皮膚、毛髪、脳と身体の老化を防ぐ方法

f138ff9e586cb47719780d5299dcb605

見た目も若く健康的で誰だって長生きはしたいと思うのが、本音であろう。どんなにあがいても老化の過程を止めることはできない事を理解しているけど、早期老化を防ぐ手段だったらわたし達でもできる。

若さを保つためには?毎日継続的に規則正しい生活習慣を送るだとか、食事のバランスが偏らないように見直すことが大切だという事は、なんとなく分かります。

親や周りの先輩方を見渡して、具体的に老化について、イメージしてみよう。

早期老化の徴候は、(皮膚、毛髪、脳と身体)など見た目が変化することで、老いたと認識されますよね。老化をもたらす原因をもっと深く語るのに欠かすことができない要素に内側の老化もあります。どんなに外側をきれいになるようにしようと、努力しても体の内側が老化していれば、一連のプロセスによって身体のあちこちで身体にガタが来る。そして、実年齢にふさわしい風貌に老いる。中には、実年齢以上に見た目が老けて見える人も出てくるだろう。

避けて通れない老化に伴う変化は、身体のあちこちで頻繁に起きる。朝から病院に行けば大勢のじいちゃん、祖母ちゃんたちが、待合室で待っているのを見たことがあるでしょう。老化が原因で足腰に持病を抱えている人や、血液と免疫に異常がある人もいるでしょう。

年を重ねる度に身体にシミが目立つようになる肌もそうだし、小さな文字が読みずらくなる老眼が進む目も同じです。高齢者の骨粗鬆症も問題になっていますよね。身体を支える骨が老化すると、細くなり、骨密度も低下し、スカスカになる。骨が弱くなることは、ちょっと転倒しただけで、骨折したり、治りが遅くなるということです。脳の老化でよく聞く認知症も同じことが言えます。小さく萎縮してしまった脳は、思考する能力を失うことになります。記憶機能が低下する老化の特徴的な「認知症」「アルツハイマー病」などがあります。記憶、見当識、言語、注意、判断など生活に欠かせない認知機能が衰えることも老化のひとつですよね。

スポンサーリンク

若いうちにカルシウムを蓄えておく

段差のないところで、転倒した際に骨折してしまい。それを機に、寝たきりにそのまま介護がないと生活できない状態になってしまう人がいます。わたしが、もし、骨折が原因で寝たきりの生活になった。その時にひとりでは何も出来ない事を考えると、とても怖いです。

独り身だったら両親に迷惑がかかるだろうし、結婚していれば夫や子供たちに迷惑をかける可能性だってある。カルシウム不足が原因だったら、間違いなく、若い頃の不摂生な生活を後悔しながら、ベットの上で泣き続けるだろう。

ちなみに骨密度は、20~30歳代ぐらいまで成長期。年を食う前に若いことからカルシウムが不足しない食生活を心得ることが、高齢になっても健康な骨を維持する事につながります。

特に女性は骨粗鬆症の危険にさらされています。更年期で閉経する時期の骨折のリスクが高まります。

女性は閉経後、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が急速に減少します。
エストロゲンの分泌量が減ると骨吸収が異常に高まり、骨形成が追いつかなくなります。つまり、骨吸収によって溶けてしまった部分を新しい骨で埋めることが間に合わなくなり、スカスカの状態の骨になってしまうのです。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)ホームページ

つまり、骨粗鬆症は更年期以降の女性に多いという理由に閉経後のエストロゲンの分泌量が極端に減り、骨を作る機能が遅れてしまい、スカスカの骨になってちょっとした事で骨折してしまうワケです。

紫外線は皮膚のダメージになり、将来的に老け顔を作る

ほとんどの女性は紫外線対策はバッチリ行っているだろう。いわゆる太陽の光である紫外線を浴びると、お肌が少しずつ劣化して炎症を起こし、やがて、シミやそばかすと言った皮膚へのダメージが蓄積した結果が出てきます。

肌がピチピチの若いうちは細胞の再生能力が活発なので、何もしなくても健康的な肌を保つことができます。しかし、加齢の問題で二十代後半になってくると、お肌の再生力が弱まってきます。紫外線の影響で肌再生が追い付かなくなる。日焼け止めを塗らないなんて考えられない。そんな経験は誰しもあるはずです。

今日の紫外線の予報は低いから日焼け止めを使用しなくても問題ないと、自己判断する事が肌トラブルを生むことになっているかもしれません。また日焼け止めをしっかり、落とさないことも肌トラブルの原因になります。

もし、紫外線の影響で肌にトラブルが起きた場合は新しい皮膚細胞の成長を促進するビタミンAが含まれる食べ物を食べましょう。例えば、ニンジン、ホウレンソウ、サツマイモ。

脳の老化を防ぐオメガ3脂肪酸(DHA)

脳が老化すると聞けば昔ならすぐに思い出していたけど、最近は思い出すのに時間がかかるとか、忘れ物が多くなったなど、記憶力が落ちる事をイメージしますよね。記憶力が低下することで、日常生活を営む効率が悪くなります。

シミやほうれい線は生きた証!見た目なんて、気にしないわ!という人でも脳だけは老化したくないと思うもの。夫婦ともに還暦を迎えて悠々自適と老後を送るはずだった。しかし、ある日愛しい人がアルツハイマー病や認知症を発症する可能性だってあります。

アルツハイマー型認知症は記憶だけでなく判断力や言語機能など、普段生活するうえで必要な機能全体が低下していく。単なる物忘れに収まらないという事を認識しています。

脳に大切なあぶらオメガ3脂肪酸(DHA)はアルツハイマー病や認知症の発症リスクを減らす事が分かっています。

魚をまったく食べない人の認知症のなりやすさを1とすると、週2回以上食べる人の認知症のなりやすさは0.4となりますから、半分以下になることが分かります。 これは日本でも同様の報告があります。島根県で行われた調査で、長谷川式スコアを使って調べると、魚介類、タンパク質、オメガ-3系脂肪酸を摂取する人は点数が高かったことからも、認知症の改善に食事が大きく関わっていることが分かります。

アルツハイマー病は40代、50代の生活習慣次第でスタート

オメガ3脂肪酸と聞くと、魚の油やシーフードそのものに含まれると思われがちだが、アマニ油やカメリナ油といった。自然植物からも摂取することができるようです。シーフード系が嫌いで、食べれない。アレルギー持ちでほとんどのお魚を食べれない人は、植物油から摂る事ができるので、覚えておいてください。

認知症を防ぐために年老いても脳は刺激しておこう

脳の老化は食べ物だけでは完璧に防ぐことができない。日々の脳トレが必要だった。別に特殊なトレーニング方法を行う必要はない。

脳科学の専門家によると、脳は加齢の変化を最も受けやすいと考えられています。日常生活に刺激や変化がないと認知症になりやすい。同じような毎日の繰り返しだと、脳の活性が鈍り老化の進行が早まることが分かっています。

年をとると、脳細胞と脳細胞のあいだを飛び交う信号や刺激のスピードが落ちる。この傾向は同じ脳の回路しか使わない人ほど顕著だ。脳細胞が元気でいるためには、いつもと違う脳の回路を使ったり、新しい回路をつくったりしなければならない。要するに、「刺激」が必要なのだ。

「刺激」こそ若さの妙薬!脳細胞は年をとっても増える

このように聞くと、自分には関係ない「日常生活にある程度不満はあるけど、充実だと言われればそうだ!輝かしき毎日だといえよう。」という人も多いでしょう。しかし、毎日同じことの繰り返しで脳に刺激がない暮らしを送っている確実に脳の老化が進んでいきます。

ワーキング活動、目標設定と問題解決、社会的相互作用など知識や情報をインプットするだけでなく、取り入れた情報をアウトプットする必要があります。もっと分かりやすく言うと、生き方を変える事が一番いいかもしれません。もうすぐ50歳で英語を覚えても意味がないと思わずに脳の健康のために外国語を学んだり、ボランティアをやることで、今まで接しなかった人達と関わってみたりする。還暦過ぎて家でのんびり過ごすのもいいけど、社会的活動を維持する方が脳の老化を防ぐ事が役立つということなのだ。

グリコール酸やレチノールが含まれる化粧品で顔の老化を遅らせる

化粧品にしみ、そばかす、毛穴の黒ずみくすみ、シワに効果があるとしてグリコール酸とレチノールという成分が入っているものがあります。その成分が配合されたスキンケアを使えば皮膚の質感をアップさせることができます。

シワがない滑らかな肌になるだけでなく、くすみが原因で印象の悪い顔色を改善し、肌の弾力を高めるコラーゲンの産生を促進します。

肌質改善を望むならキャシーズチョイスをお勧めします。女性誌で頻繁に取り上げられているスキンケア商品なので、見覚えがある人も多いはずです。

紹介しているのはトライアルキットだけど、グリコール酸、サルチル酸、レチノールの3つの有効成分が含まれているので、肌を土台から変えたい人向けになっていますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする