ドレスコードを変えた「ココ·シャネル」の凄さ

bc354c34c878c954545167a9

これだけは女性として知っておきたいココ·シャネルが生み出したイノベ!について少し学んだことを紹介します。

シャネルが生み出したファッションや人物像が詳しく知りたいという方は「ココ・シャネルという生き方」が描かれた一冊を読めば良いです。

生涯独身を貫き通したココ・シャネルという女性は、テキな女性であろうと考えています。女性の心と体を美しいアクセサリーや服へと手を広げていきました。

お洒落ファッションに欠かせないパンツ

jLlG515212cc

まず最初に取り掛かったのが女性のパンツスタイルを開発してきました。

シャネルが提案したスタイル徐々に世間に浸透していったという。パンツスタイルと高価なクラシックなセーターと合わせ切り捨てられたモデルは斬新だったようです。

このようにココ・シャネルはその時代に生きた女性達に大きな影響を与えました。

スカートは常に膝をカバーしなければならないという常識を壊した

K54515FH31

時代や歴史的背景も関係していますが、長い間人体の最も醜い部分とされ、多くの人々が膝の美しさを認識していなかった。

20世紀の初頭、上流階級の女性たちのファッションは、
羽根や花飾りのある大仰な帽子、胸ははだけて豊満なバストの強調、
ウェストはコルセットで蜂の腰というほど絞り、
ピップは詰め物で後方へせり出され、
スカートは、地面につくほどの長さと大きく膨らんだものでした。

美とは、何か?、ココ・シャネルのデザイン革命

どのくらいで、膝丈のスカートが人々に浸透していたのかは分かりませんが、当時は膨らんだスカートなど動きづらいものが主流だったので、このように膝丈のスカートはデスクワークをする女性達から支持されていったという。

現在では膝丈のスカートは理想的であると結論付けた。

喪服イメージ一新!リトルブラックドレス

ef393g5a64he4aaa98

シンプルなデザインの黒いドレスのことを「リトルブラックドレス」と呼びます。

皆さんはどのようなイメージを受けますか?ユニバーサル、セクシーな印象を得られる女性には嬉しいものですが、ココ・シャネルの時代は喪服の衣装として一般的でした。

しかし、1926年にシャネルが発表し話題となり、当時は喪服として使われていたので、あまり良いイメージではありませんでしたが、黒一色のドレスがファションモードとして認識されるようになり、現在まで様々なシーンで活用される。

現在ではリトルブラックドレスはココのおかげで、優雅さの象徴となっています。

習慣を変えた「シャネル2.55」

eph65h1raJ28

シャネル2.55なんの意味が含まれているのかと言うと、1955年2月にちなんでつけられた名前が「シャネル2.55」これは、バックがワンハンドルが主流時代にココがあるアイデアを提案しました。

それは女性にとってはとても便利なチェーンをバックに付けるというものでした。

当時のワンハンドルは常に自分たちの手で持たなければならず、めんどくさいものだった。また装飾品としての色が濃かったが、シャネル2.55のモデルは、シンプルなデザイン肩から下げられるようにチェーンをつけることで、両手が自由に使えて活動的に動けるものをだった。

まとめ

仕事と恋に生きた女性の一人ココ·シャネルについて、知っている人も知らない人もココかっこいいなステキな女性を知ってほしく、今まで当たり前に着こなしていたファションを入り口に紹介しました。

彼女は常にファションという仕事と恋に生きた女性と言われており、多くの恋もいましたがなぜか結婚だけは縁がなかった人物です。

独創性があった彼女は独身で生きて、事業で成功し、彼女なりの幸せを手に入れたという点も含めて、このような生き方もひとつのモデルケースになると思います。

▼ココ·シャネルの一生を流れるよう簡潔に描かれています。

▼文章ではイメージし難い当時の時代背景やファションデザインについて、客観的に感じやすく、見所は名女優シャーリー・マクレーンが演じたことですね。どえらい演技に酔いしれるかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク