体重を減らす理想的な年齢は30代前後

a1380_0545493_m

生活習慣病にならないために健康的な体重を調整し、余分な体重を減らす必要があることは多くの人が知っています。ダイエットには理想的な年齢というものが存在するかもしれないことが英国の調査によって明らかになりました。

減量に適した調査の内容:

Weight loss is most effective if you start when you’re 28 years old | Mail Online

減量の最適な年齢についての研究調査によると、30代以上の女性よりも20代後半の女性は早い段階で減量することに成功しているという。さらに最もダイエットに適した年齢は28歳だということが明らかになりました。31歳と32歳の女性が平均に痩せやすいと判明した。

記事には、時間的余裕や痩せたいという意志が強いことが反映されているとか、確かに20代の頃は美意識がとても高まる時期だと思いますし、ネットや雑誌などのダイエット情報をよくチェックしてますよね。背景には結婚しており、妊娠適齢期もあるかもしれません。子供を生むために健康的な体重に導かなければならないというのも要因のひとつ。

なかなかダイエットに成功しない30代の人の多くは時間的余裕がない、子育てが忙しいなどが挙げられるそうですね。40代や50代の女性は美しい体型を維持することに関心が薄れてくるとか、これも身近な年上の人を見ていると分かり、首を大きく振りたくなるほど納得ですね。

スポンサーリンク

20代前後のダイエットは危険?

「成長期」と呼ばれる段階にダイエットを行なうとほとんどは、障害があります…。

青年期の誤ったダイエットは栄養不良や栄養失調などの症状を起こし、代謝のバランスが崩れるなどの問題がある。思春期の成長段階に必要な栄養を取らないと、カルシウム不足に起こる「骨粗鬆症」などになって、最悪の場合、頚椎を損傷して歩けない状態になることもあります。

カラダがしっかりできてない年齢の過度なダイエットは危険ということです。個人差もありますが、体が出来上がる20年間のバランスの良い食事が成長に欠かせない。

しかし、若い時は遊びたいもの必要な食事量や栄養バランスは考えないことがほとんどだと思います。学生生活を送る若い人は、カフェやその他の娯楽に行く、お金もあまりないないので、安いジャンクフードを食べる正しい「食の自立」なって困難であり、食事制限を助長されてもって、感じていると思います。

やっぱり若いうちは親がしっかりと食事量を調整するなども必要となってくる。

30代前後の心理がダイエット成功に導く

h145re745ha5

ダイエットに成功している人々の多くに心理的な要因がある。

それは、人々が食事や栄養に意識を向け、正しい習慣を戻すことを目指しているという。ジムを通う時間や健康器具にお金を多いのお金を支払う。

美しいプロポーションを手に入れることの興味や現在の体重を維持するために努力が必要であることを理解している。

また、特定の転換期を経験している。30代前後というと独身生活を送っている人も多く、経済的に自立しており、お金も時間も十分にある。ネットで調べてみると、痩せたいと思う方の多くが「非常に必要性を感じていた」という声もあり、私たちが痩せたいという気持ちは、最終的に人格を形成している。

またダイエットに掛ける費用だけでなくエステやスキンケアなどの美容に意識が高まる。

これは多くの場合、自分で何かを変えたいという願望につながる。私たちは、美しい理想的なスタイルを望み、その思いが新しい生活への鍵になると、ダイエットの必要性を感じるひとつの要因かもしれませんね。またダイエットに掛ける費用だけでなくエステやスキンケアなどの美容に意識が高まる。

結婚式に向けて外見を気にする

一生に一度くらいこんな場所で結婚式が挙げれるなら死ぬ気で痩せますね。

知人や家族に注目される結婚式に向けてダイエットを行なっている様です。一生に一度の女性の晴れ舞台で着こなす「ウェディングドレス」をより美しく見えるように体重を減らす傾向がある。

さらに減量を頑張れる要素に子供の誕生である。平均に女性は30歳前後に子供を産む、体重が増えすぎると流産のリスクが高まり、難産になったり、妊娠中毒症が出るなど安心して生まない事態が起きる場合もあります。

しかし、30代後半になってくると体の代謝が遅くなります。また、最近エクササイズをしてもなかなか体重が減らない、体力が落ちたなど体の変化に気づく方も多いかと思います。またこの年齢層の多くは、すでに家族を持ち、ある程度のキャリアを築いています。基本的には働く人、または新しいパートナーを見つけたい人が体型を気にする傾向にあるかもしれません。

40歳の年齢の方はそのまま自分自身を受け入れている傾向にあるとか、特定の生活習慣に慣れて、いつもの生活習慣を崩す必要もなく、それを変更したいするつもりない。

加齢の影響と環境的要因が重なり、美意識が変化していくように思えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする