人間の不可欠な感情のひとつ不安や恐怖に負けてもいい理解することが重要

MEN IN BEAT

不安や恐怖は将来の不確実性から生じるものです。
これは自己防衛本能に起因することであり、誰でも持っている正常な人間の反応のひとつです。しかし、不安が過剰だといくつかの目標を達成する時に障害となってしまう場合があります。

不安や恐怖を適切に対処できるなら、恐怖や不安は自分の糧になります。当然のことながら、未来に対する不安を期待へ変えることが出来るという分けです。不安を拭い去り行動への原動力を高めることために、より積極的に導くには?

スポンサーリンク

自分自身の懸念を取り除く

最初に考えるべきことは不安は誰でも持っているものであり、自然であることを理解する事です。

良くないことは、常に不安に支配されることです。
例えば何かしらのトラブルが起きてしまい罪悪感を何年も抱えてしまい、一歩も前に進めない状態になってしまっている状況です。自分自身が臆病であり、どのように対処するれば良いのか分からない優柔不断だからと自分自身を責めているなら良い事はなにひとつ起きません。

何年も恐怖を抱えているという方は臆病だからと考えてしまいがち、実際に恐怖は未知への事柄に対しての自然な反応であり、この反応は間違っていません。だから、最初の一歩を踏み出すために一度安全かどうかを考え、不安を認識し、自分の身が危険に晒されないかを理解するものです。

不安なことを書く

不安があるなら紙の上にあなたの気持ちをぶつけてみる。
常に不安が内側にカギをかけているるなら、精神的にストレスになりますし、自分にとって正しい思考がまとまりません。いつも心が不安な状態にあると神経質になってしまい、正しい選択ができなくなるだけでなく、明確な考えを持つことが難しくなります。

紙に書くことは何でも良いです。
例えば最も恐ろしい考えや過度に心配・不安になることなどを紙に書くことによって、自分が何に怯えているかを理解できます。

書いていると不安や焦りにとらわれると思うと感じますが、不安の心理をはっきりしたものにすると今の状況や状態を正確に分かります。しかし、今すぐに平和な心理状態になるという分けではありません。これは未来に対する不安に飲み込まれないための学習であり、自分と向き合う時間です。

結果への不安を恐れない

何を行なうにも常に周りが気になってしまうと疲れてしまいます。
人間は誰かと比べたり、あっちがいいとか、アレがいいとか、様々な理由を付けては気になることができてしまいます。これも不安から来る恐れだと思うんです。例えば、大好きなミュージシャンのコンサートイベントを訪れる際に天気や周りの人々について心配事を抱いているとバカバカしいと思いませんか?

人の心や天候を操れるなら別ですが、何も変更することはできません、それは何ひとつ役に立たない不安です。

自分一人では一切解決不可能なことに恐怖の感情を向けるのは時間の無駄です。世界の裏で起きた犯罪、または地球全体の問題、温暖化に対して何もできない事と同じです。

これは結果への恐怖が関係しています。
たとえば、初めての受験や面接を受ける時に失敗するんじゃないか、または、上手く自分自身を表現できるかと考えてしまいます。誰でも初めての経験や体験する時に不安や恐怖を抱きます。

結果への失敗を恐れないためにできることは、積極的にあらゆる物事に対して考えたり、徹底的に準備を進めることが大切になってきます。面接を受ける際にその会社についての意識・取り組み姿勢など詳細を学び、一般的な質問にすぐに回答できるように考えてみましょう。

恐怖はエネルギーを生む

恐怖は過剰にアドレナリンを増加させてくれます。だから不安や恐怖を感じるようになると思考や意識が活性化されて、眠れなかったり、考え事が多くなるという分けです。

また恐怖が心を支配している、そんな状態は私達の思考を闘争・逃走へ導きます。
例えば明日までに仕事終わらせないと大変なことになる、そんな時に役に立ちます。作業を進めるために神経質に物事を考えたり、眠たいと感じている脳を無理やり覚醒させて、目が覚めてしまったりと、不快な思いを防ぐことができます。

不安をかき乱す

不安という感情について、不安は常に私達の人生に寄り添うものです。これは感情を締め付ける負の刺激と考えられています。自分の意思で持ってコントロールできますが、感情から湧き出るものを消すことは不可能だという事です。

不安をかき乱すという分けの分からない言葉を使い書いていますが、簡潔に言うと気分を変えると否定的な思いや最悪な結果を防ぐことができます。誰でも何かしら一つや二つは趣味や興味あることを持っていると思います。それを利用して、不安なことがあれば興奮することをやったりしてみて下さい。

不安な思いを紛らわすことになってしまう事もあります。しかし、これは、物事を楽観的に考えたり、切り替えることで、もう少し落ち着いて肯定的な考えを思いつくことに役立ちます。

しばらくの間だけ不安だと思う事柄を忘れる

不安に思うことを何週間も考えているのは、精神的・健康的に良くないことに加えて、時間的にもとっても無駄です。不安を抱えていると物事を正しく判断できないことが多く、問題に行き詰まったときに少し不安な想いとは違う世界を見てみてはどうでしょうか?

問題は時間が解決してくれることもあります。
よりよい方法は何か楽しいことをする事です。苦痛にならないものなら何でもいいと思います。例えば。近所を散歩したり、夜中に星を眺めたりしながら過ごしていると心に余裕が生まれ、考え事がまとまります。

今まで思っていなかった発見があるかもしれません。
今までは悩みを誰にも言えなかったが、誰かに相談しようと思ったり、 良いアイデアが思い付き不安だった問題を解消できるようになります。

私達は日頃から不安や恐怖感を抱えながら生きていますが、正しく対処することが難しいです。書いてて思ったのは、どのような状況や状態でも自分自身に問いただす心を持つ必要があるかも!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする