危ない虫刺されの対処方法

a114854goa5m

夏になると増える「虫刺され」おだやかな陽気の公園、森林、海などの場所は安全ではないことを忘れてはいけない。さまざまな虫の活動も活発になり、子供から大人まで虫に刺される危険も多くなる。「虫刺され」対策や身を守る方法について紹介します。

スポンサーリンク

虫刺され対策

しかし、虫にさされた子どもたちが痒いと感じて、強く皮膚を掻くと多くの場合、じんましんのようになることもありますし、掻くと広がったり、毛虫などの毒針毛が広がり症状が悪化する恐れもある。そのため、特定の部分を刺され化膿性炎症を引き起こす場合があります。蚊に刺され、蚊アレルギーになったりしてしまいアトピー性皮膚炎の悪化を引き起こすこともあるということです。

これら危険を避けるには、子供の手を清潔に保つことや短く爪を切ることが大切です。

これらの措置を取ることで、もし虫にさされ掻いてしまっても感染の危険性を低減させることができるという分けです。

子供がかゆみを訴えた時に適切に対応することが大切です。虫に刺されたら、かゆみがある部分を中心に洗い流して清潔にする必要があります。毒のある毛虫に刺されたら粘着性があるセロハンテープなどを使用して毒針を取り除くことが大切です。

かゆみを鎮める薬は多くの手段があるので、市販の湿疹・皮膚炎の薬を選びましょう。

夕方の散歩中に、虫よけスプレーを使用しています。子供たちが使用しても大丈夫なものを選ぶことが大切です。確認方法は販売元のホームページ、ドラックストアの薬剤師さんに購入する前に尋ねるようにしてください。

刺す虫に気をつけた

■ミツバチやスズメバチ
多くの場合、毒針が皮膚に残り、その後炎症を引き起こす危険性があります。刺されるだけでなく、発赤、腫れや痛みが強烈だけじゃなく、最悪の場合「アナフィラキシーショック」を引き起こすこともあり、生命に危険な状態になってしまう。アレルギー反応が強いと意識障害が起こるので、急いで病院に連れて行く必要があります。

もし、ミツバチに刺された場合は、すぐに刺された部分に残った針を早く抜く必要がある。2本の指を使い針を抜くことはダメです。指を使うと抜くことに失敗してしまい毒を押し出してしまうことになり、皮膚に残る場合もある。毛抜きで抜くことをお勧めします。

刺された部位を洗浄し、氷を使い冷やします。その後ステロイド外用剤を使用して腫れている部分の炎症を抑えることをおすすめします。

スズメバチは環境の良い場所に巣を作る習性があるので、木造建築の住まいの方は、定期的に点検してください。巣を見つけ際に、自分で蜂の駆除しようと考えないで、専門の業者に依頼しましょう。

■アブ
アブは湿った場所を好みますが、スズメバチとミツバチと比べると刺された時の苦痛は少ないですが、刺されると強い痛みを感じ、赤い発疹があらわれ、かゆみが出る特徴があります。症状としては炎症、時には化膿傷を伴う。

対処方法として、すぐに水と石鹸で洗い流し、抗ヒスタミン薬とステロイド成分を配合している外用剤を塗ることで、症状を緩和できます。

外用剤がない場合の応急処置として、強い度数のお酒を使います。例えばウォッカと重曹を溶かして、そこに浸したガーゼをかゆみが伴う部分に当てる。

これらの昆虫は、カラフルな色が大好きです。そのため、刺す虫が発生する場所に出かけるときは、長袖とズボンを持つ子どもに薄い色の衣服を着用してください。

■ダニ
ダニは多くの場合、噛まれた箇所が炎症の原因となる。肌に食い込むダニは皮膚の柔らかい部位を刺して体液や血を吸う特徴があります。ダニ媒介で起こる感染症が恐ろしいです。性脳炎、ライム病といった、怖い感染症の媒介でもある。

ダニは、腕の内側または脚に貼り付いている場合には、それを完全に除去する必要がある。指を使わないで、ピンセットなど確実にダニを捕獲できるものを使い、慎重に除去することが最も合理的です。

かゆみや細菌対策のために、抗生物質が配合されたステロイド外用薬を使用することをお勧めします。

通常ダニは、森林や牧草地などの草の中に隠れる。そのため、ダニがいるような危険な場所を歩く場合には服装などに注意を払い徹底的に準備します。ジーンズなどのタイトなパンツを着用したり、長袖のブラウス、帽子を着用しましょう。草が生い茂る場所から出たら、頭からつま先までダニがいないかどうかを確認してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする