やる気を失う片頭痛や頭痛を緩和する方法

Headache

片頭痛を抱えている人が多いと言われています。とくに働き盛りの男女共の割合が多い傾向が高いそうです。

片頭痛が起きるたびに痛みが人生の喜びを奪うこともあると思うんです。個人差もありますが、重症な場合は生活や仕事に弊害も出てくる可能性もあります。気分も不愉快な状態が続きます。

残念ながら、近年その原因に遺伝性の疾患であることが分かっています。現在の医学では完全に治すことは不可能に近いという。まだ完全に治すことが可能ではないから軽減する方法が役に立ちます。

正直この頭の痛みを言葉で表現するとギンギンとガンガンという言葉ですね。この地獄のような頭痛を軽減するために多くの予防方法があります。

スポンサーリンク

頭痛

誰でも一度は経験することがあろう頭痛はとても不快なものです。
片頭痛と偏頭痛は永久に無力化することが困難であることが分かっているので、治ったとしても再発したりします。そんなことを考えているとゾッとしますね。

残念ながら、片頭痛は慢性疾患であり、片頭痛の原因はいまだ解明されていません。
なぜ定期的に片頭痛に悩まされるかというと様々な原因がありますが、一般的に脳の血管が異常に拡張したりすることで、片頭痛の原因となる物質が神経を刺激することで症状が出ると考えられています。

この痛みを完璧に取り除くことが判明していないという。なので、普段から予防することが頭痛の頻度を減らすことに繋がる唯一の方法です。

頭痛は深刻な疾患のサインの場合も

ただの脳の痛みが神経疾患が疑われる場合もあります。
とくに気をつけないといけない特徴的な症状は、頭の半分側の痛みや時折起きる定期的な強い痛みを伴う頭痛ほど注意が必要です。したがって、深刻な頭部外傷を抱えていることがあります。
例えば脳卒中、脳腫瘍、血管性頭痛などの頭痛と関連している。

急激な気候の影響は偏頭痛になりやすい

残念ながら、年に数回は頭が痛いという不快な現象を経験します。
天候の急激な変化が起きると体調を崩す人も多いと思いますが、その原因に低気圧という気候の変化が関係しています。なので、雨が降ったり、寒い時期になると頭が痛くなるという分けです。

普段の生活習慣が頭痛の再発を招く

毎日のように晩酌やアルコールを摂取するとカラダに不要なアルコール成分を追い出そうと血管を拡張して血の流れを良くしようと働きます。その結果血流が活発になり、頭が痛くなります。

また仕事で忙しく疲れが抜けない体のままの状態も頭痛を招きます。例えば過度の肉体的、精神的活動、睡眠不足(長すぎる睡眠)だと心身ともに緊張や疲労が積み重なっているので、筋肉が収縮して硬くなってこりがたまり、その状態が血管を圧迫し、血の巡りを悪くなります。

しかし、頭痛はありふれた疾患ですが、種類や原因は異なる場合があります。

毎日頭痛に悩まさせないように生きていくを願っていても、実際に片頭痛が起きてしまうと生活や仕事にも支障を来たす事が多々あります。

長引く頭痛は個人差があると思いますが、私は月に2、3起きるだけでもうんざりします。薬を飲むことで、緩和することは可能です。しかし、毎回薬を飲んでいると効かなくなってくるという問題が生まれます。

普段から意識しておきたい予防

自分自身の健康を維持するには予防法が一番大切です。日常生活の普段何気ない行動や習慣が頭痛の原因だったりします。

■過剰なストレスを避ける。
これは自律神経が乱れないようにするためです。

■しっかりした睡眠を心掛ける。
自分にあった睡眠方法を取り入れたり、睡眠を妨げることをやめる必要があります。例えば寝るときは灯りを消したり、暗くて静かな環境を作るなど意識する事です。

■眠る前に不必要な間食を避ける。
寝る前によくお菓子を食べている人ほど気をつけなければいけない。とくにカフェイン(大量にチョコレート、マフィン、赤ワイン、コーヒー)などに含まれています。これらは片頭痛の原因となります。

■体のコリや冷えがあるならセルフマッサージを行なうか、専門のお店に通う。
頭痛は、血液の流れが悪いと起こるためです。例えば冷え、肩こりに悩ませると頭が痛くなります。マッサージをすると凝り固まった筋肉をほぐすことが血液の流れがスムーズになり、血行がよくなり筋肉の緊張が取れると頭痛が解消されるということになります。

■水をたくさん飲む。
カラダが水分不足になってしまうと血流の流れが悪くなり、脳内の血液の流れが低下してしまい血行不良による頭痛が発生します。仕事に集中してしまうと水を飲むことをつい忘れてしまいがちになったりします。可能な限り水分摂取を意識しましょう。

コーヒーに関しては、飲まないほうがよいと言うわけでなく、飲み過ぎに気をつけなければいけません。一日一杯、多くて二杯ぐらいにしておくと良いでしょう。重要なの少し飲むことが必要です。なぜかというカフェインは少量だけでも血管収縮作用があるので、頭痛がしたときに飲むと頭痛が緩和します。

コーヒーの中毒性と飲みすぎが怖いという方は、簡単に言うと小さなカップを利用することをお勧めします。逆説的に聞こえるかもしれませんが、片頭痛が起きたら少量のコーヒーを飲んだほうが良いかもという分けです。もう一度言いますが、あくまでも少量を飲む。

アロマやハーブが頭痛の緩和に役立つ

■生姜は血管の拡張を防ぐ効果があり、ひどい頭痛に対処するのに役立ちます。よく風邪を引いた時に飲むと思いますが、カラダを温めるだけでなく、頭痛を和らげることもできます。また風邪の優れた予防にもなる、そんな食材です。

ショウガ湯にして、そのまま飲む事も多いと思うんですが、リンゴとシナモンを加えるとジンジャーティーになります。どうしても生姜が苦手な人は試して下さい。

■ミントやラベンダーなどのハーブティーは、片頭痛によって引き起こされる、頭痛の予防に効果的です。ミントは鎮静があり、痛みを和らげることができます。さらにラベンダーは血管の炎症を和らげるのに役立ちます。

飲むだけでなく、血行不良な体の部分にラベンダーの精油などを首の筋肉の凝りや痙攣を緩和してくれます。

■ビタミンは、偏頭痛の予防に役立ちます。とくにリボフラビン(ビタミンB2)、マグネシウム、ビタミンB6などを食事やサプリメントで補うことをお勧めします。ある研究では、リボフラビンは片頭痛の頻度を抑えたという結果が出てきます。

■氷の力を借りて、頭痛(痛むところ)を冷やします。片頭痛は血管の拡張大きくなるとズキズキと脈づくような痛みがあります。そんな時は冷たいアイスパックや薄いタオルを使用することをお勧めします。

また頭痛の対処のひとつに体のツボ押しが効果的です。さらに首や肩の凝りが原因で、異常に血管が緊張している場合はマッサージを行なうと改善されることもあります。

頭痛に効くハーブティーお勧めの飲み方

参考になるようなハーブティーの飲み方は他にもたくさんありますが、参考までに試してみて効果的だった飲み方を紹介します。

ラベンダー茶は市販の乾燥したタイプを使います。
1杯分につき、ティースプーン1杯の葉に沸騰した、水200ミリリットルを注ぎ、15分間待ちます。その後、そのまま飲んでもいいですし、ハチミツやシナモンを入れてもおいしく飲めます。このラベンダー茶という珍しい味は好き嫌いが分かれると思います。

生姜茶は市販のノーマルタイプを使います。
生姜茶にミントとカイエンペッパーを入れたものを紹介します。このお茶を作るために必要なことは、生姜茶小さじ2、カイエンペッパーと乾燥ミント小さじ2、が必要になります。沸騰した水2カップを注ぎ、15分間蒸らし時間が必要です。

次に、細かい混合物をキッチンペーパーや漉し器で漉せば出来上がりです。そのまま飲んでも良いですが、よりおいしくするには蜂蜜​​とレモンを加えると飲みやすくなります。

これを毎日飲めば頭痛が解消するというものではなく、予防として効果的という分けです。風邪予防に最適なので、正月に頭痛で悩まされないために役に立ちます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする