ダイエットによる皮膚のたるみをしなやかな肌にする方法

dc811f173b0889898957985799842

ダイエットを頑張るのは見た目の問題の解消や健康的な生活習慣になるので、体にとっていいことですが、標準体重より重いと、痩せた時に減量で余った皮膚がたるんでしまう事があります。ちなみに私もそうです。

皮膚のたるみが出ないようにダイエットをもうちょっとうまくできればいいのに、と思ったことはありませんか?

ちなみに私はダイエットに成功はしているけど、二の腕の皮膚を引っ張るとめちゃめちゃ伸びます。お餅が腕に付いているみたいにね。痩せることに必死過ぎて、大きな落とし穴を見落としていました。

残念ながら、ダイエット=皮膚のたるみはかなり本当であると信じています。体重を減らすことも大切ですが、一見ダイエットと関係なさそうな皮膚のたるみを意識した方がよさそうです。

今から真剣に減量に励もうという人は特に調べておいて後悔はしないと思うんです。痩せても悩みも尽きない身体の問題について、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ダイエットで皮膚がたるむ原因

今は太ってないダイエットをやる必要もないという体形の人でもいつ体重増加するか、分からないので皮膚がたるむ仕組みを理解していると、ダイエットの時に役立つと思います。

皮膚の下に脂肪の層があり、その下に筋肉という二つの層があります。これらは皮膚を維持し、比較的弾力性が保たれています。体重が増加して、脂肪組織の面積が大きくなると、皮膚が調整するために伸びます。体重が増えると皮膚の表面が著しく伸びて、急激に痩せるプロセスが早すぎると、皮膚がたるむ原因になりやすくなります。

空気を入れた風船をイメージする分かりやすいです。パンパンに膨らんだ風船は張りがありますよね。空気を抜くとだら~んとした状態になります。急激に脂肪が減っても表面の皮膚面積は変わらないので、皮膚がたるむ事になります。

つまり、急激なダイエットは脂肪を減らすことにつながりますが、皮膚表面は変わらないままです。その結果、皮膚がたるむ。どのような体重の落とし方をするか、ダイエットのやり方次第で皮膚がたるむことを防ぐこともできます。

急激な体重の減少を招くようなダイエットはやめておいた方がいい

あまりにも急激な体重の減少は、皮膚面積を調整する時間を少なくしてしまう。その結果、皮膚のたるみや割れを招いてしまいます。そうならないために理想的な減量は、週に体重を0.5〜1キロ程に減らす事がいいみたいです。

私は一週間で2〜3キロ落とした苦い過去がある。傍から見ると理想的な体重の落とし方に見えますが、その結果、お腹周りや二の腕に余分な皮が残っています。

すぐにでも痩せたいと、焦ってしまい頑張るのは結構なことです。本当に早く体重を減らしたい気持ちは分かりますが、ダイエットが成功しても余分な皮が余ってしまう事になります。

実際にどんなふうに減量の計画を立てるか、体重が大幅に減らないように無理な目標を立てないなど、真剣に自分の体重を計り調整することが大切になってきます。

定期的に水分摂取をしてください

水分摂取をしないダイエットを行っている人はいないと思いますが、念のために言っておきたい事があります。体重計を意識しすぎると特に、水を飲むことを忘れてしまいがちです。水を飲むと体重が増えるとか、むくみになるとか、そんな間違った認識を持っている人もいるでしょう。

私たち人間の体の60%は水でできています。生きる上で欠かせない水は肌に弾力性をもたせる成分でもあります。弾力性が高い肌は水を頻繁に摂取して、補充することに大きく依存しています。肌が水分不足だと、肌の柔軟性が失われ、形状を維持しにくくなります。

実際にダイエット中に定期的に水分補給をしていた人ほど、たるみやしわを減らすのに役立つことが分かっています。

定期的な運動の必要性

運動しないで痩せるような飲み薬は絶滅したと思うけど、ダイエットでは体を動かすことが重要です。脂肪が減っても筋肉が付かないと痩せた意味がない。これはお腹周りのたるみとも関係しています。

全身にバランスの良い筋肉が付くような運動主に(ウェイトトレーニング)を定期的に行うことで、脂肪が減り、筋肉が皮下組織と皮膚を結び付けてくれます。つまり、脂肪が減って皮が余ってしまった。その隙間の状態を筋肉が補うというワケです。

筋肉をつけながら急激に体重を落とさないようにするには、中程度の強度の運動を30分間、週に2-3回行うことが推奨されます。個人差があると思うので、時間はある程度の目安と考えた方がよさそうです。

ダイエットに筋トレ?という人も多いと思います。

ちなみに中程度の運動と言えば軽い散歩やきつくないダンス、趣味程度のガーデニングなどがあります。強度の運動だと、走ったり、激しいダンス、息が上がるほどに自転車を漕ぐなど、トレーニングと言ってもいろいろな種類や方法があります。

自分が目標のためにやるべきことは、ネットで調べて真似するのもいいけど、分かりやすい専門書を読んで知識をつけて、実行することです。

これから本気で痩せようと考えている方は読んで損はしない一冊です。本書は、多くの人を勇気づける、トレーニングに関する情報が掲載されていますし、理解しやすいように書かれています。

ビタミンを補う

夏や秋のお肌はとってもデリケート。夏の紫外線でダメージを受けたお肌や髪にビタミンCが効く、そんな化粧品のうたい文句があるように各種ビタミンは健康的な肌を作る上で必要な栄養素です。

ビタミンを補うだけで皮膚の疾患や問題を解決することができると言うのも不思議ではありません。実際にビタミンはお肌のハリと弾力を維持するのに必要なコラーゲンの生産にも役立つ存在です。ビタミンB群が豊富な食材を食べる。ダイエット食品で補う。しかし、サラダやサプリメントだけで必要なミネラル・ビタミンを補うだけでは意味がない。

野菜だけで痩せようと思っている人は美しい肌が作れません。健康的な肌や筋肉、臓器を作るのに欠かせないタンパク質。良質なタンパク質、果物や野菜を食べることをお勧めします。これらの栄養素を、毎日の食事にバランスよく取り入れましょう。

皮膚の健康を維持するだけでなく、筋肉が増えることによって、体がより多くの脂肪を燃やすのに役立ちます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする