野菜や果物に使用された化学農薬を取り除く方法

a1180_00964_m

化学農薬を取り除くことで、硝酸塩や農薬から部分的に回避することができます。野菜や果物が洗うというのも残留農薬を減らす方法の一つです。

野菜や果実に含まれている毒性の物質は様々ありますが、天然に存在するものから、人工的に合成されたものや代謝産物など、細かく分けると一筋縄ではいきませんが化学肥料にふくまれる硝酸塩に気をつけてほしいです。

硝酸塩を多く含有している野菜は、ホウレン草、小松菜、チンゲンサイ、ターサイ、大根菜、水莱、サラダ菜、春菊などで、2000ppmから6000ppm(100万分の1)程度含まれています。
少ないのは、サラダホウレン草、大根、キャベツ、キュウリ、人参、トマト、ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、さやえんどう、ネギ、玉ネギ、グリーンアスパラガス、ニラ、ナスなどで4ppmから400ppmです。

引用先:硝酸塩 心配な野菜、安心な野菜 安全な食べものネットワーク

硝酸塩についての詳しい情報は、農林水産省のページ『野菜等の硝酸塩に関する情報』で確認できます。

水でしっかり洗って食べる事も大切ですが、水を加えて加熱する調理方法が一番効果的です。農薬物質は加熱することにより水への成分の溶け込みを増加させます。農薬に含まれる一部の物部は、水に溶けやすい性質、揮発しやすいなどの特性を持っているので、茹でる調理方法は有効です。

■キャベツ、硝酸塩のほとんどは、外側のキャベツの葉や茎に含まれるので、廃棄しなければならない。

■ジャガイモに含まれる硝酸塩は、皮膚の下や塊茎に付くので、ジャガイモを煮沸したお湯に入れ下茹でが完了したらそのお湯を使用して調理しないで、新しい水を使用する必要があります。

■ズッキーニ、キュウリ、ナス系の野菜、一般にナスの栽培には、非常に多くの農薬を使用していますので、濃い色であれば、過剰供給硝酸塩を示しています。対策としては下茹でする、あく取りを行なうと良いです。

■グリーン、レタス、パセリ、ディル、ほとんどの化学物質が静脈、葉柄に蓄積しており、葉物の野菜は硝酸塩を吸収し、含む割合が高くなるので、お皿に乗せる前に、洗うことはもちろん、水に浸しておきましょう。

■トマトの皮には、より多くの化学物質が含まれています。流水で30秒ほど洗い流します。それでも不安なら約1時間、冷たい水に浸すと効果的です。

■梨やリンゴは、野菜や果物専用の洗剤でスポンジを使ってしっかり洗ってから食べると良いです。

■ニンジン、大根は、根や葉の部分に硝酸塩が含まれているので、調理する前に、それらを切り落としましょう。

有機栽培で育てられた有機食品を選んで購入するば良いですが、有機食品でも、化学的に合成された残留農薬などが含まれないというわけでもないので、必ず安全とは言えないです。

また有機栽培で育てているところは全体の生産量の1%以下となっており生産も少なく値段も高いですし、毎日購入できないので、調理する前に残留農薬を減らす方法を行なうことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク