関節痛に悩まないための運動、サプリメントや薬について

ad60063e32ae830573e13f9b94947631

若い世代でも関節の健康上の問題が起きる事を知っていましたか?「変形性関節症」という聞くと、高齢者の多くが悩まされている疾患だと認識していましたが、20代~30代の労働者ではよく使う部分の関節に変形性関節症を起こすことがあるそうです。

この変形性関節症は、関節のクッションの役割を果たす半月板や関節軟骨が、年齢により傷んだり、徐々にすり減り、 痛みや腫れをともなう炎症を引き起こし、その名の通り、関節が徐々に変形する病気です。

その他に関節の健康は、多くの要因が影響しています。例えば、体内の水分不足や、バランスの悪い食生活、運動不足、気候や仕事などの原因が考えられます。

スポンサーリンク

関節の健康に良いビタミンとミネラルのサプリメント

健康産業や製薬業界は多くの製品を販売しています。正直、何が良いのか?どれを選べばいいのか選択肢が多くあります。

参考にしたい記事

関節痛・変形性膝関節症に効果的なサプリメント成分

膝の痛みにサプリメントは効果なし!?グルコサミン、コンドロイチンの効果について解説

サプリメントを飲めば関節の問題が解消されるものでなく、予防措置として関節や靭帯の怪我に役立ちます。炎症を軽減、痛みや不快感な感覚が緩和するだけで、日常生活が楽になります。

薬について少し。

疼痛や炎症の治療に非ステロイド性抗炎症剤が使われ、腫れや痛みを和らげ、熱を下げる効果があります。それらは多くの副作用があり、一時的な効果しか得られない場合もあるそうです。

一般的に予防と早期発見が大事です。例えば、放置すると、変形性関節症の第一・第二段階があるように関節の破壊と変形が進行します。薬剤は疾患の進行を予防し、損傷した組織を再生します。注射、錠剤、粉末、軟膏剤などの治療法があります。

薬による治療効果が見込めない人は、人工関節手術を行う場合もあるそうです。

サプリメントを選ぶポイントは、活性成分を含む「コンドロイチンとグルコサミン、コラーゲン」が配合されたサプリを選びます。これらは軟骨組織を強化し、細胞の再生を促進します。

関節包の内側には滑膜があり、この関節の表面を覆う軟骨をより早く回復するには弾力性とハリを与える必要があるので、コンドロイチンの働きにより、関節周囲の組織の摩擦を防ぐ事ができます。

つまり、軟骨表面がツルツルな状態になって、摩擦や痛みを軽減する事ができます。

関節のストレッチ

ストレッチは柔軟性を高め、関節への負担を軽くする。

YouTube Preview Image

簡単なストレッチだけで、関節痛やぎっくり腰、肩こりの予防にもなります。関節を介して筋肉がつながりながら全身を伸ばすことを意識して行うのです。

慌てずにゆっくり身体を動かすことが基本的な動作みたいです。

関節の痛みがひどく、医者から人工膝関節の手術をしなければならない。そのように言われた方が体操(リハビリ)を続けた結果、症状が改善したそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする