起きてすぐのコーヒーはNG?朝に食べたり飲んだりすると元気になる食品

66caa6a3051b38f5597ea80b63dbbc00_m

一日の始まりに飲む飲み物や食べ物が、朝の寝ぼけた一気にシャキっとした気分と導いてくれることを知っていますか?眠気を覚ましてくれるコーヒーを飲む人が大半だと思いますが、実はすぐ起きて飲んでしまうと血糖値を上げ過ぎてしまう。

朝の身体はまだ代謝のスイッチが入っていない状態です。そんな時に血糖値が急激に上がる食べ物や飲み物を摂取してしまうと、インスリンが大量に分泌されることにより、大量のエネルギーが作られ、糖が余ってしまい脂肪になってしまいます。

また眠気覚ましにコーヒーに含まれるカフェインが役立つことを知っている人も多いと思いますが、「コーヒーは朝8時から9時の間に飲んではいけない? ― カフェインが効く時間帯とは?」を読んでみると、朝にコーヒーは飲まないほうがいいみたい。

コーヒーの変わりに一体何を摂取すれば良いのか、調べてみました。
スクランブルエッグ、チョコレート、オレンジジュースなどを朝に摂取し、健康的に目覚めがスッキリする方法を実践してみて欲しい。

チョコレート

朝は身体も脳も寝ぼけた状態。起床してから脳に良質な糖分を送ることで、家事や仕事にとっても良好なスタートが切れます。チョコレートを食べると脳内で活性化するのが「エンドルフィン」。

寝ぼけた状態の頭を切り替え、朝からやる気があふれ出す。朝起きて、チョコレートバーチョコレートを溶かした飲み物として摂取することで、仕事や生活に非常に役立てることができる優れものです。

しかし、食べ過ぎてしまうと、血糖値が急上昇するするので食べすぎには注意が必要です。食べるなら一つまみ程度が理想です。

冷たい水

よく、朝にコップ一杯の水を飲むといいというのを聞きますよね。これには理由があり、夏の暑い日など、寝ている間に脱水症状を引き起こしやすいとか!朝起きて、頭痛がしたり、カラダが異常に重たいなどの状態は脱水症状が原因だと考えられてます。

よく考えると寝ている間の6〜8時間の間に身体は水分を一切とっていませんよね。

そんな状態で朝起きて、水分補給しないでそのまま出勤する人も多いそうです。
特に午前中に、水をたくさん飲むことで、快適に一日を過ごすことができます。朝食を食べない人より、水を飲まない人の方が健康的リスクは大きい様に感じますね。

ベリー類

おいしいラズベリー、ブルーベリーとイチゴなどは朝のエネルギー補給に役立ちます。

ベリー類には酸化物質、フラボノイド、カロテノイドが豊富に含まれており、お肌の老化促進を防いだり、シミ・しわをを防ぐ効果があります。

また肌の健康を守る。紫外線によるしわや日焼けの原因になるフリーラジカルのダメージからお肌を守ってくれる作用があります。また、ベリー系は水分と食物繊維が多く含まれており、便秘解消にもも期待できます。

柑橘類

柑橘系の香りが目覚めを呼び起こしてくれる。冬は特にだらだらと眠い状態が長く続きますよね。そんな時にオレンジ、ライム、レモンの香りが脳の活動を刺激してくれます。

柑橘類に含まれる果糖(フルクトース)は、アルコールの分解に一役買ってくれます。二日酔いで、身体と脳がスッキリしない時に飲むことをお勧めします。

しかし、美容を意識する女性にはあまりお勧めではない。朝に柑橘系果物に含まれる「ソラレン」を摂取してしまうと、肌が日中の紫外線に影響を受けてしまうのです。

「ソラレン」という物質が、紫外線を吸収する働きがあり、シミやそばかすの原因になるので、すぐ外に出るような用事がある場合は避けた方が良いみたい。

タンパク質

朝起きたばかりの身体に甘すぎるものを取り入れてしまうと、急激に血糖が上がってしまうリスクがあります。

それを避けるために昔ながらの朝食を食べることが大切です。
寝起きの省エネモードから燃焼モードへとスイッチの切り替えに朝食に肉、魚、卵などを食べることにより、体温を上げて、脳の状態もスッキリ導きます。

しかし、パン、ごはん、麺などの炭水化物だけになってしまうと、代謝が悪くなり脂肪を溜め込みやすくなります。なので、魚、卵、肉、などタンパク質を含んだ朝食がお勧めです。

ナッツ類

朝からがっつりと、食べれない人はナッツ類でタンパク質で補給することができます。ナッツは身体にいいとTVや雑誌でよく聞きますよね。実際にナッツには生活習慣予防やダイエットなど健康や美容に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

食べたら頭が良くなる?脳の働きを活性化させる5つの食材でも書いたようにナッツ類を食べるメリットは多くあります。

ビタミンE、マグネシウムを含んでいるので、脳の血管の弾力性を維持できますし、活性酸素の害からカラダを守り疾患を予防に役立つと言われています。

ナッツ類だけ食べておけばいいという分けではないが、老化や生活習慣病予防に効果的だということです。

脳の血管内が老化してしまうと癌や脳梗塞のリスクがぐーんと高まってしまうということです。なので、抗酸化作用のある種実類を多く取ることで、血管の老化防止、過度のストレス防止に役立ちます。

リンゴ

朝のワイドショーでよく特集している「リンゴ」なぜ朝に食べるといいの?そんな疑問でいっぱいです。

リンゴに含まれる「ホウ素」が関係しているようです。ホウ素は、女性の発症率が高い変形性間接症の発症を抑える効果があったり、骨を強くする働きがある。またリンゴ酢を飲むことで、口臭予防できたり、健康的な歯の状態を維持できます。

これは歯の表面の汚れを落としたり、口内のバクテリアを殺菌する効果があるんだとか、またリンゴ酸は、歯の変色を防ぐ効果がなので、白い歯を大事にしたい人は食後にリンゴを食べればいいという分けです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク