中古バイクを購入する時に考慮すべきこと!何に注意したらいい?

4edb4686db7f80f67fa1bbf916610e97_s

バイクの種類も星の数ほどあるなかで、以下に購入価格を抑えて安く手に入れるかと考えると中古バイクは魅力的な選択肢です。どのような種類を選ぶかで値段が変わってきますが、一般的な250ccクラスの車両の新型を購入するとなると最低40万円ほどの費用が必要になってきます。

バイクだけの費用なら問題なくても整備代、保険代など諸費用がかかり、思っていたよりも予算をオーバーすることもあります。

初期費用にあまりお金をかけずにバイクに乗りたいと思っていたら中古バイクも選択肢のひとつです。

スポンサーリンク

バイク選びに悩まない。車両を選ぶコツ

いざバイクを買おうと考えたらバイク専門の情報誌やサイトを活用しながら好みのバイクを探す方がほとんどだと思うんです。実際に真剣に探したとしても気に入った車両になんてなかなか巡り会えません。

そんな時は通勤、ツーリングなど自分が最も頻繁に利用するであろうことを想定しなら車両タイプを選ぶと悩まずに済みます。これは一番に考慮する重要な基準のひとつです。600ccとか、1000ccのスーパーバイクに憧れる気持ちは分かりますが、毎日の通勤に本当に必要なのかを考えましょう。

予算に見合った車両を選ぶために縛り込みを行なう必要があります。だいたいの予算を決めて両のリストアップからはじめることが大切です。予算をオーバーしがちなタイプな人なら2~3万円ぐらいならオーバーしても大丈夫という目安を付けておきましょう。

失敗したくない。じゃあどこで買うべきか?

中古バイクといっても車両種類もピンキリ、値段も同じくまちまちとなっています。人気がないバイク、多過走行車だと価格が安いです。人気バイクや年式が比較的新しいタイプだと当然ながら価格も高くなります。

バイクを買うならネットショップか、中古ショップの利用のどちらかで買うことになりますが、可能な限り評判の良い中古バイクディーラーから購入することをお勧めします。ほとんどのショップではいくつかの保証を提供してくれます。またバイクショップで美しい仕上がりの中古のバイクを目の前にしているだけでもテンションが違います。

欲しいバイクが見つかり次第、中古市場相場を調べて、現在住んでいる地域から近いショップを選定します。自宅から近い場所のショップで購入すると何かしら不具合が起きたときに修理対応などをしてくれます。

地域の中古市場相場で、どうしても欲しい車両が見つからない場合はネットショップを活用することもできます。ネット上で購入を考えている場合は、評判の良くないショップでの購入は控えましょう。

中古バイクを再チェック

中古だとほぼ車両に小さな傷やへこみがありますが、過剰に気にする必要はありません。神経質に気になりだすと多少の小キズにイライラしてストレスの元になります。多少の傷があるから安くなるかもしれないと考えてもほとんど無駄です。

外装より、中身が大切です。機能部品やエンジン回りに不具合がないかを自分の手で確かめることも大切です。そもそもパーツをイジル知識なんて持ち合わせていないという方はやっぱり信頼できるショップで購入したほうが何かと安心できます。

■バイクの知識が多少ある方はドライブチェーンとスプロケットの状態を確認してみて下さい。スプロケットの歯が破損していたり、緩み過ぎていると事故につながります。

■タイヤの状態も確認しておきましょう。走行性能に影響を及ぼすタイヤに過剰な摩耗や損傷がないかの確認も忘れずに!

■実際に公道を走る前にブレーキとクラッチレバー、インストルメントクラスタ (計器) の状態も確認していた方が安心できます。これらに異常があると事故のリスクが高くなります。その他に注意したい箇所は、フットペグや排気管に亀裂がないかを確認しましょう。

■メッキ部に少し錆が浮いている。なんだか全体的にくすんで見える時はメッキングを一度目を通してみるといいかもしれません。

安全だと分かるまで試乗してみる

道路が混まない時間帯を選び試乗してみる。渋滞の時に故障や事故が起きたらと考えると不安になってしまいます。

乗り心地はどうか?交通状況が良好な場所を重点に不安が解消されるまで乗ってみることです。ブレーキをテストも試してみて下さい。円滑に動作しているなら問題でいですが、身が投げ出されるほど激しく止まる、思ったよりもブレーキが効かないという状態ならすぐにメンテナンスが必要です。

また走行中に異常なエンジン音、サスペンションが異常に軋むといった不安定な振動や音があれば直ちに乗ることを止めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする