なぜタバコをやめると体重が増える?

a0858454ga5h4_m

タバコを禁煙した後の体重増加につながる要因は様々あります。

理由として挙げられるのが、禁煙すると基礎代謝が落ち食欲が増加する。 タバコに含まれるニコチンは、摂取により基礎代謝が上がり、不自然な代謝率を向上させます。タバコをやめたときに、代謝は徐々に正常なレベルに戻っていきます。

また、長期的な習慣によって、「口さみしさ」から食べる量を無視して、食事がうまくなり摂取量が増える原因となる。タバコの依存をやめるまでの過程は、イライラ、不安、空虚、など状態が続き身体に重大なストレスです。

しかし、それはニコチンやその他の有害物質が体内に蓄積されていた、それを取り除くために必要な体の正常な反応である。

スポンサーリンク

体重増加を防止する方法

病院で行なう禁煙・禁煙外来・カウンセリングを受けることによって、喫煙をやめることができることで、余分な体重を取り除くことができます。これを行うには、禁煙の治療を方法に原則に従う必要があります。

主一般に禁煙が難しいと考えられているので、自分の意思だけでタバコをやめるということは失敗につながる。順を追って徐々にゆっくりと、体からニコチンという化学物質が抜けることで、禁煙することが可能ですが、これは約3ヶ月かかります。

■いかなる場合にも大幅な食事の量を自分自身で意識して制限しなければならない。

■飲み物にも気をつける必要がある。コーヒーや紅茶、緑茶をたくさん飲むことを避ける。例えばコーヒーに含まれるカフェインは、ストレスホルモンが増やす作用がありますが、それだけではなく、基礎代謝を促す酵素系の働きも悪くなり、太りやすい体質になるということなので、ミネラルウォーターを一日あたり少なくとも2.5リットルを飲む。

■ビタミンやミネラルなどを多く含む食事をたくさん摂取することで、血液の流れがよくなり、体内に溜まっている毒素を排出せてくれる効果があります。これらミネラルを摂取することで、代謝が高まり体重が減りやすい体になるということです。

また気軽にビタミンやミネラルを補充する場合は、野菜ジュースやドライフルーツがお勧めです。毎日の食事も大切で、焼き魚やレモン汁、ハーブ、野菜、鶏肉を中心に選ぶと良いです。

■すぐにやめるべき習慣があります。ポテトチップス、チョコレート、などの脂肪食品を廃棄します。しかし、自分に厳しすぎると、逆にストレスを溜める結果になるので、週に一度チョコレートや甘いお菓子を食べることによって、精神的ストレスを和らげて、健康を改善します。

■タバコをやめるためには身体活動が不可欠です。 定期的な運動は気分を高め、血流を高め、代謝の速度を増加させる。

健康上の利点

健康上の利点に加えて、喫煙をやめることで、自由な時間とお金という形で金銭的利益を受ける。将来のタバコの値上がりなどで、苦しむことがなくなります。正しいライフスタイルに戻ることで、病気になりにくくい、疲れにくくなる、味覚が戻り食事がおいしくなるなどカラダに良い状態になります。

■溜まった脂肪を健康的に減らしたいと望むなら一週間のスケジュールにスポーツを行なう時間を取るようにすることが大切です。

■自宅や職場から近いスポーツクラブやフィットネスクラブを見つけて、さまざまな種類を試して、自分に向いているものを選ぶことが運動を続けるコツです。

■スポーツクラブ通う時間がない方は、家で運動を行なう必要があります。エクササイズの種類はたくさんあるので「DVD初心者運動」を購入し、週に2~3時間行なうことが必要です。

たばこをやめることで、体重が増えるというリスクを最小限に留めるためには、バランスの摂れた食事や適度な運動を行なうことで、余分な体重を増やす予防になるということです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする