体の基礎代謝を高める方法を知っておくと痩せやすくなる!食事と身体ケアについて

a1180_545013128_m

最近ちょっと太ったな~ダイエットとでもしてみようかなと思った方は、基礎代謝量を上げることによって、痩せるスピードが増します、それだけではなく、肌の状態が良くなりお肌のトラブルや内臓脂肪の燃焼にも効果があります。

誰でも意識すれば取り組めるようになる。そんな基礎代謝を高める方法を調べてみた限りのことをまとめてお伝えしようと思います。

食べ物を少量ずつゆっくり食べる

ご飯を食べることによって血糖値が上がるまでには、平均20分ほどはかかると言われています。

ゆっくりと食べ物をよくかんで食べれば、胃の中の消化が早まり、血糖値も早めに上がっていくので、満腹感になりやすい。

早食いすると、満腹感が出る前に食物を胃に多量に詰め込んでしまうので、無駄なエネルギーのもとになっている。だからゆっくり食べることが理想という。

このように食べ方によって代謝を加速します。

身体を動かす

定期的にトレーニング、ウォーキング、ランニングなどの運動で筋肉組織を高めるだけでなく、速筋を鍛えて効果的に代謝アップすることが知られています。

普通の運動でも速筋遅筋どちらかが一方だけが使われるという事はない。

分かりやすく言うと筋肉に負担を掛ける、ダンベルを使った、ウエイトトレーニングを行えば速筋が強く刺激されより効果的な運動ができます。

筋力量を増やす

筋力量を増やすことによって、脂肪よりも多くのカロリーを消費します。筋肉の消費カロリーは、毎日約35〜45カロリーと同じ脂肪量は、2カロリーを消費します。

消費するカロリーが少なく見えますが、長い人生の過程を考えると意味がないともいえませんね。

マッサージ

抗セルライトマッサージは、血液循環を増加させ、その結果、代謝を加速させる。

ハチミツのマッサージは、筋肉を癒す助けさらに血液循環を改善し、代謝率を向上させます。

真空マッサージは、筋肉組織中の血液循環を改善し、代謝を促進し、余分な水分や毒素の排泄してくれます。

サウナ

サウナを利用することによって、新陳代謝が数倍向上します。蒸気により、皮膚の毛穴を開き体内に蓄積した不純物を排出する。

赤外線サウナも新陳代謝をスピードアップするのに役立ちます、さらに赤外線サウナは、蒸気の影響がないので呼吸が苦しくなく、皮膚細胞の活性し強化しますね。

深い睡眠

成長ホルモンで代謝アップ!脳細胞を休めさせたり、代謝をアップしたり筋肉の再合成を活発にするなど、体にとっては利点もあります。深い睡眠段階中に体内で産生されカロリーを燃焼する。

睡眠時間は、少なくとも8時間必要であり、減量効果に役立ちます。

リンゴ酢

リンゴ酢に含まれる、有機酸、酢酸、リンゴ酸、クエン酸、シュウ酸、酢酸などが代謝を活発にする働きがあり、それにより、わずかに、食欲と欲求が減少し、脂肪分解を促進し、体内の代謝反応を刺激する。

体重を減らすためにリンゴ酢を摂取するだけではなく、肌を滑らかにし、妊娠線やセルライトににも効果的です。

脂肪酸

脂肪酸オメガ3は、体内のレプチンのレベルを調節する。このホルモンは、代謝率だけでなく、燃焼過程と脂肪の蓄積を担っている。

脂肪酸オメガ3は、青魚と野菜から摂取できます、特に青魚に多く含まれているそうです。

例えばイワシ、サバ、ニシン、ブリ、カツオ、マグロ、サケなどが挙げられます。

タンパク質

タンパク質は、炭水化物よりも消化に2倍の時間がかかる。デンマークの科学者によると20%のタンパク質含量を5%増加させることによりエネルギー消費を増大させるようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク