血管を強化する方法の種類

a0790_005477_m

あなたの血管を強化する事により、血管がつまるのを防いでくれ様々な恩恵が生まれます。

例えば、血圧が高めの人の血管を拡張させ、動脈硬化を防止し、脳梗塞や心筋梗塞などを予防できるようになり、脳の血流量を増加させることで認知症を予防するとされています。

血管が弱いと血液循環と新陳代謝が悪くなり、多くの疾患リスクをもたらす事になってしまう。

従って、将来的な疾患トラブルを防ぐために、若い頃から血管のお世話をすることが非常に重要です。何よりも、血管を強化する必要があります。

スポンサーリンク

弱い血管につながる要因

ストレスや神経障害が原因の一つに挙げられます。

多くの人が思っている「ストレス」は精神的なものですよね。人がストレスを感じると神経系のバランスが悪くなってしまい、うまく血管を調整できなくなり、血流の低下を起こしてしまいます。

自律神経の交感神経は血管を細くする働きがあり、血液の流れが悪くなります。血液の動きが悪くなったり、詰まったりすると心臓や脳血管の疾患によって、最悪の場合は死を迎えることになります。

とにかく血流の悪化は万病のもとというわけです。

血管に過度の負荷が掛かれば血管の破壊を引き起こします。特に血管に悪いとされるものは、昔から言われていますが、アルコール・ニコチンが悪影響を与える。

血管を正常に保つには、食事が重要な役割を果たしている。

脂肪や塩辛い食べ物は、血管中のコレステロールの沈着を引き起こす。いわゆるコレステロールが血管に溜まって、動脈硬化を引き起こしたりする。

非アクティブなライフスタイルは、血管に悪影響を与える。身体活動の低下で、血液及び血管の過剰な負担が掛かっている。

血管が危ないと感じる兆候

体中を回っている血管・血液に問題が起きたら、脳梗塞や心筋梗塞など一瞬にして命取りになるような病気が起こり得ますが、この症状が出たら危ないと思ったほうがいい様です。

■疲労
■頻繁にめまい、脱力〔神経血管圧迫症候群〕
■目の前に「ハエ」浮遊物の出現〔網膜の血管の病気〕
■不安定な血圧
■心臓発作
■しびれ、四肢のうずき
■手足の冷え
■小さな動きや軽い負担で息切れ、など

血管を強くする

栄養分を運ぶ血液の量が不足しているなど血管の改善を行う必要があります。一部の人にとって、これはライフスタイルの変化を意味しますが、結果的に思った以上に価値があると思います。

▼スポーツ
まず、何を運動をするのか?その方法やスケジュールをしっかりと組まなければならない。例えばジョギング、ヨガ、ダンス、水泳などが特に効果的なトレーニングになります。運動の負荷が中程度である必要があり、体に負担が大きく掛かる運動はすべきでない。

▼ダイエット
毎日の食事に果物や野菜をたくさん取る必要があります。それにより、脂肪の消費になります。避けたいのが揚げ物、カフェイン入りの飲み物を断つ必要があります。また食べ過ぎをやめて、栄養が豊富で脂肪が少ない食べものを1日少量の食事を4〜5回、分けて食べていることが重要です。水分補給も重要!一日あたり少なくとも1.5リットルを飲むようにする。

▼食品
定期的に摂取すると血管の改善に効果的です。これらの食品リストは抗酸化作用があり、血圧上昇を抑制する働きがあると考えられています。

■ニンニク
■ナッツ
■干しあんず
■プルーン
■レーズン

正直これら食品を手軽に毎日食べることが難しいと思いませんか?
そんな時は手軽にサプリメントで補うこともできます。実際に探すと安心して服用できるものはニンニク、プルーンぐらいしか思い浮かばないです。〔海外のサプリメントだと成分が不明怖いので除外〕

例えば50代女性から臭いも気にならないと人気上昇中!【黒にんにく酵素】
は、「黒にんにく」「野菜酵素」「梅エキス」を使用したサプリだという。特に健康食品にありがちなニオイが気になるとか、扱ってる食材が海外産という点がないことが、今までのサプリと違うと思います。

黒にんにく酵素サプリが優れている点は、老化現象を遅らせる成分が含まれている事です。「老化することは肌や、髪、血管などが酸化することと同じ」つまり、体内の細胞を酸化すると同じく細胞である「血管も錆びる」そこで注目したいのが抗酸化作用です。これはにんにくに含まれる成分アリシンという物質が老化スピードを遅らせて、抗酸化を防ぐという分けです。

老化を防ぐことだけでなく、疲労回復もあります。アリシンはビタミンB1と結合することで代謝を促進します。カラダの中で溜まった疲労物質の乳酸を取り除くことで疲労回復へとつながります。

安心できて手軽に食べれるプルーンだとドライフルーツがほとんどです。そんなドライフルーツが嫌い、食べづらいという人もいると思います。最近では食べやすい様に商品開発が進んでいます。

貧血予防にもいいプルーンはビタミン、ミネラルと食物繊維、抗酸化物質が豊富に含まれているので、血液がさらさらになります。

さらに便秘解消に役立ちます。プルーンに含まれる食物繊維の作用によって、腸の働きが良くなり、便秘解消に効果があります。また急激な血糖値の上昇を抑える効果があり、肥満、糖尿病の予防にも役立ちます。

普段の生活でも改善できる

▼お風呂
サウナやお風呂でゆっくりと温まって血行をよくする。また、お風呂上りのストレッチや足裏のツボ押しも効果的である。季節によっては、脱衣所が冷えていると思いますが、その時に血管が収縮してしまい、血管を温めた意味がありません。なので、出る前に冷たいシャワーを心臓より下にかけるように習慣化することにより、冷たさに慣れたり、自律神経を鍛えることにもなります。

▼血管をクレンジング
聞いた人もいると思いますが、これはオゾン療法の一つとして注目を集めています。体の中のドロドロの血液を体外に取り出し、オゾンで洗浄することでサラサラの血液になるものです。

▼肯定的な感情と休息
定期的に休息を取ることに注意を払う。自分が好きな事を行なうと良い例えば、旅行、趣味、目的もなく散歩に加えて、睡眠も大事な要素の一つになっています。少なくとも8時間の睡眠が必要です。自分がこうなれたら最高!と思うようなイメージなど楽観的気持ちや生活態度、良い気分、健康で充実した生活を過ごすために今すぐにでもできるはず。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする