寝る前に食べると睡眠を妨げるものと寝つきをよくする食べ物

就寝の1~2時間前に食べると太るといわれていますが、美容のゴールデンタイムに深夜のお菓子タイムや夜食を食べてしまうと睡眠の質に影響を与え不眠症になる可能性を高めてしまいます。寝不足の影響で身体全体のバランスが崩れ美容はもちろん、体調不良を悪化させることも。

スポンサーリンク

睡眠前に食事の摂取の仕方で睡眠の質が変わる

健康を維持したい、肌トラブルが少ない美しいカラダになるために正しい睡眠を取りたいものです。睡眠の質は、過剰なストレスや遺伝病などが影響していますが、特に気にしたいことは深夜に避けるべき食事と寝つきをよくする食べ物の情報を知ることです。

もし、睡眠障害を抱えているなら睡眠の質を高める食事療法を寝る前に試すだけでも睡眠を改善できるかもしれません。何より快適な睡眠に役立つ食べ物について、要点だけをまとめてみました。

睡眠の質を良くする食べ物

■バナナ

バナナという果物は、カリウムやマグネシウムが豊富に含まれており、自然の筋弛緩剤として作用します。筋弛緩剤は睡眠薬に使われているものです。また、バナナは、セロトニンの合成に欠かせないアミノ酸のトリプトファンが含まれています。この物質は神経伝達物質と呼ばれ、リラクゼーションを促進します。

セロトニンは夜になると睡眠ホルモン「メラトニン」に変換され、快適な眠りを誘発してくれます。これら睡眠に役立つ物質は、脳に到達するために少なからず時間かかりますので、就寝2時間~3時間前に食べておくと効果的です。

■タンパク質が豊富な食品

牛乳、卵、低脂肪チーズ、チキンなど食品は、タンパク質が豊富です。これらは眠気を引き起こすだけでなく、胃酸濃度を減らします。胃の中が高い酸性だと胸焼けでなかなか寝付けない原因になってしまいます。これが夜間に起きてしまうと正常な睡眠を妨害することにつながります。

■アーモンド

おいしいアーモンドは筋弛緩剤となり、睡眠を促進してくれます。豊富なタンパク質は含まれていませんが、マグネシウムがたくさん含まれています。就寝前にアーモンドオイルや生のアーモンドを摂取すると不眠症に効果的という分けです。

■牛乳

就寝前に温かい牛乳を飲むとただカラダがポカポカするから眠りやすいと思っていましたが、実際はメラトニンの産生を調節するカルシウムが含まれているので快適な睡眠に役立ちます。

■お茶

お茶は何でも良いというわけでない、お茶には覚醒作用をもつカフェインが含まれているからです。眠る前に摂取したい飲み物は緑茶です。
緑茶には眠気を誘うテアニンという物質が含まれています。さらにガンマ – アミノ酪酸は、カラダの緊張を落ち着かせ、ストレスを緩和する神経伝達物質が含まれています。緑茶が嫌いならハーブティーでも大丈夫です。

このような食べ物は天然の精神安定剤になったり、睡眠導入剤の役割があるというわけです。

睡眠の質を悪くする食べ物

寝る前に食べてしまうと睡眠が浅くなってしまう食べ物のことを忘れてしまうとなかなか寝付けなくなってしまいます。

■カフェイン

眠気覚ましの心強い味方のコーヒー。しかし、寝る前にコーヒーを飲んでしまうと寝付けない状態になることは誰でも知っていると思いますが、カフェインを含むチョコレートやお菓子も要注意です。

■脂肪分を多く含む食べ物

脂肪分を多く含む食事を夕食に摂ってしまうと胃がもたれる原因になり、寝付けなくなってしまうことも。脂肪の多い食事は睡眠の質を損なうだけでなく、消化不良を引き起こしやすくなってしまいます。どうしても食べたい時は就寝前3時間お食事をしましょう。

■アルコール

アルコールを飲んで寝てしまうと私たちが夢を見ている間、レム睡眠のサイクルが悪くなります。レム睡眠とはカラダが休んでいても脳はある程度覚醒している状態で、この時に人間は夢を見ます。アルコールはレム睡眠のリズムを乱し、眠りの質を浅くする作用があるという分けです。

たまに寝る前に飲む程度なら問題ないですが、アルコールの長期使用は、レム睡眠とノンレム睡眠のリズムを破壊することにつながり、不眠症を引き起こします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする