少しの幸せを手に入れるために嫌な気持ちを解消する方法

日常生活を送っていると何度か嫌な出来事が起きてしまいます。気分が悪くなるような出来事は個人的な努力と行動によってどうにかできるようなものではないと言います。起きた物事にイライラしたり、落ち込んだりしたままだと精神的につらいですし、物事をネガティブに捉えてしまいます。そんな時に気分が変われば少なからず、良い方向へ物事が進むと思うんです。

私達の気分は、刻々と状況によって変化して行きます。
気分がブルーな時にやってみて損しない、科学的に証明された方法が役に立ちます。これは完全に嫌な気分を取り払うものではなく、少しの幸せを感じるように役立つものだと考えて下さい。

笑顔が幸福をもたらす

笑顔には心身ともにさまざまな効果があると科学的に分かっています。ミシガン大学の調査によると笑顔でいるとポジティブ思考になり、幸福が得られると言う。しかし、意識して作った笑顔はダメ!例えば相手の精神状態をコントロールするために人前で常に笑顔でいると感情的な消耗につながるという。

嫌いな人の前でニコニコ笑顔でいたり、無理に相手の感情を自分に引き付けようと必死にでいると精神的に疲れるというのと一緒かもしれませんね。

YouTube Preview Image

しかし、別の研究では笑顔をつくることも大切みたいです。相手に良い印象を与えるだけでなく、怒りをすぐに抑えた時や沈んだ気持ちを打ち消すらしいです。

笑顔が常にポジティブな気持ちを保ってくれる、さらに笑顔には見知らぬ他人を巻き込むほど連鎖するため周りの人達も笑顔に釣られて、ニッコリとなるという分けです。

少しでも嫌なことがあったら笑顔を意識することで、日常が華やかになるかもしれません。

笑顔も幸せな気持ちを生む

よく面白い事を見たり、聞いたりすると腹筋が痛いほど笑ってしまう経験が誰でも一度あると思いますが、それが幸福に繋がるらしいです。

なぜ笑うと幸せを感じるかというと、無意識に新鮮な空気を吸い込んで、その酸素が心臓、肺、筋肉を刺激し、幸福物質のエンドルフィンの量を増加させている分けです。笑いは、ストレス対処方法になり、心身ともに穏やかな気持ちを生み、リラックスした状態につながります。

また定期的に笑っている人ほど免疫が高く健康的だということも分かっています。また笑いは痛みを和らげたり、最悪な気分を改善ことに役立ちます。

スポーツは人を幸せに導く

楽しいことをやっているとエンドルフィンを発生しやすいと言います。
そんな幸せを呼ぶと言われている、エンドルフィンは運動することでも出ます。誰でも簡単にスポーツを例に挙げると、ウォーキングやジョギングを行なうとβエンドルフィンという脳内物質が分泌されます。

これは運動することで、ストレス解消、集中力が高まり、動いたまま瞑想状態になることも可能だという。例えば座って物事に打ち込むより、運動している時の方が精神的に集中力が高いという分けです。

定期的な運動をすると日常生活で幸福感を感じやすく、健康や仕事にも影響を与えるだけでなく、ボケや物忘れ防止など防止色んな影響力を持つ運動だから普段から行ないたいですね。

楽しい音楽を聴く

研究科学が証明したすぐ幸せになれる16の方法の一文に楽しい音楽を聴くと幸福感が得られるという。

楽しい音楽を聴きながら、みんなで力を合わせて何かに取り組んだ学生は、幸福感と気分の高まりを経験したという。これは、2013年版の『The Journal of Positive Psychology』誌に掲載された小規模な研究で報告されたことだ。

結論を言うと、楽しい音楽を聴くと、そこから発生する喜びと幸福の感情が増すという分けです。これは体感的になっとくできますね。

犬と遊ぶ

犬との触れ合いにより発生する、いわゆる癒しは、幸福の一種だという。犬と遊んで楽しい気分になっているのは、脳内でエンドルフィンが分泌され、幸せを感じるからです。また喜びと幸福に関連する左脳の活動が活発に働くみたいです。

犬が飼えない遊べないという人は、犬カフェを利用することができますし、毎日いつでも気分を向上させることができます。また最近ではアニマルセラピー犬と触れ合える珍しいカフェもあります。仕事のストレスにイライラしたり、ネガティブな思考になった時に犬と触れ合ってみて下さい。

昼寝

昼寝が毎回できるような職場なんて、少ないと思いますが、お昼寝は精神面に良い影響を与えます。
昼寝をせずに一日中働いた人は、ストレスが溜まりやすいという。昼寝をしてない人としっかりと昼寝をした人を比べて、昼寝を一切とらず、一日中働いた人は仕事終わりの不安感やイライラ度が強まることが分かっています。

私たちの選択のすべては、扁桃腺という部分が物事の好き・嫌いを判断し、海馬によって、記憶していることを要る・要らないと判断された記憶の2点にとって決定されています。睡眠不足でなければ、これがしっかり働きネガティブ思考になりにくいですが、睡眠不足や不眠症が続くと海馬と呼ばれる脳内の部分がネガティブな意味合いを持つ言葉を記憶しやすいという研究もあります。

これらがネガティブな思考の原因となり、ストレスが溜まり、コミュニケーション能力さえも低下させることにつながります。まとめると睡眠不足は、自分にとって、良いことを忘れて、悪いことを覚えやすいという分けです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク