立ち仕事の疲れや、運動後の疲労回復を早める信頼性の高い方法

10936e0173322b6987c7

生理的に疲労が肉体に蓄積されいってしまうと、苦しむ結果を生みます。疲労をかかえたまま運動を行うと集中力も落ちて質も下がってしまうことがあります。長時間の立ち、仕事も同じですね。

質の高い休息を定期的に取っているなら、それほど気にしなくも良いです。疲労回復にサウナや、お風呂、マッサージなど体を労わる効果的な方法が有名ですが、それだけではありません。

これらは、ほんの一部の方法です。そして、必ず回復する効果的な方法とも言えません。

スポンサーリンク

リカバリーウェア・コンプレッションウェアを着てみる

どのような効果があるの?

簡単に言うと、身につけることによって疲労回復を図る効果があります。運動中に着用する「コンプレッションウェア」、寝る前に着用する「リカバリーウェア」一流と呼ばれるスポーツ選手が愛用しています。

着用するだけで、血液中の老廃物(代謝物)を体外に排出するという働きをサポートしてくれます。つまり、血液や体液の流れ促進し、その結果、疲労回復が早まり、痛みという疲労サインを軽減してくれます。

例えばコンプレッションウェアを着た状態で最もきつい運動を行った時に体の中では、血液の循環を改善され、むくみを防止、疲労回復が早まっており、普段より疲れにくい状態になっている事が分かっています。

仕事上、足がむくみやすい方や、運動するとむくみがうざいという方は、リカバリーウェア・コンプレッションウェアの着用を検討することをお勧めします。

マッサージ

コリをほぐす

すぐにマッサージすると筋肉の緊張をほぐせ、疲労した身体をケアする事ができます。マッサージには、血液・体液循環を流れをスムーズする役割があり、運動後の疲れの原因になる老廃物を排出しやすくする作用が働きむくみ防止の効果や、身体の可動域を広げて代謝アップさせる効果が期待できます。

セルフマッサージでも十分ですが、必要に応じてプロのマッサージを受けた方がいい場合もあります。多くのスポーツ選手は、スポーツトレーナーやスポーツマッサージのケアを受けています。最近では、アロマを使用したマッサージセラピストなどが活躍しています。

定期的にマッサージに通うメリットは、自分ではケアできない部分をほぐしてもらえるだけでなく、怪我を防止し、遅発性筋肉痛(運動後1~2日経ってから発生する痛み)を解消できます。お金はかかりますが、費用効果は高いです。

寒冷療法

氷風呂、アイスパックや冷却装置などを使い患部を冷やし、筋肉痛や腫れを抑えるでなく、軟組織における炎症を最小限に抑えることが可能となります。アイスパックを使用した、アイスマッサージでは氷を直接皮膚につけて5~7分間当てて炎症を抑えるといいそうです。

その他にお湯と冷たい水を交互に浴びる方法もあります。

高負担のトレーニングの後に後温かいお湯と冷たい水を交互に浴びる入浴法があります。風邪を引くかもしれないので、10分ぐらいが理想です。近くに健康ランドや銭湯などにあると思いますので、温かい湯船と水風呂に1〜2分ほど浸かります。ちなみに最後は水風呂で〆ましょう。

私は、以前自宅のシャワーで簡易的にやった事があります。正直、イマイチでした。

マッサージローラー

マッサージローラーを使用して、筋肉を揉みほぐすと血流を増加させ、筋肉の緊張を緩和することができます。その結果、節々の痛みが軽減されます。

使用回数は?

何十時間もやらなければ大丈夫です。マッサージローラーは基本的に皮膚に当てて、筋肉のコリをほぐすので回数に制限はありません。

一日の疲れを取りたい翌日に疲れを持ち越したくない方は、一日一回の自己マッサージを行うことをお勧めします。やって損はしないので、とりあえず一週間、試してみて下さい。仕事の疲れを翌日に残すことなく、快適に過ごせます。

ストレッチやヨガ

スポーツに疎い時にストレッチは運動前のやるイメージでしたが、運動後にやるとよりよい効果を発揮します。

運動後にストレッチすると怪我のリスクを低減します。ヨガは、背中の痛みを根本的に取り除く事も可能です。私は長年、薬を飲む必要があるほど背中の痛みに悩まされていましたが、ヨガを行い痛みが軽減しました。

仕組みは単純です。ヨガで重要なポイントである呼吸法によって、血圧や心拍数を低下させ、不安や抑うつ症状を抑えることができるからです。

タイミングと時間

間違いなく、ストレッチは運動を行う前後にやることが大切です。最低限、5分はストレッチを行うべきです。ラジオ体操もだいたい時間的に5~6分ぐらいだったはずです。

スポーツ選手のように激しい運動を毎日のように行う必要はありませんが、私の場合は週に2~3回、高負荷トレーニングを行い、次の日にヨガを行うか、週に一度のペースやっていました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする