食べたら頭が良くなる?脳の働きを活性化させる5つの食材

577832dc7468f458386ab3e2eefb8a59_m

人間の脳は、体重の重量の約2%程度です。その脳が体のエネルギーの約20%を消費しているという。つまり、他の臓器と比べても消費エネルギーが多いというです。この大きなエネルギーは脳が働くときに発生する、神経インパルスを迅速に送信するために必要だそうです。

神経インパルスを処理する速度が落ちてしまうと反応速度と作業能率が低下すると言われています。仕事の効率が落ちたとか、勉強がなかなか進まない場合は、脳の働きを活性化させる食材を食べて脳のエネルギーを充電し、やるべき作業を効率に進める必要があります。

アボカド

アボカドはその見た目と様々な料理に使われるイメージから野菜だと思ってしまいがち。実は黄緑色フルーツなんです。アボカドは、煮込み、炒め物などの調理をほとんど必要としません。

アボカドは、タンパク質と不飽和脂肪のたくさん含まれています。またそのカロリーも低く100g当たり、160カロリー意外とヘルシーなフルーツです。それだけでなく、アボカドに含まれる「オレイン酸」は、コレステロールを分解し、脂肪の蓄積を防ぐことができます。

もちろん、アボカドは、脳を刺激する効果もあります。食べることで血液の循環を改善し、神経結合を強化ことにつながります。

ちなみに私が参考にしているレシピ「サンドイッチ アボカド卵サラダ」朝食にアボカドと卵とトーストを食べています。アボカドとゆでた卵をフォークで潰し混ぜて、最後にマヨネーズ、塩とコショウで味付け、ン上に乗せて食べています。また酸味や甘さがほしい時はハチミツ、レモンと追加してもおいしく食べれますよ!

一日の始まりに食べるといいかもしれません。なぜこの調理方法が良いのかと言うと朝の忙しい時間帯に簡単に作れることに加えて、手間も掛からず2.3日ぐらい日持ちするから便利です。

ブルーベリー

ブルーベリーは、おいしいですが、旬じゃないとあまりスーパーで見かけないですよね。このブルーベリーは、眼疾患の治療や予防役立つと言われています。その理由はペクチンを豊富に含んでいるから。ペクチンは体内に溜まった毒素を排除するのに役立ちます。またブルーベリーは繊維が豊富で、便秘解消の味方になります。

ブルーベリーは甘いから糖分が多いのでは?と思ってしまいがち、実際に血液中のインスリンが高くなるわけでなく、体脂肪の蓄積、高血糖などを予防してくれます。

老化していくと体も衰えますが、脳も衰えます。脳が衰えてしまうと認知症になりますよね。それを防いでくれる効果があるのが「ブルーベリー」です。例えば、アルツハイマー病を防止し、記憶力、学習能力を向上させることが分かっています。その他のベリー類も同じような作用を持っています。たとえば、イチゴとクランベリーが家庭で手に入りやすい食材だと思います。

ブルーベリーを食べれば健康的に過ごせるわけではありません。そもそも食べ方次第で有害にもなりえます。例えばドライブルーベリーは甘すぎので、望ましくない。ドライフルーツは、乾燥させることによって味や栄養が凝縮され甘みが増しますがその分食べ過ぎに注意が必要です。ベリーを食べる時は可能な限り、新鮮なもの、凍結されたベリーを食べるようにしましょう。

脂肪分が多いお肉より魚を食べていたほうが健康的に過ごせることは、多くの人が知っていますよね。
普段何気なく食べているこれら魚の利点は、魚に含まれる「ビタミンB12」が神経系を強化してくれます。

また海水魚の利点にオメガ3が含まれています。これは不飽和脂肪酸と呼ばれていまして、脂肪って何?ダイエッターや健康的に過ごしたい人が覚えておきたいことに書いたとおり健康的な脂肪だという事です。

脳の老化にアプローチし、記憶を向上させます。さらに気分を改善し、うつ病にも役立つと言われています。とくに日照時間が十分ではない秋・冬の時期に、鮭の旬の時期に鮭を食べると老化を防止する働くという分けです。

サケ敬遠する人もいますが、そんな時に鮭の代わりになる「カツオ・マグロ」などの赤い魚代替手段があります。また、脳を活性化させる「オメガ3脂肪酸」だけでなく、脳組織の代謝を高めてくれる、ビタミンB6が含まれています。まとめると、脳が疲労状態を緩和し、精神的に気分が良くなり、集中力が高まり、イライラを抑える働きもあるというワケです。

サーモンの調理方法は焼いたほうが一番おいしくいただけますが、「サーモンとアボカドのディップ」 にすると朝の朝食つくりが楽になります。

種実類

肉や牛乳などはタンパク質が豊富に含まれています、果物や野菜は食物繊維が豊富ですよね。「アーモンド」がダイエットに良いと聞いたことがある人は知っていると思いますが、これらと同じ栄養が豊富に含まれているが、種実類です。

筋肉をつくる栄養素がタンパク質、これら足りないと代謝が悪くなり、痩せにくいカラダになり、水溶性食物繊維は血糖値の上昇を抑え、脂肪を蓄積しにくくしてくれます。

実際に脳のエネルギーが正常に機能するために種実類はバランスの良い食材だと理解したと思うんです。

さらに、ビタミンE、マグネシウムを含んでいるので、脳の血管の弾力性を維持できますし、活性酸素の害からカラダを守り疾患を予防に役立つと言われています。脳の血管内が老化してしまうと癌や脳梗塞のリスクがぐーんと高まってしまうということです。なので、抗酸化作用のある種実類を多く取ることで、血管の老化防止、過度のストレス防止に役立ちます。

種実類のナッツやアーモンドは、出来る限り無添加のものをそのまま形で食べると効果的です。つまり、バターと炒めたり、油で揚げちゃうと逆効果になってしまいます。一番いい方法はナッツやアーモンド小さく刻みサラダのトッピングすることをお勧めします。

コーヒーと紅茶

コーヒーと紅茶は朝の始まりに欠かせないという人も多いはず!これらを飲むことで一日に必要な活力が充電できると感じています。なぜコーヒーと紅茶を飲むと目覚めが良い元気な一日になるのか?不思議に感じる人もいると思いますが、それはカフェインが関係しています。

カフェインを摂取すると思考、記憶領域と反射神経を刺激します。だから朝の一杯を飲むとスッキリするワケです。これらの飲料は、抗酸化物質が豊富であり、アルツハイマー病の発症を予防することができることが分かっています。

コーヒーや紅茶を飲む習慣は大切です。しかし、砂糖の入れすぎに注意してください。砂糖の取りすぎは健康を害してしまいます。代わりにクローブ、シナモン、ナツメグなど健康に害がないスパイスを入れることをお勧めします。砂糖がないと飲めない人はハチミツを入れてもいいと思いますが、血糖値の上昇に注意が必要かも。コーヒーや紅茶は適度な甘さが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク