朝の景色を変えてしまう目の「むくみ」解消!

a14874jogoa45am

朝起きて気になるまぶたの腫れ、アンダー目の周り「むくみ」ですが、女性にとってメイクだけでは解消するのが難しいむくんだ目元。問題を迅速に解決するための措置を取る必要があります。

■問題:目の下の腫れ

むくみは体内の血流とリンパの流れの滞りが悪くなり、まぶたがむくんで、見た目も美しくなくなるということです。

■理由:就寝前に、体に取り入れるとむくみの原因になってしまう、スパイシーな料理や塩辛い食べ物が多数。

目の「むくみ」解消に何をすべきか?

■朝食前に緑茶を飲むことによって、尿の出がよくなりむくみが取れます。「ハトムギ茶」や「緑豆茶」は、体の余分な水分の水を体の外に排出してくれるので、むくみを短期間で解消すぐに役立ちます。

■目の周りに使用しても大丈夫な特別なマッサージオイルやクリームを使うことで、むくみを軽減します。私がお勧めしたいのがポーラの「ポーラ B.A ザ アイクリーム」目もとのトラブルを重点にケアできるというものですが、むくみだけじゃなくシワや目元のクマを解消できるオールランドなアイクリームです。

■予防措置を実行する。就寝前2〜3時間は水分摂取量を制限します。夕食には、野菜や果物を中心に塩分控えめな料理を食べることをおすすめします。

目のスキンケア選びが大切

目を擦るクセがある人もいますし、まぶた付近はデリケートな部位。なので、目元は乾燥や刺激を受けやすいため、思ってなかったトラブルに見舞われます。

上まぶた用化粧アイライナーや鉛筆を使用している場合、特に気になるのが、むくみ細胞組織に余分な水分が吸収されることによって、膨張(むくみ)が、上まぶたを中心に顕著に現れます。

■予防措置としては、アイクリームを使用するだけでなく、その他にも注意する必要があります。まぶた用のデイクリームは使用しないでください。

寝る前のケアが大切です。特にナイトクリームは、目元の薄い皮膚をしっかりと守ってくれることに加えて、美容液が速やかに吸収質感を持っている必要があります。

特に自分の年齢に設定されているをスキンケア選ぶようにしましょう。理由としては年齢肌に合わせた成分が配合されているので、お肌に効果的ということです。

不規則な生活習慣が原因

塩分の取り過ぎ以外にも不規則な生活を送ることで、自律神経の調整機能の役割が乱れることも、むくみやすくなるといわれています。バランスのとれた食事も大切ですが、体を動かすことによって、もむくみを解消できる。

■運動不足や血行不良によることが原因ということもありますので、定期的な運動を朝に3〜5分行う。これによって、血液循環を刺激する。

■予防措置、塩分を多く含む加工食品やジャンクフードやコンビニ食品などで、夕食をすましていると、どうしても多く塩分を取ってしまう。時間がない忙しいからなどの理由で、このような食事が続いているという人は、むくみの原因は余分な塩分の摂り過ぎということが挙げられる。毎日は難しいと思いますが、野菜を中心に自炊を心がけることが大切です。

むくみが影響!?目の下のクマ

■原因:遺伝性か先天性の特徴ということが挙げられる。

対策として何をすべきか?

■定期的に血液の循環を高め、リンパの流れを刺激するようなアイクリームを使用しています。

■まぶたの皮膚に特殊な化合物を含浸させる「フラウニーズ(Frownies) アイ ジェル(アンダー アイ パッチ) シワ・クマ・むくみ用アイジェルパッチ」は、特別な緊急パッチとして、有用な手段となると思います。

■目の下のクマの暗い部分のみを中心に特殊なコンシーラーを使うことで隠すことができます。こちらの「目のクマをコンシーラーで隠す方法」動画はとても参考になると思います。

■アイメイクが原因で起きてしまう皮膚の色素沈着に気をつけたほうがよい、目元の汚れはクマの原因になる。

■予防するには、毎日しっかりアイメイクを落とすことが必要です。洗顔だけでは、なかなか汚れが落ちないので、「洗眼液」を使用して目を洗うことが大切になってきます。一度試してみると、分かりますが洗顔だけでは落ちなかった目に付着していた汚れが浮かんできますので、とても効果があることが分かると思います。

第3類医薬品と記載されている「洗眼液」は医師に相談してから使用しても大丈夫です。と診断してもらってから使って下さい。

■ご注意を!もし頻繁に目の下が腫れている場合は、腎臓、肝臓、および内分泌系の機能が関係している場合がある。また、アレルギー反応や風邪が原因かもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク