5つのルールを守りただ歩くだけで体重を減らす方法

a1180_008758_m

ダイエットを実効してみても、なかなか結果を出すことは難しいです。持続が続かず一瞬だけ痩せる状態になったり、食事療法や運動に失敗して、怪我や少し不健康になったりしてしまう事もあります。しっかり痩せたい方や常に理想体重をキープしたい場合には、たるんでいない肉体を手に入れることが大切です。

身体1つでどこでもいつでも出来るウォーキングを行うことで、健康的な肉体を手に入れたり、見た目にも美しくなります。

スポンサーリンク

どれ位歩けば体重が減る?

実際にどれぐらい歩けば体重が減るのか知ることで、毎日ウォーキングを行なう原動力になります。調べてみると、統計的に1日約平均歩数9000から1万歩程度歩くことによって二週間ほどで、平均的に約一キロ脂肪を減少させることができる様です。ウォーキングの効果的なプログラムや歩き方を紹介していきます。

ウォーキング

ウォーキングは、体重を減らすために簡単に行えることができます。この方法は、歩くだけなので健康にデメリットがなく、年齢に関係なく、誰でもできます。最大限の効果を達成するために知っておく必要がある事がいくつかあります。過剰なダイエットや運動を無理せずに体重を減らすのに役立ちます。長いの人生の間に運動を行うことで、結果的に多くの疾患を防げたり病気も予防できます。

ウォーキングを行なう前にしっかりとストレッチすることはもちろん大切です。なぜなら急に筋肉を動かすと怪我の原因になったり、関節への負担が大きくなるからです。ウォーキングは人間の自然な動きなので、心理的にきつくなく体温も温まり動作は容易になり、気持ちも充実してきます。

■ウォームアップ

運動の前には必ずウォームアップを開始する必要があります。歩き時に気をつけたいことは、徐々に速度を上げ、ゆっくりとしたペースで10分歩いてください。体を「温めること」で心臓、関節、筋肉を負担を軽減できますし、筋肉や腱などの柔軟性が高まります。これを行うことで、関節の動く範囲が大きくなり、歩くときの動きが良くなります。

■心拍計

ウォーキングで、ダイエット行なう場合に必要になるのが、脂肪燃焼の度合いを知る心拍計が大切になってきます。体重を減らすには、いわゆる「脂肪燃焼」心拍数ゾーンを理解しなければならない。

運動中に使うようなタイプの「心拍計」は種類が豊富にあり、値段も高いものからやすいものまでさまざまあります。

心拍計を使用することで、自分自身の心臓の鼓動を測る道具です。これを利用することで、自分の心臓が1分間にどれぐらい鼓動しているか、確められるというアイテムです。

自分の心拍数が多ければ多い運動ほど、酸素の使用量も多くなるので、その分脂肪の燃焼に効果的という分けです。脂肪は運動中の心拍数が最大心拍数の70〜80%が最適な割合「脂肪が燃えやすい」状態ということです。簡単な式で理解することができます。あなたの全力の心拍数=220-年齢、最大心拍数を計算します。

例を挙げると、27歳の方の場合は、目標心拍数は(220-27)×0.7=135.1という計算になります。しかし、慣れないうちは負担を軽くして60%ぐらいの範囲で行なうと良いでしょう。

特別な心拍数のモニターをお持ちでない場合は、購入することをお勧めします。最近のものは軽量で指で計れたりするので、運動中の邪魔になることはありません。ホントに歩行の様々なタイプがあるので、色々試してみてください。

トレッドミルを使用して上り坂を歩く

屋内でランニングやウォーキングを行うための健康器具のトレッドミルは明白な利点があります。便利なモニターを容易に制御できますし、負荷をかけることができます。細かい設定は、傾斜角を減少したり、速度を小さくすることで、心拍数が簡単に調整することができます。

ノルディックウォーキング

ノルディックウォーキングとは、筋肉の90%以上活用する全身運動を可能にする特別なスティックを使用して行なうウォーキングです。棒で歩いている間は通常よりもカロリーの消費 効率向上することが分かっています。この様な魔法のスティックを使用することで、素晴らしい結果を達成するために役立つことを証明している。

この様に「ノルディックウォーキング」のアイテムは充実しています。

■ノルディックウォーキング用のトレーニングは屋外で行うことが前提あり、それは特殊な技術によって、通常の歩行と比較しても足腰の負担の軽減ができたり、関節に負担が掛からないんで、これは、高齢者、重大な過体重や関節の問題を持っている人に特に適している。

激しいトレーニングを行なう場合は、認定トレーナーの指導の下で実施することをお勧めします。あなたの個々の状況に応じて様々な助言が聞けたり、適切な歩き方を教えてもらえます。

インターバルウォーキング

一定のリズムで歩き続けることが難しい方に効果的です。従来よりも効率的なタイミング行うことができる。インターバルウォーキング、これは一定の間隔で速度と負荷を変更するというもので、緩やかなペースで歩いてたり、早歩きなどを交互に行なうもので、1分、3分交互に行うことが特徴です。

定期的に歩く事が大切

少なくとも平日の朝や夕方の時間帯に歩くことが適しています。例えばノルディックウォーキングを選択した場合は、少なくとも50分歩くことが大切ですし、週2〜3回をやる必要があります。 朝や夜トレーニングは、食欲抑制が働き神経系の刺激される。忙しくて時間がとれないという人にもぴったりのトレーニング方法です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする