ファッションにお金をかけずにオシャレを楽しむ方法

e2db881989092f81c61032127e789dad

体型が変わってしまい着れない服やもう年齢的にきつい、いらない服がクローゼットに溢れている。そんな洋服が数多くあると思うんです。

昔によく着ていた懐かしの衣装を取って置いていて邪魔になりませんか?その服をいらないからと捨てたり、古着ショップで売っていると思います。売ったとしても購入した時の一割未満の価格で売れたと思いますが、売ったお金で新しい服を買える程の金額ではないでしょう。

服を買う場所や好みによって違ってきますが、可能な限り、安くてお洒落な服がほしいと誰もが思う事です。ちょっと考えるだけで、服が安く購入することができます。

正直この方法は少しめんどくさいです。安いものを探す手間やそこで購入しなければ手に入らないなど多くの時間を投資する必要があります。またお気に入りの服に出会うために運も必要になってくる場合もあります。

たまにビンテージ物で値段がとんでもなく高い服にイライラさせられるが「マジでこんないいもの」がとお買い得な価格で売られています。そんな商品を発見すると、なんだかウキウキしてしまいます。着れな衣服をアレンジしたりすることもありますので、やりがいも生まれます。

スポンサーリンク

何年も着ていない服をクローゼットから出す

洋服をたくさん持っている人ほどクローゼットにまったく着ていない服が溢れていると思うんです。これを一旦全部出して、着るものと、もうこれは着れない、年齢にあった服じゃないなと自分なりにいらないポイントに分けて仕分けしてみてください。

改めてクローゼットを見直してみたら、いらない洋服をまとめましょう。これを行なわないと服が溢れてしまい新しい服を購入した時に新たなスペースが生まれませんし、汚い部屋になってしまうことも。

服を捨てるのがもったいない時の対処法

お気に入りだった、思い出がいっぱい詰まっていて、なかなか捨てられないなら再利用することをお勧めします。

例えば太っていた頃に着ていたズボンが今の自分にフィットしない際にハサミで切って、ショートパンツを作ることができます。お腹周りが入ればやってみて下さい。

とにかく、着れそうにないがTシャツにプリントされたデザインが可愛い、かっこいいな捨てるがもったいないと感じたらカットします。ステンシルという技法で、無印のショートパンツ/Tシャツの背面にプリントができます。これで、オリジナルの服が出来るという分けです。

2d98f44b38374b95cd68dc2e82286e59

次はデザイナーズブランドを自分で出品したり、業者に買い取ってもらう。日本のファッションビジネスの規模が大きく、ルイ・ヴィトン、ブルガリ、ディオールなどが人気です。

そのブランド力を生かして、服やアクセサリー(サングラス、靴、スカーフ、バックなど)持っているならブランド商品を買取専門に扱っているお店に売ります。

この方法はクローゼットを整理できるだけでなく、新しい服を購入する予算も十分に得られます。やり方はヤフオクやリサイクルショップを利用して、多くのお金を稼ぐことができます。最近では手数料無料や消費税も掛からないフリマ系のアプリなどで、簡単に売買できます。

オークション代行で有名なQUICKDOが手掛ける新感覚オークションサイト「セルクル」
商品を預けるだけで出品完了。今なら出品手数料0円キャンペーン実施中。

公式サイトはこちら

商品を企業側に預けると全部代行してくれるって、手間がかからなくていいですね。最近では、洋服に花柄、レースなど、70年代のハッピー&ヒッピー風のファッションがトレンドらしく、個性的な柄で売れないだろう。そう思っていても意外な値段が付くかもしれません。

dd8a2fceaf58b3cab627567395cc39ee

また自分ではサイズが大きく今は着れなくなっても他人なら着れますよね。友人や同僚にあげることも多いと思いますが、それ以外の方法もあります。ブランド物ではない服・靴・カバンなどを寄付することもできます。

例えば「グッドネーバーズ・ジャパン」のような慈善団体に寄付することができます。内戦や貧困で着る服に困っている人が世界中に多くいます。そのような状況の人達の手助けがしたい人と思っているなら着なくなった服を途上国に送ることが可能です。

ただ何でも送ればいいという分けではありません。

寄付を募る団体の条件をよく確認する必要があります。例えば服が破れていたり、汚かったりすると寄付を募る側が困ってしまいますよね。傷みや汚れのない状態をしっかり確認したり、清潔に保つために一旦洗濯するなどの対応が大切です。

条件は団体のホームページに記載されていると思うので、チェックしてみて下さい。

古着だけを取り扱うショップを探す

764469d73562281d9d22594875dae471

fripie」は、全てused品だけを取り揃えて全身コーディネートが2,800円~から購入できる古着ショップサイトもあります。

地域によって、古着店舗の数は違ってきますが、ディスカウントストアと中古品を取り扱うお店があると思うんです。

行ったことがあるお店や知っているけど訪れていない各店舗を訪問することをお勧めします。お店の中はガチャガチャしていることが多く、ほしいものを探す時は少しイライラしますが、ステキな商品が見つかるとテンションが上がります。

リサイクルショップは常に商品が回っているので、昨日欲しいものがなかったけど、今日訪れてみると探していたものが見つかることが多いです。なので、何度も足を運ぶことが大切です。欲しいものがなかった場合は、お店のスタッフに相談すると在庫が入荷して際に連絡をくれるサービスを行っていることも。

中古品なので、いくつか注意することがあります。値段が高い電化製品の場合は保証が付いていることが一般的ですが、もともと誰かが使用していた服は物凄く安く売られている事が多く、通常「古着」は返品・返金不可です。

誰かが着ていた服なんて着られないと躊躇してしまいますよね。中古品の購入無理!という方はディスカウントストアの服をゲット!普通に着ていても問題ない新品だけど欠陥や少し汚れが影響して、正規の値段の半額以下の服を購入すること可能です。

少しの汚れや傷なんて、気にしないわよ!という人にしてみたら半額で服が買えるということは、最高のお得な情報ですよね。

衣料品を多く取り扱っている「ディスカウントストア」を訪れることをお勧めします。理由としては、在庫処分をやっていたり、お馴染みのブランドが安かったり、いくつかは他の商品よりも低価格・高品質な場合もあります。

特売広告を見つける

主婦が聞いたらすぐに飛びつきたくなるようなキーワードですよね。特売広告を見つけるには、お気に入り店舗だけじゃなく、普段訪れないお店に通うことが重要です。

特売セールを毎日の様にやっているところはなく、色々なお店を訪問しなければなりません。また運も必要になってきます。しかし、個人的な研究によるとデパートやショッピングモールの中にあるショップを回ってみることをお勧めします。

なぜならほとんどのお店では最低2ヵ所に特売セール品が売られているからです。安い物を目的に買い物するのが恥ずかしいと最初は躊躇してしまいがちの方もいると思いますが、お金を貯めるためだと自分に言い聞かせるとなんの問題も生まれません。

安く物を買う方法を研究していると賢い買い物ができたと自分に自信が付きます。また周りの家族やお友達に情報を教えてあげることで、身近な人が幸せになります。

インターネットを活用する

お店の中を歩き回ったり、いくつも店を訪れると精神的・肉体的にも疲れてしまいますよね。そんな時に私たちを助けてくれるのが、インターネットです。ネット上では通常では考えられないような値段の服が売られていたり、セールなどの割引されたお店が多くあります。

例えばアマゾン、楽天、ヤフーなどが一般的ですが、それ以外にも少し探せばあまり知られていないウェブサイトを見つけることができます。グーグルの検索機能に服のブランド名や種類を入力し、検索します。でも、お気に入りの店ではなかったものがネットのお店に必ずあるとは限りません。そんな時はオークションや衣類を専門に取り扱っているお店を探す必要があります。

オンラインショップでは実際に服を触ったり、試着ができないですよね。なので、いくつか注意しなければいけないことがあります。

注文するサイズがぴったりだとは限りませんので、多かれ少なかれ試行錯誤しなければいけません。だから自分のウエストラインやヒップラインをしっかり測り確認することが必要不可欠です。

コートならあまり問題なく着れても、サイズが予測不可能なジーンズやパンツのような商品は事前にメモに書いておくと安心して購入できます。

家計の負担にならない程度の送料なのかをチェックしましょう。

実際の店舗なら送料は掛かりませんが、オンラインショップを利用すると購入者に商品を送らなければいけません。離島など運賃が高く付く地域にするでいる方なら送料無料のショップを利用することも大切です。

セキュリティをしっかり行ないましょう。

多くの人が毎年オンライン購入時にクレジットカード情報が抜き取られる盗難事件が起きています。自分は関係ないと考えてしまいがちですが、誰でも起きることなので、注意が必要です。

またオンラインショップを利用するには必ず会員登録が必須です。だから個人情報の入力ミスがないようにしっかり確認したり、利用するサイトが安全であることを確認してください。

商品が届いたらクレジットカードの請求書を確認してください。料金について問題があった場合や商品にトラブルが起きたときに返金することができます。

このようにネットの買い物は少なからずリスクがあることを頭の片隅にでも保管しておいて下さい。

お役立ちヒント

■安いものを探すためには手間や時間が必要です。

■他の店で売られていた商品と比較できるようにメモを取る。

■ほとんどの古着ショップは値引き交渉が可能ですが、現金払いが一般的です。

■キャンペーンやセール日のチェックやクーポン利用を忘れない。

■服にお金を掛けたくない方は縫い物を学ぶと良いです。なぜなら縫い物が上達すると自分好みの服が作れることはもちろん、自分で製作した服を個人で、ネット販売が行えます。副業になるかもしれないという分けです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする