健康的な髪を手に入れる際に必要な知識

organicstarfish: vogue-vita: … (via TumbleOn) Blonde Wicker Hair Reblog by Wicker Paradise and added to the wicker archive!

美しい髪を育てるために、どんなことに気をつけたらいいか分かっている様で、なかなか理解していないヘアケアですが、最近髪の毛が薄くなってきた。鏡でよく見てみると白髪が目立っている。

そのたびに育毛剤を購入したり、美容室でヘアカラーを行なうのは、金銭的にもきつい時間的にも余裕がないのが事実だと思います。

育毛剤や美容室に行かなくてもセルフケアできるといいですよね。知っておきたい情報をピックアップしました。

スポンサーリンク

髪の成長

髪が多い、生えてくるの早くない?あまり伸びないでほしい。。。または、薄毛に悩んでいる方は早く髪の毛成長してくれと願ったことがあると思います。

よく考えると不思議すぎる「毛」の成長!

髪の成長は、生活習慣や遺伝などで個人差は多少あります。髪の毛は地肌内部の毛根という場所で作られています。健康的で抜け毛の少ない美しい髪を育てるには地肌のケアが重要です。

顔の皮と同じくお手入れしないと地肌も痛んでしまいます。顔の皮ふと同じように乾燥していたりするとフケが出たり、過剰な皮脂が溜まってしまうので、水分・油分のバランスの両方を整える必要があります。また健康的な生活習慣を送り、血液循環を良くすることが大切です。

知っている人も多いと思いますが、女性よりも髪の毛が厚いのが男性です。

髪は、約0.2mmの厚さがあり一日に平均0.4mm成長している組織です。この髪の毛の成長速度は、男性や女性、年齢、体調、栄養状態などによって変わってきます。また暖かい季節には、髪が速く成長する。

平均して、頭皮の毛は10万本程度育つと言われます。多い方は12万~14万本、少ない方は8万本ぐらいだという。

健康的な髪は、一定の強度を持っており、髪の毛一本は「100グラム」までの重量に耐えられる!髪の毛すべてを使うとアフリカゾウを持ち上げられます。その耐えられる質量はなんと12トン、最大重量を耐え切れることにビックリですね。

毎日の伸びている毛は全体の80~90%が成長、ワキ毛やひじ下・ひざ下などことなる場所の成長速度が異なる。

欧米と比べるとアジア人の髪は少し速く成長し、光沢があり弾力性が優れている事が特徴みたいです。アフリカ人の髪の毛は私たちアジア人と比べると脆弱であり、ゆっくりと成長する。

どうして髪は抜ける?

朝起きると枕に髪の毛が抜けていたり、髪の毛を洗った際に排水溝に髪が溜まっていますよね。

なぜ毛が抜けるのか?と誰しも一度は疑問に感じたことがあると思います。

髪の毛は1日に約100本抜けると言われています。平均して子供たちは約90、高齢者120本程の髪の毛を失う。

お肌と同じく毛髪も加齢していきます。例えば中年女性なら誰もが悩んだりするであろう白髪や薄毛は髪の老化現象として一般的です。

髪質の変化は、髪のハリやコシ、ツヤの減少に依存します。

年齢とともに増える髪のトラブルや悩みの多くは加齢が原因です。髪も肌と同じく年齢が進むことによって、水分を失いツヤがなくなります。また最近髪の毛にコシがないないと感じるようならコラーゲン量が減少しています。

抜け毛に悩む女性は聞いたこともあるかもしれませんが、甲状腺機能低下や鉄欠乏は、抜け毛の原因となっている。

これらの原因は髪の毛自体の成長を著しく阻害します。一時的な脱毛がホルモンのバランスを崩したり、過度なダイエットが原因で発生する場合がある。

抜け毛や薄げの原因は病気や疾患などさまざまですが、女性特有の髪の毛が抜ける要因もあります。

妊娠中は女性ホルモンが活発に働いている事で、髪の毛が抜けにくくなっていいます。

あれ?と赤ちゃん産んでから抜け毛で悩むお母さんが多いです。

出産後の抜け毛の一番大きな原因は、女性ホルモンが関係しているのが挙げられます。

出産が終わると、女性ホルモンエストロゲンを大量に生産されてしまい、出産後は、カラダがホルモンのバランスについていけなくなり、たくさんの毛が抜けやすくなります。子供を生んでから最初の2〜3ヶ月くらいから抜け毛が気になってくるようです。

髪の色が黒なのか?

海外セレブやモデルさんの美しいキラキラ金髪に憧れた人も多いかもしれませんが、なぜ私達の髪の毛は黒なのか、中には茶色ぽっい人もいますが、大半の方は黒髪ですよね。

調べてみるとやっぱり遺伝子が関係しているみたいです。

目や皮膚の色の色の違いと同じく髪の色は遺伝子で決まっています。ユーメラニンとフェオメラニンというメラニンの動きが髪の色(染料)を表現しています。二つの割合、分量、配置の相互作用に影響を与えます。

毛髪に色をつける色素細胞(メラノサイト)は、特別な細胞によって産生されています。年齢とともに、メラノサイトが崩壊していくことによって、髪は白い色合いになったり、灰色に近い色になったりします。

私たち日本人の黒髪は金髪や茶色よりも炭素レベルが高いので、欧米人の様にならないのです。

なぜ髪を洗う?

他の生き物からしたら髪を洗うことは奇妙なことに写るかもしれません。

他の動物がカラダを洗うように人も体を清潔保とうとケアしますが、何よりシャンプーやコンディショナーを使い手間をかけて髪の毛を洗うのは人間だけかもしれませんね。

毎日洗う必要があるのでしょうか。

カラダで一番多く毛があるのが頭皮であり、紫外線のダメージや日常の汚れなど外部の環境が関係して、地肌が汚れていたりします。髪を清潔に保つためにシャンプーを使い洗うことが大切です。

それだけでなくコンディショナーは美しい髪に必要なつややコシなどを与える成分が含まれていますので、長い髪をお持ちの女性には特に必要なヘアケアなのです。

髪が汚れているとツヤが出ないなので、ヘアケアが大切です。

日常で溜まった汚れは毛髪や頭皮に付いてるので、毎日のシャンプーを行なうことで、油や汚れを落とすことが毛髪や頭皮を清潔に保つことにつながります。

ちなみに、国によっても毎日洗う習慣がない場合ある。

個人差によっても変わってきますが、近代では毎日洗うか二日置きに髪を洗っているようですね。 一世紀前は、女性は月に一度自分の髪を洗浄し、毎晩丁寧に髪を梳くことで、皮脂の汚れを落としていた様です。

私たちが普段使い呼んでいるシャンプーは、20世紀の後半に登場した。

ヘアケアは美しい髪を作る謎

男性は薄毛を悩む方が多いと思いますが、女性の方の多くの悩みはツヤがない、傷みがひどいなどが挙げられる。

ヘアケア商品のCMに出ている美しい髪をなびかせるヘアモデルさんのように一度はなりたいと夢を描いたことがあると思います。

誰の目から見ても健康で強い髪を持ってみたいと感じたなら、髪にいい食べ物が必要になってきます。

多くの方はこう思っているはず!ワカメやコンブなどの海草類を思い浮かべることでしょうと、それも間違っていませんが、それだけではバランスが悪いので、ツヤ髪を育てる「卵、鮭、ニンジン、緑色の野菜」などのビタミンCとDが含まれている食べ物を摂取する必要があります。

海藻はダメという分けではなく髪のアミノ酸は少量しか含まれていないので、バランス良く食べたほうが良いという事です。

昔の人はどのようにヘアケアを行なっていたのか調べてみると7世紀の頃のインドでは、女性は髪を美しくするために現代社会で良いとされるものを使用していました。

それはアーモンド油、ヤシ油、蜂蜜、溶かしバターを使用していた。

一般的に、インドは基本的なヘアケアの発祥の地と考えられている。例えば、現代の言葉シャンプーはマッサージまたは、ヒンディー語の翻訳champnaから来ている。

何世紀前の美容に対する意識や技術はスゴイですね。

憧れの赤髪

生まれつきの赤髪は遺伝子変異の結果である。

この劣性形質は、数世代に渡って発生することがあります。

世界人口のわずか4%が自然な赤い髪を持っています。赤毛の割合が最も高いのが(スコットランド、アイルランドなど)という。​​米国では、赤毛の数はわずか2%です。なぜ地域によってこんなに違いがあるのかを調べてみましたが正直よく分からない。

日本人に赤髪はいるのか気になって、調べてみましたが稀に居るようです。しかしネットだけの情報だけなので、信憑性が低い、ハーフかもしれません。

中世の頃には赤い髪を持つ女性は、魔女と考えられていた。私達がイメージする魔女は、そばかす、ほくろ、いぼを持ってる。魔女と呼ばれた多くの女性は他の人との外見的違いだけで差別を生んだことを知っておく必要があります。

魔女狩りを聞いたことがある人もいると思いますが、多くの赤い髪を持つ女性が差別を受け、45,000人の女性が命を落としている。

昔持っていた本で描かれていたのは拷問された痛ましい姿でした。火あぶり、川や海で溺死など。目をそむけたくなるほどもっと酷い拷問も描かれていました。

赤毛はブロンドや黒髪を持つ私達とは異なります。

少し違う感触の痛みを持っている。例えば、電気的に誘導性疼痛に対する感度が低い、熱、痛みに強いことが知られている。また冷たい対して敏感に反応したり、動脈や子宮の疾患リスクが高いのが特徴です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする