肌の健康づくりに重要なビタミンやミネラルは美肌の元

110ce6d08d27199f43f6aa8c4077e4fb_s

スキンケア商品だけが、美しい肌質を生み出すワケでなく、体の内側からの栄養が重要です。毎日のバランスの良い食生活の習慣が外観に大きく依存します。

まずは、身体を動かすエネルギー源である食事を大事にする。これが出来ていないと、どんなにスキンケアを施してもまったく、効果がない。なんじゃ!ひと月使えば美肌になるって言っていたじゃんかよ。この化粧品の説明は嘘じゃないか、そんな理不尽な事態が起きるかもしれません。

健康、美肌を考える上で必要となる「ビタミンやミネラル」は本質的な美しさの一つ。当たり前だけど、主食(炭水化物)や主菜(肉・魚・卵・大豆食品)などが不足したら、脳やカラダの機能バランスが著しく低下し、冷え性や貧血になり、体に悪いことがわかりますよね。もちろん、副菜(野菜、海草類、きのこ類)を取らなければ肌荒れに悩むことになります。

一週間だけ不規則な食生活を送っただけで、お肌のダメージは深刻なものだとは!本当にびっくりしてしまう。そんな経験をしたことが、ある人も多いと思います。

一日一食という日や、食べれれば何でもいいや・・。お菓子がご飯。そんないい加減な暮らしをしていたら、確実に美しい肌とは程遠いです。ファンデーションでも隠し切れない。残念なお顔になることは、想像できますね。

もっと具体的に考えてみよう!お肌に悪い食べ物を食べ過ぎているとは?

もうご飯作るのがめんどくさい。代わりにスナック菓子やファストフードがメインの食事になっている人は、糖分や脂肪分の多い食生活になっているので、過剰に皮脂の分泌が働きニキビに悩まされることになります。

脂肪分の多い食べ物の摂り過ぎの影響は、体の内側が汚染されている状態なので、頻繁に洗顔しても皮脂の分泌を抑えることが難しくなっています。最近ニキビが増えてきたな~と思ったら、普段の食生活を思い出してみて下さい。菓子やジャンクフードを食べ過ぎていたらできるだけ避けましょう。

つやのある肌を保つために食事に含まれるビタミンやミネラルの栄養素について、なんとなく、理解しておくと、肌トラブルの少ない人生を楽しむことができますよ。

スポンサーリンク

ビタミンA

ビタミンAが摂れていれば肌に多少のダメージを受けても肌トラブルが悪化することはありませんが、ビタミンAが不足していると、皮膚や粘膜のうるおいを維持する事が難しくなり、乾燥肌になります。また、新陳代謝を活発にする役割もあるので、ビタミンAが足りないと肌の再生が遅れて老化の兆候に悩まされることになります。

ビタミンAは(レチノイド)(カロテノイド)2つのタイプがあります。前者は動物性食品に含まれています。後者は植物性食品に含まれています。これらは健康な皮脂の分泌や、角質層の水分に良い働きをしてくれますし、皮膚の乾燥を防ぐために重要であり、食事から摂らなければなりません。

■ビタミンAを含む食べ物:ニンジン、パセリ、卵、牛乳、サツマイモ。

ビタミンE

活性酸素や、フリーラジカルという言葉をご存じでしょうか?活性酸素は私たちが空気中から取り込んだ酸素が形を変えたもので、身体の中でサビ「酸化」を引き起こします。体がさび付けば、老化が早くなりますよね。ビタミンEは、フリーラジカルによる老化を遅らせる重要なビタミンの一つです。

ビタミンEは、身体の中の「酸化」被害を減少させる抗酸化剤です。ビタミンEは、健康で若々しい身体を保つだけでなく、前立腺癌やアルツハイマー病のリスクを低下させる事も分かっています。

■ビタミンEを含む食べ物:葉大根、カブ、アーモンド、パパイヤ、アスパラガスなど。

ビタミンD

ビタミンDは、体全体の健康効果や健康な精神状態を保つために必須な役割を持っています。皮膚の健康に関しては、細菌感染の危険性を低減してくれます。

■ビタミンDを含む食べ物:マッシュルーム、卵、イワシ、サケ。

亜鉛(ジンク)

亜鉛は私たちの体にとって非常に重要なミネラル。皮膚に関しては、皮膚細胞の新陳代謝促進し、ニキビや肌荒れを予防してくれます。

亜鉛が不足がちだと、ターンオーバーが上手くは足らなくなり、古い角質が残ってしまい毛穴を詰まらせてしまいます。亜鉛は、美しい肌だけでなく、健康的な髪の毛や爪の美しさをキープすることになります。

■亜鉛を含む食べ物:肉、牛乳、ナッツ、カキ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする