ヨガマットの選び方

d65b8385ad0202df0b9b54d

ヨガを始めようと、最初に必要になってくるアイテムがヨガマットです。

これらの特徴は激しく動き回ってもマットがズレない粘着性と、皮膚や筋肉に負担をかけないクッション性があります。
素材や種類も多くあり、カラーバリエーションも豊富に揃えられます。
ヨガマットを選ぶ時は、自分の心に問いかけて用途に応じて優先度や好みを重点に考えましょう。

色とサイズを考えたら、次にヨガのポーズを行っても安定性を保てるマットが必要になります。
マットの下地が不安定な場合、どんなに値段が高く、デザインが優れていても快適にヨガのポーズが取れないです。
だから環境に応じて、いくつか配慮しなければ後で、買い足しというめんどくさい事態になります。
マットの厚さや、肌に触れる表面上の質感など人それぞれの好みがありますが、特に「ズレ」ない事が一番重要になります。
健康のためにヨガを始めたけど、マットがズレてしまい転んで怪我を負ってしまったら、最悪です。

私がヨガマットを選ぶ時に気を付けている点は、長く使えるか、粘着性が強い、価格に見合った物を選択しています。
自分にピッタリなヨガマットを見つけると、ストレスなく身体を動かせるので幸せになります。
実際にお店で選ぶ時の参考になることや、インターネットで購入する時に役立つ情報になれば幸いです。

スポンサーリンク

厚さ

これが一番重要なポイントになります。薄すぎるマットは、膝の半月盤を痛める可能性があります。だからこそヨガマットの厚さが大切です。不安なくトレーニングに打ち込む事を考えたら、薄いマットを選ばない事です。
何度も言いますが、床にフィットする粘着性が強いタイプは、グラグラしませんし、難しいポーズをやってもケガのリスクが最低限になります。

ヨガマットの厚さはこうして選ぶと失敗しない

最も厚さがない薄いヨガマットの厚さは1mm~6mmです。一方で、あまり動かないタイプで厚さも標準的なタイプは4.5mm~8mmになります。これは、一般的に上半身や下半身の動きが最小限のヨガに向いたマットだという事です。全身運動を行うヨガに向いたマットの厚さは、8mm~12mmになります。また薄ければ持ち運びに苦労しないという利点があります。簡単に折りたたみができたり、ヨガバックに収納しやすく重さもあまり感じません。

購入する前に検討する事

とりあえず、初めに床とマットのフィット性が高いタイプを選んで、実際にこれは、いい感じだという事を体験してみて下さい。快適なヨガライフを送るには、デザイン性より質が大切です。またヨガマットを収納するスペースも確保しましょう。あまりにもサイズが大きい場合、折りたたみが大変ですし、ヨガ教室に持っていく時に苦労します。お家でヨガする行う場合は、厚さが十分な8mm~12mmのマットを選び、スタジオなどに通う場合は、4.5mm~8mmのマットを選択すると、幸せになります。

これも人それぞれですが、膝に違和感があると感じた場合はクッション性が良い分厚い物を選択し、全く気にしないよという方は標準的な物十分です。ヨガ教室に通う予定がある人は、ヨガマットを収納するバックを購入する必要も出てきます。収納ケースがいらないという方は、折りたたみ式のヨガマットを選ぶと良いです。

2801ddd7c9f3445471c087c 1c4a97a56c1ab6a48889a 44fbc7b7809890cec05a9
8mm~12mm 4.5mm~8mm 1mm~6mm

素材選びの決め手

ヨガマットがどのような素材で作らているのか?これも十分に検討したい点です。なぜなら質感、弾力性、耐久性が関係しているからです。長くヨガをやっていると、使用回数によってボロボロになりやすい物や、損傷が低いタイプなどが出てきます。ちょっと、マットが痛むだけでヨガに集中できなくなります。それだけ、素材が重要になります。

基本的な素材

一般的なヨガマットは、PVC(ポリ塩化ビニール)性で作られています。初めてヨガをやる人が、値段を考慮して買う場合もっとも手軽に買える物に使われています。環境に良く、お肌にやさしいタイプは、天然ゴムとオーガニックコットン麻(ジュート)など植物由来原料だけで作られています。これは合成仕上げで処理されていない分、値段が高いのが特徴です。

使用用途で選ぶ

何らかのアレルギー持ちという人は、使われている材料に気を付ける事が大切です。とにかく、買い替えを考えない、安く長く使うことを優先したいという考えをお持ちの方は、PVC(ポリ塩化ビニール)原料で作られているを選びましょう。
もう最初から耐久性や質感重視でこだわりたいという思考の持ち主は、高級志向の天然ゴムとオーガニックコットン麻で作られたヨガマットを選択肢に入れてもいいです。

後者は管理が大変なんです。湿度や直射日光にも弱くお手入れの頻度が多くなります。それを除けばメリットだらけです。

まあメーカーによって違いがありますが、管理を徹底すればどちらも長く使えます。

滑り止め

ヨガマットの下地についているデコボコの滑り止めです。マットに乗って様々なポーズをしてもマットが動かないために必要です。足に元が滑らない質感と同じく、下地が滑らないこの両方を大事にしたい。粘着性が高い場合、物理的にどんな動きにも耐えられるという事につながります。
そのためにヨガを快適に行う事を考えると、全体的に良質な物を選びます。

デコボコにも様々種類や、サイズがあります。ちなみにPVCマットは裏面もしっかりと滑り止めが効いていて、柔らかい感触の物が多い印象です。天然ゴムとオーガニックコットンで作られたマットは、人口で作られたような感じが微塵も感じられないぐらい自然なものが多いです。個人的にデコボコ感が少ないと感じています。

究極の滑り防止しとは

一概に言えませんが、マットの裏地と表地がしっかり別々の滑り止めが効いているものほど優秀です。裏面だけ加工された滑り止めが施されているより、表面も滑り止めが付いていた方が汗を掻いても、滑らないです。

これはほとんどの場合、値段が安価なPVCマットに見られない点です。表裏に別々の加工を行っているのは、天然ゴムを使用した地球に優しいリサイクル可能なマットに多く、機能面でも満足できます。

私はまだまだ何個もヨガマットを持っていないので、どれが一番いいよと声を大にして言えませんが、分かってることは、表面や裏地に滑り止めが付いているのと、付いていないのでは使用感が全く違うという事です。

私の経験上「汗を掻いても滑らない、激しく動いてもマットがズレない」の二点があれば不満はないです。プロも絶賛!一生もののヨガマットなら【MANDUKA】で長くよりよいマットが見つかるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする