カルシウムの不足を補う方法

2fffafc3e2934766947c7b2bde893a7d_m

高齢になると健康が気になってきますよね。特に年齢を重ねてくると骨に不安を抱える人も多いと思うんです。

TVの健康番組を見ていると高齢者がちょっと転んだだけで骨折したり、最悪「頚椎を痛めてしまい」歩行困難、寝たきりになることもあるそうです。

年齢が若いから大丈夫と考えていると骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になることも。だいぶ昔に見た記事に記載されていましたが、夜の仕事の人がバランスの悪い食事や太陽の光に当らない生活を何年か送っていて、ある日、転倒してしまい20代という若さにも関わらず寝たきりになったそうです。

将来、骨粗鬆症になってしまい歩行が出来ない身体になってしまうと考えるとゾッとしますよね。そうならないように普段からカルシウムを摂るようにしたいと思うはず。

スポンサーリンク

長寿の鍵はカルシウム

私達のカラダを支えてくれている「カルシウム」は誰でも知っていると思います。これは体内に必要なミネラルの一つ。十分な知識を得るために何をするべきか?そんな疑問でいっぱい!カラダにカルシウムを補給する方法を書いていきますね。

健康的な体であること前提ですが、体内のカルシウム不足を改善するためにできることがいくつかあります。基本的なカルシウムの役割は、健康な骨と歯を作ります。

骨が丈夫だと骨折のリスクが低くなり、歯が丈夫だと食事がしっかりできますよね。したがって、長寿につながります。

健康的に長生きするために重要なことは、長寿と生活の質です。年老いても足腰が丈夫だとスーパーに買い物行けますし、階段もサクサク歩くことができるだけでなく、旅行、趣味にもアクティブに行動できるという分けです。

カルシウムの不足を補う

■市販のカルシウムのサプリメントで補うことが可能です。サプリの値段は、まちまち高いものがあれば安いものがあります。どれを選び服用するかは、自分次第ですが、これから年老いていくカラダを健康的に保つために必要な投資と考えれば安いと思うんです。

カルシウムの薬剤は、体内で効率的に吸収されているので、カルシウムの不足を補うことができます。カルシウムの吸収に加えて、仕事が忙しくてバランスの良い食事が摂れないという人にしてみたら手軽に補える点が嬉しいポイントです。

■乳製品はカルシウムが豊富だと誰でも理解していると思います。結局のところ、子供の頃から給食に必ず付いてきた「牛乳」でカルシウムを補給していますよね。

しかし、毎日の様にたくさんのチーズや牛乳といった乳製品を摂取すれば良いというわけではありません。

ある研究では長期間、必要以上に乳製品を摂取していると癌や骨粗しょう症などの疾患を招くことが分かっています。一人当たりの牛乳の消費量が多い国の多くでは骨粗しょう症の発生率が高いという。

牛乳と骨粗鬆症によると乳製品をたくさん摂取すれば骨粗鬆症を防げるということが、疑問視されています。

骨折が多いのはノルウェー、スウェーデン、デンマーク、ニュージーランド、イギリス、アメリカ、フィンランド、イスラエルでカルシウム摂取量と骨折発生率の関係をみると、カルシウム摂取量の多い国ほど骨折が多いという結果になった。

一体どのくらいカルシウムを摂取すればいいの?よく考えれば分かりますが、乳製品以外の食べ物にもカルシウムが含まれていますよね。普段の食事に加えて、カルシウムを余分に摂ると弊害が生まれるわけです。とにかく過剰に摂取しないためにも一日牛乳をワンパック飲むという考えを捨て、一日コップ三杯ぐらいに押さえておくと良いそうです。

カルシウムを過剰摂取しないために覚えて起きたい知識

乳製品が苦手な方は野菜だけでもカルシウムが補えます。

毎食、食べている野菜の多くにカルシウムが豊富に含まれていることを理解しておくと何かと便利です。カルシウム単体だと体内にあまり吸収されませんが、野菜に含まれる「マグネシウム、ビタミンD」はカルシウムの吸収率を高めてくれます。

豆腐、豆類、ほうれん草、白菜、ブロッコリー、コリアンダー、ゴマ、藻類や海藻、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ピスタチオなどがカルシウムが豊富で家庭でも手に入りやすい食材ではないでしょうか?

カルシウムの効率を高める栄養素

カルシウムだけではあまり体内に吸収されないと言われています。そのため、カルシウムの効率を高める栄養素が大切です。

カルシウムを効率よく吸収するにはマグネシウムとビタミンの二つの栄養素が不可欠です。
ビタミンDは、脂肪の魚(サーモン、サーモン、ニシン、サバ、)などから豊富に摂取できます。またマグネシウムは、ナッツやや豆類に豊富に含まれています。

カルシウムの効率を悪くする生活習慣

■塩分を大量に摂り過ぎるとカルシウムの効率を悪くします。ナトリウムは体内のカルシウムの溶出を促進します。塩分を摂らないようにしましょうという意味ではありませんが、塩辛い食べ物、味噌、醤油、漬物などを控えて、栄養バランスが良い減塩食を食べることをお勧めします。

■コーヒーの摂り過ぎもよくありません。
毎日の様にコーヒー2杯分以上に当たるカフェインを摂ると骨からカルシウムを失う可能性があることが分かっています。それだけでなく、デメリットの特性がいくつかあります。例えば、ホルモンバランスが不安定な状態になり、イライラしたりします。なので、コーヒーの代わりにお茶や健康ドリンクを飲むと良いです。

■動物性タンパク質(肉、魚、乳製品)の摂りすぎも注意が必要です。お肉と乳製品を大量に摂りすぎてしまうと体内の酸性化を促進します。それだけでなく、カルシウムの排泄を促進します。可能な限り、肉中心の食生活を改善し、野菜を摂るようにすることが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする