スマホやPCなどの不必要な機能にお金をかけるつもりはない

b12588efc0a483176ebfacd0e8074787

毎日のようにガジェット系のサイトを見ていると、新しいバージョンのデバイスが出たとか、以前よりスペックが大幅に改善されたみたいな記事が私の物欲を駆り立てていくけど、抑えることができます。

一昔前ならクレジットカードを使用して欲望が赴くまま「欲しいから買う」というアホな選択をして分割払いしていたが、今は全くそんな愚かな行為をしなくなりました。昔より貧乏なことも理由です(笑)。

今まで使っていた「スマホ・PC」より新しい多くの機能を持っているという理由だけで、新しいスマホ・PCを購入していました。

ほとんどの人は一種の衝動買いのようにあまり深く考えずに欲望が赴くままに買い物をしたことがあると思うんですよ。べつに衝動に任せて好きなものを購入することを、否定するつもりはないけど、よほど、強靭な意思を持つ人じゃないと、欲望に勝てないですよ。

新製品のiPhoneが発売されれば今までの古いモデルを手放して、新しい機能が充実したデバイスモデルが欲しくなりますが、本当に新しいものが必要なのか?。周りに便乗してみんなが持っているから欲しいですか。それでいいんですか。

全否定しているわけではないです。私たちの生活に役立つガジェット機器を批判しているつもりもありません。価値観や考え方の問題です。その製品のCMを拝見すれば感動し、明るい印象を与えて感動させる。そんな「描写」が消費者に与える影響は大きいと思います。

でもね。企業のマーケティングにどっぷりハマってしまい買いたくて頭がいっぱいになることが問題だったりします。買ってみたけど、冷静に考えてみたら今使っているもので「十分じゃないか!」と、なることが何度かありました。

スポンサーリンク

それって本当に必要な機能?賢い選択ができないと損ですよ

生活を便利にしてくれる物が家中に結構ありますが、中にはまだ使えるけど、新しい物があるから使わないものを見つけることができます。

例えば、スマートフォンは、頻繁に新機種が出るので、何台も持っていたりしますよね。新しいスマホは以前使っていたものより多くの機能が追加されています。だから、古い機種が使われなくなりますよね。

新しい餌に食い付く。何この素晴らしいスペックってね。落としても壊れにくい強力な設計、水に濡らしても正常に動作する防水機能が付いてたり、高性能なカメラの機能に釣られて購入していました。

自分に必要な機能を選ばないと後悔することになります。

今思い付くだけで、なんでほどんど同じ機能なのにいくつも所有しているかっていう物があります。例えば、コーヒーメーカー3台、デジタルカメラ&ビデオカメラ合計4台、デスクトップPC&ノートPC合わせて6台、スマホやタブレットも同じぐらい多数持っています。どれも問題なく使えますし、普通に動作します。

他にもいっぱいありますが、これ以上書いてしまうとこいつ「アホ」過ぎると余計に引かれてしまいます。

このような失敗を一言で言えば知識が全くなかった事や衝動に身を任せていたんだと思います。

今の私が購入する予定がないものだと「MacBook Pro」ですね。オプションを付けることで、お金がかかる分スペックの機能が高まります。快適に作業したいエンジニアやデザイナーなら十分に恩恵を得られるだろうけど、ネットの記事をみたり、動画を見る人だけにしたてみたらこんな高スペック機能いらないんですよね。

Macで最も安いもの「MacBook Air」でも十万円ぐらいします。実際に使うと起動が速いし、作業も続きから始められるので良いけど、仕事で使わなくなると、Macではない5万円くらいのノートパソコンでも十分だなと思ってしまいます。

メーカー側は大幅に以前のモデルをアップグレードして販売しますが、それでも新しい機種を購入しますか?

「こういうことがしたいから、こういう仕事でどうしても必要な機能だから外せない、趣味でやる分にはこれぐらいのスペックで十分やれる」

とか考えないとだめですね。

高い買い物は購入する前によく考えることが重要です。人気でブランド力が高いとか、以前より機能が充実しているから魅力的と思う前に何が自分に必要な機能なのかを考えていかないと。

自問自答を繰り返して、答えが見えてくる

世代が古いiPadと比べて、最新のiPadのRetinaディスプレイは美しいですし、カメラの機能もデジカメいらないというぐらいに画質が、鮮麗されています。高性能なグラフィックスは、3Dゲームをしてもストレスなくサクサク動きます。

じゃあ一昔前のiPadはいらないかという、そうでもない。常に自分がどう使うか?そう考えてイメージすることが大切だったりします。

別に画質とかどうでもいい、写真とか撮らない、ゲームもしない、SNSとネットを見るだけで十分なら新製品を購入する必要はないんですよ。

私が新製品を買う前に考えることは、「今絶対に必要なのか、持っているものでも十分足りている、他の機器で補える」ということです。美しい写真を撮りたいなら現在持っている「デジカメ」でもきれいな写真を撮れる何でもそうです。

新たにアップグレードされた新機能が自分に必要なのかを自問自答してみて下さい。これで結構ちょ~欲しいんだけどという欲求が軽減されます。

失敗しないようにスペック機能を書いてまとめておく

頭で思っているだけでは、考えがまとまらないことも多くあります。特に電子機器を購入するときに悩むのがよくわからないスペックの表示です。初めてPCを購入した時に動けばいいやと思い、3万円ぐらいのノートPCを購入しましたが、起動がめちゃめちゃ遅いなんじゃこりゃってイライラしました。

音楽を聴きながら、調べものができない・・。次はちゃんとしたPCを買おう。

値段が安かったから駄目だったのね。スペックを考えずに高ければ性能がいいはず。そんな愚かな考えで、30万円ぐらいするデスクトップ型PCを購入しました。値段が高いだけあって問題なく使っていましたが、後から分かったけど、エンジニアやデザイナーが使う高性能なパソコンの環境だったんです。

うーん、やっぱり思い出すと、失敗は恥ずかしい。何も考えずになんとなく、買うって怖いなって思います。

まったく知識がない人は徹底的に調べてみる。他のユーザーが購入した製品のレビューについて、質問してみたり、パソコンだけを取り扱っている企業にメールで相談してみたりすることをお勧めします。

■使用用途(3Dゲーム、投資トレード、パソコンを使って絵を描く、音楽編集)。

■予算(お金を可能な限り抑えたい)。

■どうしても外せない機能(新機能とパフォーマンスなど)。

こんな感じに自分に必要とするリストを作ることで、パソコンアドバイザーみたいな人から返事が来て目的に合ったコストパフォーマンスが良いPCを提案してくれます。ちなみに「BTOパソコンの老舗 FRONTIER」がとても親切でした。

他にも、新しいスマホを購入しようとします。いろんなサイトのレビューを見比べて、とにかく重要な部分を紙にリストアップしていきます。

主にプロセッサ、画面サイズ、内部メモリの容量、カメラの解像度、サイズ、重量などを重点に見ていきます。すべての機能を見て、分からなかったら徹底的に調べてみる。その中で何が自分に必要なスペックなのかを考えます。

スペックが低い=ダメというわけではない。SNSやメールをチェックするぐらいしかやらないという人は、ハイエンドなプロセッサじゃなくても問題ないですよ。頻繁に写真を撮る人なら、画質の性能がいいスマホを選べばいいわけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする