咳や気管支のトラブルに悩まされたくないなら、呼吸器系の健康を保つ食品をいただこう

447666uioad1f8c

乾燥注意報が頻繁に出てくる冬の時期は空気がカラカラしていて、肌や髪の乾燥もケアが追い付かないほど醜いです。それだけでなく、のど飴が手放せないぐらい喉の潤いも奪われているような気もします。

私は今年の11月についつい部屋の窓を開けっぱなしで寝てしまい喉を乾燥させてしまい、それが原因で細菌性の風邪を患ってしまいました。かなり、ショックな出来事でした。3年ぶりに本格的な風邪を引いてしまい、鼻水はダラダラ垂れるわ、緑色の痰は出るわ、身体的にしんどかったです。

毎年のように寒い季節は加湿が大事だと分かっていてもちょっとした、油断で喉にダメージを与えてしまう時もあります。

なので、お外が寒い天候だったり、体感で感じ取る乾燥に注意を向ける必要があります。一日中咳したり、ガラガラ声にならないために日頃から呼吸器系を保護することが大切です。マスクやのど飴、部屋の加湿などで対策できますが、ある食べ物を食べることで体の内側からも呼吸器系を守ることもできます。

スポンサーリンク

呼吸器系が弱っている人は栄養を補えていない

栄養は、あなたが想像しているよりも多くの呼吸器系の状態に影響を与えることを知っていました?風邪を引くことで気管支炎になってしまったり、苦しい思いをします。主にウイルスがや細菌が原因とされています。気管支炎を防ぐために普段からタマネギやニンニクなどの刺激性の食品が有効だったり、ベータカロチンが豊富な果物や野菜は、肺癌の予防になります。

任意の果実を食べることで呼吸疾患のリスクを下げられる可能性があるという研究結果が出ています。

イングランド、ウェールズの研究によると、呼吸器系に良い果実を二個以上食べる子供たちは、呼吸がゼーゼー苦しくなるような気管疾患のリスクが下がるそうです。

私のここ最近の食生活を改めて、振り返ってみると栄養補助食品や、プロテインに頼り切っていたことが風邪を引いてしまった、ひとつの要因だと考えています。風邪が治っても二週間ぐらい咳がなかなか収まらないことも体に栄養が足りなかったんだな~と思うのです。

咳に良い悪い食べ物

一年を通して、咳をまったくしないって人は少ないでしょう。咳はウイルスや細菌などの異物を外に出す作用がある生物として大切なメカニズムです。しかし、冬になると、軽い咳が悪化したり、咳はそんなに出ないけど、喉に違和感があったりします。

食べ物を食べる事で、それを弱めることができます。

咳を悪化させない食べ物 咳の時に避けるべき食品
ハチミツ
玉ねぎ 乳製品
ビタミンAとC

咳がひどい状態の時に牛乳を飲んだ事を思い出すと、白いものが単に絡んで嫌な気分になったことがあります。乳製品に含まれるたんぱく質が原因なのか?咳や痰があるときは乳製品を控えた方がいいです。健康に気を使うなら塩分控えめがいいという昔からの言われていますが、呼吸器官の健康上の観点からも言えますね。

咳が出始め時にハチミツ入りの卵酒や、野菜たっぷりのオニオンスープが咳や鼻づまりにも良い気がしますね。

気管支炎に良い悪い食べ物

気管支炎とは、気道の粘膜の炎症です。この気管支炎は、風邪を引くことで気管支炎になってしまったり、ウイルスや細菌感染によって引き起こされることが、ほとんどだと言われています。風邪を引いた時に同じウイルスや細菌にかかってしまっても、軽い症状で感知する人もいれば、気管支まで炎症が広がり、気管支炎や肺炎などを起こす人がいるのはこのためです。またタバコを吸う人ほど症状が悪化しやすいことも分かっています。

気管支炎を悪化させない食べ物 気管支炎の時に避けるべき食品
大根 アルコール
玉ねぎ 肉の脂肪である飽和脂肪酸
ニンニク
ネギ
クレソン
ボリジ
プロポリス

玉ねぎ、大根は天然の粘液溶解薬になるみたいです。この粘液溶解薬は、痰を分解・溶解させ、その粘度を低下させます。またニンニクとプロポリスは、体に入り込んだ細菌やウイルスと戦ったり、気管支拡張に効果があるそうです。

大人になってから突然ぜんそくにならないためにできることは?

ぜんそくとは?

子供がなりやすい、そんなイメージがありますけど、大人になってから急にぜんそくに悩まされている人もいます。

私は喘息になった経験はないのですが、ただの風邪の後にぜんそくや咳ぜんそくになる人がいるそうです。そんな成人している大人が発症するぜんそくのことを「成人気管支喘息」というらしい。

ちなみに喘息は、通常アレルギー反応が原因で起きる気道内の痙攣や炎症です。喘息は、胸の喘鳴、咳、痰や鼻に炎症を起こし、むくんだり狭くなったりを繰り返して、痰がたくさん分泌されるため、気道をふさいで息切れ(呼吸困難)になります。

アレルギー性​​食品と喘息

TVでよくやっているアレルギー性食品の恐怖体験を見ていると、心の底からビビっちゃいます。アレルギー性​​食品を避けるだけでなく、塩分の摂りを見直したり、こまめに水分をとり、痰を出すようにすることが大切みたいです。

他の要因

例えば大気汚染、部屋のほこり、精神的・物理的ストレスによって、喘息発作を引き起こすことが分かっています。このようにアレルギー性​​食品だけでなく、他の要因があるという事です。

喘息予防に役立つ食べ物 控えるべき食べ物
野菜
玉ねぎ サプリメント
わさび 貝類
植物油 ハードチーズ
ハチミツ サプリメント
ヨーグルト ロイヤルゼリー
ビタミンB群 ミルク
マグネシウム ナッツ

ローヤルゼリーに含まれるたんぱく質がアレルギーの元になっていたり、貝類やナッツなどの特定の食物に過敏に反応する人もそうです。これらに軽いアレルギー反応がでていても普通に食べる分には大丈夫な人もいますが、食べ過ぎによって、体調を崩してしまい喘息が出やすくなるようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする