清潔な爪に必要な栄養と健康に保つ方法

b346fdc86d2c85965fee04adc79c0b82

爪は皮膚の一部でオシャレを楽しむ上でも外見的な影響も大きく、ケアすることは美容面だけでなく健康面を測るパラメータになります。

ネイルで変色する事もあるので手入れの行き届いた爪を維持する必要があります。栄養バランスが偏った食事をしていると、キレイになれない。家事をしているだけで簡単に割れてしまう事もあります。つまり、たんぱく質で作られている爪の美さに欠かせない大切な栄養素 なのです。

爪に適切な栄養素。

食事は牛乳、乳製品、酵母、大豆製品、全粒穀物、魚介類だけでなく、緑黄野菜、アボカド、ビタミンH(ビオチン)。これらは、爪の健康に役立つ素材です。

爪は怪我から指先を守ってれるので(定期的にケアが必要)また爪や指先に負担がかかってしまう事は極力避ける必要があります。

爪甲の平均の長さは、1.5cm。爪が1日に伸びる長さの平均は0.1 mmで、永続的に伸びると言われています。成長の速度は多くの要因に依存すると言われています。ちなみに成人と比べて子供の爪の方が早く成長することが知られています。また季節により爪の成長速度が違ってきます。

皮膚と同じたんぱく質カルシウムでも摂取していれば強度が増しそうだけど、実は皮膚と同じたんぱく質なんです。爪(ケラチン)というたんぱく質が変化しもの。栄養不足だったり、血行が悪ければ、ツヤやうるおいが失われます。

健康的な爪はピンク色で、ツヤがありますが、そうでない状態は体に異変が起きている兆候かもしれません。もし、爪が(爪甲白斑症)白っぽく見えたら、鉄欠乏症貧血、または肝臓疾患の疑いがあります。もろい爪は、不適切なケアやビタミン欠乏症、代謝性疾患の可能性があります。

スポンサーリンク

強い爪の作り方

爪を長く伸ばしていると、徐々に折れやすくなりますが、レモン汁に浸す習慣を付ければ丈夫な爪を作ることができます。

また爪の表面がボロボロで傷がある場合は、レモン汁を使うと強い爪になります。変色やしみを防ぐレモンに含まれるビタミンEが爪に浸透しキューティクルにしてくれます。使用頻度は朝・夕方に一日、1~2回レモン果汁に5分から10分ほど爪を浸す必要があります。

爪真菌症

爪の病気って怖いですよね。日常生活で良く使う手や爪の間には菌が潜んでいます。

何か見た感じおかしい!爪が黄白色に変化、剥離したような症状が出る事があります。一般的な問題の1つは、爪真菌症(そうしんきんしょう)と呼ばれる爪の病気ではポピュラーなひとつです。

足や手の爪に異様な症状が現れたら、皮膚科医に相談することが必要です。

爪のお手入れ

■爪を清潔に保つ上で最も大切なのは、指先を丁寧に洗浄ことです。可能な限り、一日二回、出来ればブラシを使うことにより、雑菌・細菌をきれいに落とすことができます。

■爪切りを使い終わりに清潔になるようにケアを行います。それから爪を切って長さを整えたあと、やすりで形を整えます。ちょっとしたささくれ、甘皮などの処理をして、最後の仕上げにクリームを使いハンドマッサージを行い血液循環を良くします。

■爪が薄くなったり割れやすくなったり、爪の状態が脆い時は、ネイルやマニキュアを控える必要があります。爪の健康を考えないで、あれもこれとやってしまうと、爪の病気になってしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする