お肌の気になるポイントにピタと塗る「コンシーラー」のコツや選び方

普段クマやシミを隠すために使う感覚でしかない。コンシーラーは、意外に知らないことが多い。

コンシーラーは、疲れた顔を明るく変えてくれるアイテム!お肌の目立つシミやクマカバーし、目の下の疲れた印象を消し去り、見た目の美しさに導きます。

正しく使用しないと、顔色を悪くみせてしまう場合もあり、女子力低下の元になってしまいますので、コンシーラーの紹介も含め役に立つような情報をまとめてお伝えします。

スポンサーリンク

そもそもコンシーラーとファンデーションの違いが曖昧?

5ga7h5ei4kb9UM

コンシーラーは、肌トラブルの欠陥を隠すものですが、ファンデーションと異なり、目立ってとても気になるシミや炎症を隠す装飾的な手段として使います。

コンシーラーのタイプは大きく二つに分かれます。ペン先や使用感が柔らかいタイプと固いタイプと分かれています。

また形や色もさまざま、使う用途に応じて使い分ける必要が出てきます。

どのような形状のコンシーラーを選べばよい?

uc458ah5aagr4m6tx4

化粧品売り場の棚にはたくさん販売されています。その中から自分のお肌に最適なコンシーラーを選ぶために必要なことがあります。

■ニキビを隠したい?目の周りのクマが気になる? 時には傷跡やあざが出来る事もある?

この様にお肌のトラブルや隠したいことがいっぱいありますよね。肌に合ったタイプのコンシーラーを選ぶことによって、上手に目の周りのクマやシミを隠すことができます。

ペン先が筆やチップ状のものは簡単ににきびが目立つ箇所や周りに塗るのにとても便利なので、にきびを塗り隠すなら鉛筆コンシーラーを使用してください。

液状の柔らかいタイプは目の周りのクマなどを消すのにとても役立ちます。上手くキレイに消すには色選びも欠かせないので、オレンジ系やイエロー系のコンシーラーを選びましょう。

固いタイプは、シミ、にきび、ほくろなどを消すのに大変便利に使えます。自然な肌のトーンに合わせた色合いを選び軽いコンシーラーを使用します。

自然な肌のトーンと言われても方は、パレットタイプを利用して、自分なりに
うまく自身の肌に合わせて調合すると、キレイに消す事ができますよ。

とにかくひどいクマの黒ずみやシミを隠したいが、自分で何を選べば良いのかわからないならこれがお勧め!

セレクト モイスチャー カバー

ジーエー フィットコンシーラー NB

スーパーベーシック リキッド コンシーラー

セレクト カバーアップ

ダーマカラー パーフェクトコンシーラーパレット フェイス用

この中から肌の質感や色合いなど用途に応じて、使えば良いです。

手順を間違うと乾燥がひどくなることも

いくら下地をしっかりして、お肌のトラブルが隠せたとしてもお肌を守るために必要なスキンケアをやっていないと、ひどい乾燥肌に悩まされたり、余計に皮膚が荒れることもあります。

そうならないために正しいやり方を学びましょう。

どのようなタイプのコンシーラーでも、顔を清潔に保つ必要があるので、ほこりなどの汚れを洗い流し、保湿効果が高い化粧水で事前にケアしておきましょう。

お肌をしっかりと潤すしたなら次に、保湿が高いクリームを使用して、じっくりと保湿成分をお肌に浸透させる必要があります。

肌トラブルに後悔しないように日頃から美肌づくりが大切ですね。

赤ら顔・シミ・クスミを自然な肌色へ導く

YouTube Preview Image

目の周りの黒いクマをを消して健康美人に!コンシーラーを軽く目の下に間隔をあけて塗ります。(もちろん、化粧の前にスキンケアを忘れずにしましょう)

コンシーラーを塗る場合はブラシや指先に付けて使用してください。鼻の周りの内側コーナーから外側のラインや気になる箇所を重点的にやります。お肌にコンシーラーを使っても明らかな変化がないようなら自分で色を調節する必要があります。そんな時は(パレット)が便利です。

赤い斑点や炎症を起こしている皮膚を重点的に塗っていきたいですが、コンシーラーを無理にたっぷり使ったり、強く塗りこむ必要はありません。単純にコンシーラーを指やブラシの先端に付けて軽く撫でたりするだけで十分です。

強めにやってしまうと余計に肌が傷ついて、さまざまなトラブルの元になります。

まとめ

コンシーラーは困った肌トラブルを重点的に隠すことができるので、年齢問わず気になる部分に使えるので、便利なものですね。

今の暑い季節の夏はまだマシかもしれませんが、女性は特に冬になると気になりだすのが“赤ら顔”と呼ばれるものです。

しかし、生まれつき敏感肌で肌の赤みがある方や季節や気温の影響によって、頬や鼻のまわりが色濃く染まったように赤くなる症状の赤ら顔の方もいます。

そんな方にお勧めなのが赤肌をいたわるビタミンが配合された「赤みかくしスティック」タイプのメイク用です。デザインもシンプルなので、男性が持っていても気になりません。

アボガド油が赤みの部分に働きかけて、赤みの原因へアプローチし肌のリズムを促して、自然な肌の状態へと整えくれるというものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする