他人と自分を比較することをやめる方法

a1180486714332_m

気が付くと周りの人達と自分自身を比較し、結論を出すことが多いと思うんです。
他人と自分を比較することが良くないという風潮ががありましたが、それが悪いことではなく、比較することに対しての仕方が間違っている場合が良くありません。

たとえば受ける側に問題があるとあの人と比べると自分は全然可愛くない、スタイルが悪いと落ち込んだり、相手を非難し、優位性を持つことです。

自分があの人には頑張れば追いつく、絶対に負けないような気持ちを抱いているなら、比べても自分の成長に繋がることもあります。

しかし、他人と比べることで生まれる、優越感はそれほど幸福なものではなく、それは「劣等感」「優越感」などマイナス感情が苦しみを生むことにつながる。

そんな感情と同時に、比較が自分の成長を妨げる。
学校のような小さな社会に通っていた頃から比較されることにネガティブな気持ちが染み付いている。

私達は他人と自分を比較することの無意味さも理解しなければいけない。

自分を悩ますことについて、しっかり考え、建設的ではない他人との比較という愚かな呪いを拭い払う必要があります。

スポンサーリンク

なぜ友人や見知らぬ人でも比較するの?

つい他人と比べてしまうことあります。
普段の生活でもテレビを見ていると、美しいスタイルのモデルさんと比べて、私はなんでブスで、デブなんだろうと、フ~とため息がこぼれ落ちます。

たしかに、あの人のようになれない、到底かなわない・・・と理解していてもその人の外見だけを捉えてしがちになり、落ち込んでしまう。

自分自身と他人をここで比較することは、常に気分を台無しにする。それが見知らぬ人でもね。

snsを利用していて良くあることですが、ソーシャルネットワーク投稿される、幸せそうな写真や最も素敵な瞬間を掲載している人を見ると、iPhoneを破壊したくなる程、落ち込んでいます。

そんな些細なことでも気持ちがネガティブな方へ向かいます。それから自分はなぜこんなに愚かな醜いヤツなんだと自分を責める場合もある。

このような考えを持っている人の特徴は自分の悪いところだけしか、見えてなくて、相手の良いところだけを見て比較していることが多いと思うんです。

たとえば、自分の容姿に不満があれば、魅力的に映る容姿が良いと思う人に劣等感を抱くわけです。

あの人の見た目が美しい羨ましいと思うそんな「一側面」だけを捉え比較していることになります。

一側面だけを見ても意味がありません。
あなたが他人と容姿だけを比べて、美人でなく勝てないことは事実です。しかし、あなたとその比較している人と比べると性格、振る舞いや言葉遣いなど総合的に勝っていることもあります。

いくら見た目が魅力的でも中身が最悪な人と比較したいと思いますか?

それ以外でも日常生活でも友人と比べてしまうことも多い。このことについては後から説明します。

友人や知人の楽しそうな瞬間を撮影し、snsに投稿している。
具体的には、休日にビーチ仲間と楽しみ、豪華なディナー、楽しいショッピングの瞬間などを見ると、人が魅力的にカラフルに輝く人生を送っている印象を受けます。

なぜ自分は、休日を無駄に過ごしている? オシャレなお店に行っていない?友人のように美しいスタイルじゃないの?親しい友人の間でも比較してしまう。

あなたは誰か他の人と自分の人生の瞬間を比較することがそんなに大切ですか?
自分より他人がそんなに優れていることが重要ですか?

他人の幸福に感情の波を立てて、相手のうらやましい部分を感じ、そんな負の感情に一生依存しますか?

幸せは基本的に、自分自身が他の誰よりも優れている必要があり、また何かしらを求める欲求から生まれます。

比較は常に自分の首を絞めている状態になり、幸せとは程遠いところにあります。他人に向けて、無駄な嫉妬心や怒りを何も生み出せません。

他人を理解することが重要

人々はさまざまな場面において、他の人を判断するのが大好きな生物です。

短絡的過ぎると思いますが、例えば普段からカラダを鍛えており、スポーツに関わる人々は、腹が出るほど太っている人が、二階、三階に登るのにエレベーター使っていることを見て非難する。普段から努力していない、だから痩せないんだと思っていたりします。

また生活に困っていない安定した収入がある人は時に消費者金融からお金を借りている人を非難する。その人が無計画に借入を行なっていないこともある。病気や事故などで、生活に困り仕方なくお金を借りなければ生活が困難な場合もある。

特に健康に悪い習慣ほど、人を一側面だけで評価して非難する。喫煙者、アルコールや不健康な食べ物などが挙げられます。

これらのキーワードに悪い、やめてほしい、不健康とネットで検索をかければ山ほど非難が出てくるでしょう。

自分の意思で行なっている、喫煙、アルコールや不健康なジャンクフードの習慣の何が悪いのか聞かせてほしい!私がやっていることがあなたの人生にどのように影響するのか?

問題なのは一部の人が周りに迷惑をかけていることでしょう?吸殻のポイ捨て、酔っ払いなど他にもありますが、周りに迷惑をかけずにルール守っている人も多いと思うんです。

自分は悪い習慣を行なっていないという優越感を感じているのでしょう?

時には他人と比較して、自分の成長に繋がることは良い事ですが、先に述べたように他人と必要以上に比べると幸福につながることはありません。

何か非難する時に嫌悪感や失望を感じています。他人に向けて長期的に負の感情を抱いていると、人間が嫌になってしまいます。

あなたは人を判断するときに他人の悪い面ばかり見る傾向があると、非難したり、間違った判断を行う。それが本当のその人ととは限らない。

不満を持つ前になぜ代わりに、他の人を総合的に理解しようとしない?

まとめ

他人と比較することが、間違いだったと感じているなら一側面だけで評価しようと考えず、総合的に相手を観察して判断することが大切です。

例えば相手のクセが気に食わない、話し方や性格など悪いところを探したり、この人本当に良い人なのかな?と物事の裏を探るが必須です。完璧人間なんているわけなく、誰でも身体的、心理的に受け付けれない何かしら悪い部分を持っています。

他人のことをじっくり観察するだけでなく、私にはこの人には悪い部分が多いと感じるけど、考え方が斬新など良い瞬間に焦点を当てることが大切です。

判断をやめることは、あなた自身を失望させので、その辺は注意して下さい。
まず、始めに非難するのではなく、理解してみてください。

理解とは想像することでもあります。
この人が憎たらしい性格なのは、人生で困難な時期があったと考えたり、小さい頃にトラウマや裏切られて、人を信用していないからそのような性格になったからかもしれません。

実際に生まれてから誰もが幸せに生活を送っている分けではない、その人の境遇や生活環境が私達には想像できないことだったと考える必要があります。

希望を失っているし、彼の生活の中で実際にそうするような状況であった。 あなたはリトリートで有罪判決を受けた男を理解したとき。

まとめると、他人と比較する前に悪い一部分だけを見ないで、総合的に判断すること悪いところがあれば、その人の人生を理解することが重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする