第2子以降の保育料を安く抑えるためには?

88151a341e130650acf3d99f62e4e4bb

子どもを1人育てるにはたくさんの費用がかかりますよね。働く側にとって、就労時間中に子供の面倒を見てくれる保育園は必要な場所です。

一人目の保育料だけでも大変なのに第2子誕生を機に保育料の負担が大きくなると考えると収入のほとんどは子どもの保育料に消えていきます。働いても下の子を通わせる金銭的な余裕ができない、あまりにも保育料が高いと、子どもを預けたいと思っても少し躊躇してしまいそうです。

子育てを助ける各種制度などを利用して、検討する必要があります。

スポンサーリンク

第2子以降の保育料は安くなる

そもそも保育料は、国の基準に沿って自治体によって保育料が定められています。世帯の所得の違いで支払う保育料の額が変わってきます。保育料は、住む地域によって千差万別となっており、家計の負担を考慮されて決められています。

2人目以降の保育料を軽減する制度を調べてください。

この制度は子供達が幼児教育の機会に恵まれるように一部を減免する制度です。きょうだいが同じ保育園に在籍していると「半額」、世帯で2人以上の児童がいると割安になるというわけです。自分が住む地域の自治体ホームページで確認してみて下さい。

自治体の助成があると育児補助金や減免の保育を受けられる可能性があります。保育料の減免制度は自治体によって異なります。

保育料の減免

仕事を失ったり、給与が下がるなど保護者の収入が減ったり、保育料の支払いが困難な場合は減免措置などが取られることもあります。

保護者が支払う所得税や住民税によって支払う保育料が違ってきます。

例えば、失業して新しい仕事を得たけど以前と比べると収入が減ってしまい。
今年は収入が昨年と違い減っているのに一昨年の収入が多かったために保育料の支払いが大変という経済的な理由から支払いが難しい事態に陥った場合は、自治体に相談すると減免が受けれます。

■保護者の収入がなくなるような災害

■家族の誰かの医療費が膨大なとき

■家族の家計を支えている人が失業

家庭の経済的な理由によって保育料の支払いが困難になったときには、自治体に申請により減額する制度が受けられるという分けです。

ベビーシッターに預けるという選択

急に仕事で子どもを預けないといけない事態が発生した場合に誰かを雇うことを検討してください。昨年起きたベビーシッター事件が怖いから預けることに気が引けるという方もいると思います。

クラウドワークスのサービスを見てみると、シッター派遣会社を利用する際に気を付けたいことがいくつかあります。

会社がベビーシッターの資質の向上にどのような研修を行っているのかを確認する必要があります。スタッフ教育に力を注いでいるかを確かめましょう。またお子様がケガなどの万が一に備えて保険に加入しているかを確認することも大切です。

シッターさんと事前面談を大切にしているところを探す。
事前の面談がないとこの人に預けても良いのか分からず、不安がいっぱいです。預けるシッターがご自宅へ訪問し、事前面談を行なっていることも重要な点です。

在宅ワークで働き子育て

自宅でビジネスを開始し、子育てしながら過ごす。
保育園通わせない、ベビーシッターは雇わず、小さなお子さんや赤ちゃんの面倒は自分で見ながら空いた時間を上手に活用して在宅ワークを始めることもできます。

働きながら子供の面倒を見るために誰かに頼らなきゃいけないと考えがちですが、自宅で仕事の作業をしながら子育てする事も可能です。

お金を稼ぐために誰か人とつながらないといけないという分けではなく、自分の好きな時間帯で働くこともひとつの大切な考えです。

例えば小さな子供を保育園に預けパートで稼いだとしてもほとんど保育料に消えるとなると何のために働いてるのか分からなくなることも。自宅で子育てしながら仕事が出来れば、隙間時間に作業がこなせます。

そもそも自宅で仕事をするワークスタイルは、データ入力もあれば、トレースとか、昔ながらの手作業で行なうものまで、意外と多くあります。

今はあまり聞きませんが、昔ニュースに取り上げられていましたが悪徳内職商法というえげつない詐欺企業が登録料やシステム導入費などといった名目お金を取っていました。現在は法律が厳しくなりそのような詐欺行為は少なくなっているようですが、注意が必要です。

安全に内職を探すならばハローワークや自治体など信頼出来る公的機関で斡旋してるところを利用することです。

クリエイティブワークに特化できる人はオンラインお仕事マッチングサイト「クラウドワークス」で発注側が仕事の募集をかけているので応募してみて下さい。

技能不足でクリエイティブな働き方ができないという方は「Shinobiライティング」ウェブライティングを利用して文章を作成しながら稼ぐことが可能です。

もう一つは個人間でスキルや知識を売買できるサイト知識・スキルの販売サイト「【ココナラ】」では、ワンコインで個人の得意なスキルを販売できます。例えば写真をもとに似顔絵を作成したり、電話相談に乗ったり、ファッションのコーディネートの仕方を教えたりとさまざまな仕事を出品できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする