目元や口元周りのしわを消したいなら化粧品に頼り過ぎない

aced1c7966a1f317a15a116ced061bb4_s

女性が翻弄されるぐらい「しわ」というワードについつい反応したり、本気でシワをなんとかしたいと、常々意識しています。

顔の輪郭の印象を大きく左右する。そんなシワを改善する効果のある美容液をいろいろ試してみたり、使い続けている人が多くいる世の中です。

フェイシャルケアを怠らない事は、皮膚の老化を防ぐことに最適な手段です。お肌の状態や、年齢などを考慮すると最善の選択とは言えない場合があります。ただ適当に美容液を選ぶだけでなく、正しいタイミングで使用することが重要です。

最良の選択肢は、年齢を重ねるごとに衰えていく機能を手助けする成分も必要と考えられます。しかし、場合によっては皮膚が薄く、年齢が現れやすい場所や紫外線の影響や乾燥肌で受けるダメージを解決するような特別な美容液が必要になります。

仕事や外出が多い人は長時間外にいれば確実に紫外線の影響を受けてしまいお肌を乾燥させます。健康な20代女性ならば自然治癒力が高くあまり気にしなくても乾燥の影響は少ないはずです。

しかし、30代という年齢の女性は肌の潤いをキープする保湿ケアは必要です。肌にみずみずしさがなくなってきたすると、お顔の老化が早まり対処しても手遅れになります。キレイなお肌作りには時間がかかるもの。

美容クリームの主な目的は栄養をたっぷり肌に与えるだけでなく、紫外線の刺激や、外気の気温や冷たい風から予防する観点から使って当たり前の素肌美人の元です。

30代からの女性にオススメな成分はレチノール、ヒアルロン酸などこれらの組み合わせ事で肌の新陳代謝を促してコラーゲンを刺激し増やす効果を高めることができます。その結果、表面がなめらかな肌に改善します。

美容クリームを使用するメリットは、皮膚のバリア機能の働きと関係があります。皮膚の表面の皮下組織の水分が蒸発しすぎないようにしたり、油分が流れ出ないようにすることにより、表皮の水分を保って乾燥を防ぎます。また寒い外気からも防御する働きがあります。

自分で行えるスキンケアはこれだけで、十分な結果が得られますが、お肌はメンタルも影響します。老化の兆候は以前よりも若い年齢でみられると言われています。

ストレスがお肌にダメージを与えることもあるので、日々の疲れや悩み事を和らげてみて下さい。ストレスは肌の老化を進行させるだけではなく、病気の原因にもなります。

スポンサーリンク

顔の全体的なシワの対策

老化とともに皮膚がたるんでシワが増えてくるということは、加齢や紫外線の影響でコラーゲンが減少することで、それまで支えてきた筋肉や皮膚を支えきれなくなり、皮膚はすぐに弾力性を失い、顔の輪郭の変化につながることが分かります。

年齢を重ねるごとに細胞の自然治癒力が下がり、深いしわやたるみが目立ちやすくなります。特に女性の身体が大きく変化する35歳以上は、この傾向が高く「老け顔」をカバーする根本手な対策が必要です。

多くの女性が40歳を境に「目の下のたるみ」「眉間の皺」「ほうれい線」の3つの老化現象に悩まされます。血液循環と皮脂腺も活性が少ない状態も関係しています。そうなってくると、肌のハリや弾力をキープするコラーゲンやエラスチンを破壊する「活性酵素」が過剰に発生してしまいます。つまり、これが老け顔を深刻化させる主な原因です。

50歳を迎えると「見た目年齢」と女性ホルモンの変化に敏感になります。この年齢になってくると、皮下組織の脂肪の量が減少し、弾性繊維は「皮膚の収縮力」が失われていきます。実年齢以上に見えてしまう人は、コラーゲンとエラスチンなど顔を支える土台が弱っています。また重力に逆らえないほどお肌に元気がない証拠です。

頬と下顎の輪郭に急な変化が見られた場合は、皮膚は弾力性を失いただ「たるみ」垂れ下がる運命になります。

老け顔改善という具体的な対策を考えると、まず始めにやるべき事が見えてきます。

肌の締め効果が高い保湿クリーム使用で、しわやほうれい線の数をある程度、改善する事が可能です。さらに食生活に気を付けたり、代謝や血液循環を悪くしないように普段から軽い運動を行ったり、頬の筋肉が衰えないように顔ヨガを取り入れることで老け顔を改善することができます。首回りのシワも見た目の印象を左右することがあるので、顔に塗る美容液やクリームを使用することをお勧めします。

どれか一つでも欠けてしまうと美しさをキープすることが難しくなってしまいます。

20代~30代前半の若い人は美肌をキープするためのスキンケア習慣を疎かにしなければ年齢肌のトラブルに悩まされずに日々を過ごす事ができます。

目の周りのしわ対策

しわは上下のまぶただけでなく、全体的に目元の肌の弾力がなくなって、シワやたるみができてしまいます。外出の時にサングラスをかけていなければ紫外線にやられたり、保湿がたりなければ水分も油分も不足しがちになり、しわが深くなる、目元のクマが目立つ原因です。

目元が老けてみることを客観的に捉えると、顔全体に悲しげな印象を相手に与えたり、不健康なイメージになります。

また水分補給は体内の代謝をアップさせるだけでなく、目袋の下の血液循環やリンパの流れをよくする効果があるので「ちりめんじわ」と呼ばれる細かなシワが減り顔の印象をよくすることができます。

深い「シワ」がある場合は、くぼみを滑らかにする美容クリームを習慣にすることをお勧めします。コラーゲンとエラスチン繊維の形成同士を結びつけて網目状に構成する働きをしています。その有効成分は皮膚細胞に直接、浸透されるので、美容液はアンチエイジングに効果的です。

口の周りのシワ予防

見た目だけでは判断できませんが、唇の皮膚は薄く汗腺や皮脂腺というものがほとんどありません。したがって、老化の最も顕著な変化を感じやすいと言われています。

加齢の影響でお肌が荒れると一番に口元の状態が悪くなります。もともと乾燥しやすく、カサカサな状態が続くとふっくら感とハリやツヤが失われます。血液の循環が悪いとさらに唇に厚みがなくなったり、縦ジワが増えたりもします。

もう一つの問題は「バーコード」のような縦ジワが無数に目立ってしまうことがあります。これは、寒い季節や体の代謝が悪い状態ほどつるっとした唇とは、対照的な印象になります。

美しい唇を維持するには体を冷やさないようすると血色の悪さを改善できます。さらに縦ジワやくすみがちな唇のお手入れを入念に行うほか、「ビタミンやミネラル」濃縮保湿とアンチエイジング物質などが含まれている「唇用美容液」を使用し、唇の皮膚に潤いを与えるようにします。

数週間後に深いしわや唇の周りの縦ジワが解消します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする