与えることになります。

人生をよりよく生きたければ良き理解者と知識を持てよい

友達にふさわしい役割とは、あなたが間違っているときに味方をしてくれること。良書を読まない者は、良書を読む能力のない者と少しも変わるところがない。

ロクでもない時間の無駄になるような輩と過ごすより、まともな人と共に時間を過ごした方がいいよ。そして、素晴らしい本を読む習慣をつけていた方がいいよ。読書だけでなく、映画や音楽などの世界的に有名な傑作も鑑賞することを忘れるなと言っていますね。

インスピレーションは、何かを達成する欲求を叶える糧になるから、素晴らしい知識を詰め込んでおいた方がいいです。

これらは人を変えるのではなく、環境を変えてくれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする