寒い季節に運動を行なうと免疫系に影響を与える?

寒い冬の時期になると毎回体重が増えてしまい困る人も多い。中には寒い季節に運動を行なうと痩せやすいという情報を間違った解釈で、安易に体重を減らそうとダイエットしようと考える人も多いと思うんです。しかし、寒い外で運動を行うことは避けたほうが良い場合があります。

春や夏と比べると寒い季節の運動は肉体的、精神的にもきついです。ジョギング中に冷たい空気が気管を乾かせて痛くなったり、咳き込むなどしてとてもしんどい思いをした人も多いはず。実はそれがまずいことだったかもしれません。

肺は意外と臓器の中でも繊細な部分だった。
とくに肺自体は冷たい空気や乾燥に弱い臓器と言われています。冷たい空気の中、運動を行なうと呼吸するのがきつくなるだけでなく、免疫系の低下、体温調節や皮膚の状態も変わってきます。寒い時期に運動を行なうと確実に健康になるという分けでなく、免疫系が低下し風邪を引きやすい状態になることがあります。

例えばカラダの温度が低い状態だと血液循環が悪くなったり、免疫機能や内分泌機能の状態が悪くなるということです。

スポンサーリンク

冬はダイエットに最適だけどジョギングに注意

暑い夏の時期は冬と比べて基礎代謝は著しく低く、逆に寒い冬は基礎代謝が高くなる傾向となっています。気温が低く、乾燥した冷たい空気の中を走ったりすると肺が弱ってしまうだけでなく、体を温めているつもりが逆に体を冷やしていることもあります。

肥満やダイエット中の人が寒い季節に激しい運動を行なうと命の危険にさらされる可能性もあります。
その理由のひとつに体の冷えです。寒いと交感神経は緊張し、全身の血流の流れが悪くなり、心臓の血管自体が小さく収縮し、血圧が上がりやすくなります。その影響で、肥満気味な体で高血圧だと血圧が高くなれば心臓に負荷がかかりますし、狭心症や心筋梗塞が誘発されるリスクが高いです。

寒い冬に行なう運動は、温かい季節より早起きを心がけ、いつもより時間の余裕を持ち、体が十分に温まるようにウォーミングアップを行うことが大切です。

体を冷やさない対策を十分に行なう

まず、寒い冬の季節に必要な運動はランニングやジョギングでなく、ウォームアップ、ストレッチに加えて、冷たい風を防ぐ手袋、ネックウォーマーなどの防寒着ウエアの準備です。冷たい外気で体が冷えないように服装に注意し、乾燥に負けないように水分補給を取るようにしましょう。

具体的には帽子、手袋、靴下は必須です。また喉周りが一番冷やしたらいけない箇所なので、ネックウォーマーも必要になってきます。服装は風を通さないものが効果的です。例えば冷たい風を通さないウォームアップジャケットや吸湿・速乾性の機能が素晴らしいアウトドアウェアを重ね着すると汗を掻いても体が冷えることはありません。

また意外と怠りがちな、準備体操をしっかり行ないます。
寒い時期ほど身体が温まりにくいため、温かい季節より倍以上に入念なウォームアップが必要となります。服装は十分に身体が温まったと感じたら激しい運動を行なっても問題ないですが、喉の乾燥だけは注意しときましょう。

しつこく言いますがケガをしたくない、免疫力を下げたくない人は、いつも以上に寒さ対策とストレッチを意識しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする