仕事の効率を落とす「ドライアイ」を避ける方法

a0002_0184851_m

仕事の途中に目に刺すような違和感を感じたことはありませんか?

目が乾いた感じがしたり、目を何度もぱちぱちしてもショボショボする場合はドライアイかもしれません。

このドライアイは眼球の表面が乾燥しすぎたりすると涙の量が減ったり涙の質が低下する、とくに嫌な感覚は角膜に傷がついて痛みを感じるときです。

最近ではパソコンやスマートフォンを長時間使用することが原因に挙げられています。ドライアイは若い人でも油断ができない目のトラブルのひとつということです。

画面を見るからドライアイになるという分けでなく視線が固定されることで、見すぎたり、長時間、画面に集中することがまばたきの回数を減らし、乾燥に繋がることが大きな原因になっています。

通常なら目が乾燥しないようにしっかりと眼球の表面をカバーしなければならないのに目の渇きや疲れを招く行為を続けていることがドライアイの症状を招いています。

「まばたき」しないと目にどのような症状が起きるかと言うと目の潤いがなくなり乾燥することで、目を保護できなくなることが、病原菌が繁殖しやすい環境になり、目が赤い、目がかゆい、目が重たいなどの症状が出るなどさまざまです。

簡単にできる対策はコレ

まばたきする!
あなたがオフィスワーカーならPCを使う場合にまばたきを意識的に行なうだけでも改善できるかもしれません。

まばたきをすることで涙腺を刺激できるので、乾燥が防げます。意識的に無理でも気がついた時でだけでも、やるとやらないとでは全然違ってきます。

眼球の表面は常に水分が蒸発しているので、一息ついたときに瞬きするようにしましょう。

職場の環境が乾燥しやすい場合は、種類豊富になる、温マスクなどを利用することで、目の周りを温めことに繋がり、目の疲れをやわらげることができます。

乾燥しやすいオフィス環境だけでなく、生活習慣も目の乾燥を引き起こすことも例えばストレスが溜まり精神的に不安を抱えていると自律神経が乱れ、涙の分泌のバランスが崩れ乾燥になります。

なので、日ごろからイライラやストレスを溜めないようなライフスタイルを送るようにすると改善できるひとつの要素です。

またあまり乾燥していると感じなくても加湿器やエアコンの設定を上手く調節しながら室内の乾燥を防ぐのもいいでしょう。

この単純な方法だけでも試してみる価値はあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク