生野菜や果物は大腸炎の原因?「下痢」消化不良を避ける方法

a1180_005792_m
ビタミンが豊富に含まれている、生の野菜やフルーツは体に良いとされているのはけど、時には下痢などの症状を引き起こすことも忘れてはいけない、特に女性は消化器疾患になりやすいそうです。

毎日バナナを食べているけど大丈夫?

野菜や果物はメリットだけじゃない!健康上よくない場合がある。

例えば、キュ​​ウリ、大根、果物や野菜の中には下痢を引き起こすものもあります。キュウリを食べ過ぎると、筋肉が揺み、胃腸がさらに下垂してしまいます。下痢・軟便の元になっているこもあるので食べすぎなどに気をつけたい。

生の食品の摂取量に警戒しなければならい。もちろん、消化不良の原因は、胃の中の細菌によって引き起こされる急性の腸感染があります。しかし、多くの場合、生野菜や果物は、様々な慢性疾患の悪化を引き起こし、トイレで苦しむ元になっている。「果物」や「野菜」を生で食べていいのか質必要があります。

大腸炎ってなんだろう?

大腸炎は、果物や野菜を食べた後、大腸の慢性炎症で発生します。 この不快な病気は、若い女性がなりやすい。炎症を起こした腸粘膜は、そのような負荷に耐え切れず、下痢を引き起こし、トイレに閉じこもる元になる。

解決策があります。腸自体は粗繊維を処理することを拒否しているので、体に優しく、滑らかな、植物性食品を食べると緩和される。例えば、ほうれん草のスープやマッシュポテトを少量食べると効果的です。

果物の選択が時に大事、果物の中には、下剤になりやすいものを覚えておいてください。

ブルーベリー、サクランボ、梨、これらは、大腸の水分吸収を阻害し、吸収されなかった余分な水分を便と共に外に出してくれます。

下痢を防ぐための注意点は、栄養素を逃がさないために、調理するときは蒸し野菜を調理することをお勧めします。なぜならより多くのビタミンが得られるからです。ゼリー、ムース粘性食品は、腸の過剰な活性を抑えてくれる。

大量に親戚から果物が送られた!そんな時には、ジャムやお菓子を作るといいかもしれない。

摂取量を知っとこ!

下痢に対処する方法はいくつかありますが、おいしい料理を気にして食べるのなんてイヤ!そんな方は慎重でなければなりません。どれくらい野菜を摂取しなければならないのか?厚生労働省によれば、成人ひとり1日あたりの野菜摂取量の目標は350g以上とのこと。

現在「下痢気味」なんです・・・。という方は、消化不良を回復するためにダイエット食品、穀物、水に関するものやスープは低脂肪ブロスで調理する必要があります。慢性大腸炎に悩まされている方は塩と砂糖を制限します。

食事療法でも慢性大腸炎が治らない時には、抗生物質を服用する必要があります。腸病原微生物の増殖、腫れを軽減し、弱った腸を助ける。

弱った腸の粘膜に対する鎮静効果は煎じ茶が効果的なようです。 オトギリソウ、カミツレなどが煎じて胃薬や下痢止めとして使われています。

今日も飲みすぎたと荒れ狂う腸は、半身浴で体を十分に温め、内臓の機能を正常化させることによって、下痢から開放されることもあります。

大腸炎は常に腸内腐敗菌を植民地化し、腸内毒素症を伴っている。特に女性が好きなブドウ、メロン、バナナ、かぼちゃなどは大腸炎になりやすい下痢の要因、お腹が痛いと苦しむ理由です。これら果実に含まれる「果糖」が飛躍的に成長し、増殖し正常な腸内細菌叢を抑制し始め、微生物を消化する。実際どうなるかというと腸内では腐敗や発酵により、下腹部に膨満感や下痢により痛みを引き起こし、苦しむ。腸内毒素症にならないために甘い果物を食べないことをオススメします。

胃も関係していた!

胃の酸性度が一定以上高い場合、十二指腸潰瘍や胃炎になります、胃酸過多になりやすい、食品も覚えているとよい、クランベリー、サクランボやリンゴは、胃の酸性度を高め、下痢を引き起こす可能性があります。しかし、これは最悪のものではありません。

しかし、潰瘍に苦しむ女性は、穀物類を摂取大量に摂取すべきではないとされています。甘い果物や野菜、イチゴ、ラズベリー、ブルーベリーニンジンは酸性度を軽減してくれます。しかし、下痢や急性潰瘍を避けるために、「生果物は抗潰瘍薬の酸性度を低下させる」という名目で食べられるべきである。

逆に、胃の酸が不足していることも、これは、低酸味と萎縮性胃炎胃炎に繋がるようです。弱った胃は、生の野菜や果物を消化ことはできません。その結果、胃で消化されるはずだった、食べ物が消化されずに腸に入ることで腸が悪くなるということです。

潰瘍性大腸炎の方は、生の野菜や果物を食べることは、一般的にはダメとされる。 しかし、調理された果物や野菜は安全です。

いわゆる過敏性腸症候群は、女性が発生しやすいそうです。幸いなことに、この病気は、深刻な消化器疾患は発生しません。

腸内では、食物を腸液の酵素によって消化されている。 しかし、ある種の酵素が生産されていない人がいる。これらのケースでは、甘いフルーツとベリーは、必然的に慢性大腸炎を悪化させる。この問題を解決するために慎重に不足している酵素を補う必要がある。薬の代替はありませんが、生の果物や野菜を放棄することをお勧めしている。

慢性膵炎の方も一般的には生の野菜や果物を避けたほうがいい。無限の下痢地獄によって、最大限に膵臓が働くことを余儀なくされています。

野菜や果物によるアレルギーもしばしば消化不良を伴う。じんましん、呼吸困難などのアレルギー症状を持っています。将来苦しまないために、アレルギー症状を検査し、病気の真の犯人を見つけなければなりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク