ハンドケア

28143084f4341e0bb7ef4c5834f69e31

動物も手足をグルーミングするように人間も健康な爪や美しくソフトで滑らかな手肌を維持する必要があります。

手荒れは女性の問題だけではありません。美容専門サロンに頻繁に通えば手の健康と美容に関連した幅広いサービスを受けれます。しかし、経済的に余裕がなければ頻繁に通えません。

ネイルケアとハンドケアのコツを掴むだけで、サロンと同様の効果が自宅で簡単に行えます。

お肌を柔らかく健康できれいにしたい願望がある。プロに任せた方が楽ですが、自分で普段から手をケアしなければならない時もあります。

スポンサーリンク

ハンドケア

■お湯をあまり使わないようにする。これは皮膚の脱脂現象が起こり皮膚が乾燥します。特に冬場に頻繁にお湯に浸かった状態は乾燥して荒れたお肌を作り出してしまいます。お肌オフ冷水および皮からタフ取得します。ぬるま湯で手を洗ってください。

■手を美しく見せることを考えると、冬場はハンドケア手袋をお家でもお外でも付けてハンドケアする。

■紫外線が皮膚や乾燥した手を傷つけるので、手に日焼け止めを塗る必要があります。

■肘の皮膚は、予想以上にカサカサになりやすくなります。謎のブツブツができていたり、色合いが醜い状態になっていることがあります。皮膚をしっとりさせる効果が期待できるエッセンシャルオイルと植物油を用意します。それぞれ適量ボウルに入れて、温かい湯をはります。肘を5分間湯に浸し、その後、軽石で肘をこすります。

■シャワー中に、肘を軽石こすり、最後に保湿クリームを塗ってケアします。

■香りが強く、合成界面活性剤・合成防腐剤等が配合されたタイプは使用しないでください。

■週に一度か二度、古い角質や余分な角質をこすって落とす。これにより、化粧水などの保湿剤を使うと、透明感・潤いを叶える成分が皮膚に深く浸透します。顔用のピーリングクリームを使うことができます。

ハンドクリーム・マッサージ

ハンドクリームローションを塗り手袋をしてから朝まで眠ると、お肌が柔らかく、プルプルになります。

ハンドクリームを少し手にとり、手全体に広げます。手首から指先の方に向けてゆっくりと押し広げてマッサージします。この時に痛みや疲れを取ると言われる「ツボ」を優しく押します。沈めるように押すようなイメージえ行うことが基本です。

ボディマッサージブラシを使う方法もあります。温かい水を流しながら柔らかいブラシ(使用済みの歯ブラシでもいいです)手の甲をマッサージします。その後、クリームで保湿します。

手が荒れないようにする豆知識

硬水が肌に残ったまま乾燥させないのが、ポイントです。単純な事ですが、手が濡れたらすぐにタオルを使いしっかり、手を拭きます。肌が濡れた状態のままだと、乾燥肌になってしまいます。

いわゆる標準5に近いphは「0」に近づくほど酸性度が高く、中性は「ph6~8未満」なので、手が荒れないような中性洗剤を使用してみてください。

手がかなり汚れている場合でも、強く手をこすらない。普段から手は身体の中で一番ダメージを受けやすく、手洗い用のハンドソープやせっけん、食器を洗う洗剤、日々、私たちの手の皮膚はダメージを受けます。

手を洗った後に付けるハンドクリームの適量は少なくとも1日2回(朝と夕方)一年中、日焼け止めを塗るのがベターです。クリームに含まれる成分はアロエ 、グリセリン(保湿力 UP)、水添レシチン(ラメラカプセル成分)を選ぶと、肌が柔らかくなります。

またミント、ライム、セージなどの薬草などナチュラルな素材を使用した「入浴剤」をお風呂に入れると、体も温まるしハーブの香りに心身ともにリラックスできます。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする