春のスキンケア疲れ肌と乾燥肌を予防するだけでなく、二重アゴの解消も考える

鼻がウズウズ、笑顔も未だにカピカピするような季節です。自然な表情で鏡を見ると「しかめっ面」が映るまるで、不満顔。シワ、シワ、長い冬の季節を過ごし、ポカポカな春の時期になっても肌の状態は疲れたままです。

冬に蓄えてしまった脂肪の影響もあるだろうけど、二重アゴが浮かび上がってました。男性からしてみればどうでもいい。些細なことのように思えるかもしれません。しかし、女性にしてみればショックな出来事です。

35歳~50歳になると、見た目以上に老けて見られたくないものです。美しくなるという願望以外に綺麗にみられたいそう望んでいます。

特に春は、寒さが和らぎ日照時間も長くなり暖かいし、肌トラブルが減る感じがしますが、春霜や冷たい風が悩ましくもなります。

冬はお肌にダメージを与える事を多くの女性が知っています。乾燥肌と暖かい乾燥した空気、雪や霜など環境要因があります。果物や野菜が不足しがちになりやすくなったり、ストレスや疲労をため込んだりします。

こんな感じで3月まで過ごす冬シーズンの浮き沈みの激しい日常を重ねていくと、肌に悪い影響を与えます。

スポンサーリンク

春のスキンケア乾燥の原因と解消方法

あらゆる年齢層に共通する一つの問題。それは冬になると、肌が乾燥カサカサ、痒みにもイライラします。

幸いなことに世界共通の解決方法があります。緑茶、生ジュース、水分を補給する。まず第一に、水分補給が必要な理由は内側から皮膚にうるおいを与えることです。

次は家の中の空気の循環を良くします。室内を加湿器を使用することにより、水分の蒸発を防ぎます。

食事はビタミンAとE、牛乳、ハーブ、魚、肝臓、植物油などを意識して摂取します。これらの各種ビタミンは化粧品「保湿クリーム」だけでは補えません。

30℃前後のぬるま湯で洗うや適度なスクラブ、シートマスク・パックをすることにより、寒い季節でも正常な身体機能を維持する事ができます。これらのスキンケアは週に2~3回が理想と言われています。最後に保湿クリームを使用することをお勧めします。

また脂性肌の人が冬の肌トラブルに悩まされる事もあります。剥離や炎症を引き起こし、肌の表面に問題を抱えてしみます。一日おきにやっていけない「スクラブ」選びは慎重に行います。ベストな選択肢はキンセンカとノコギリソウが含まれている必要があります。

春のスキンケア疲れた肌を癒すマッサージと化粧品

長い冬を乗り越えた肌は疲れて見えます。疲れた肌は30歳を過ぎたらシワもになります。しかし、シワが増えると恐れてはいけません。

タイムリーな出来事に対してはしっかり、対策を取ります。クリームでのマッサージを行うことにより疲れた表情を癒す事ができます。

繊細な刺激により血液の流れを良くし肌の代謝を高めるだけでなく、健康的な肌に必要な栄養素を届けることにつながります。しかし、誤ったマッサージはお肌に負担がかかる場合もありますし、やり過ぎは、かえって肌にダメージを与える可能性があるので、知識を持たずにインスタント思考でやる価値はありません。

やり方が正しければ狭い毛穴を広げて汚れを落とすことができるだけでなく、肌の炎症を軽減することも可能です。

化粧品は、肌の活力やつや、弾力性などで分類されています。肌をきれいにするクリームやフェイスマスクなど目的に応じて選ぶことがベターです。

デイクリームとナイトクリームを使い分けたりしている人は、グレープフルーツの皮などが配合された天然成分を選ぶと効果が高いです。

二重あごの解消

冬に蓄えた脂肪が「二重あご」を生み出しているのか?それとも自然の摂理の影響により寒さから身を守るために脂肪を蓄えています。

もっと理由を探せば(言い訳) 寒いと、防寒対策に服を重ね着し体が重くなり自然と前かがみになり、あごで醜い折り目が出来上がります。何が言いたいのかというと「二重あご」は体重増加が原因というわけではなく、 姿勢の悪さも原因の一つです。

食欲の秋・冬は食事中にカロリーを余分に通り過ぎてしまう傾向を防止する意識が欠かせません。「食べ過ぎないぞ!」その予防が失敗した場合、緊急措置をとる必要があります。

自分で出来ない事は、知識を身に付ける。理学療法士やマッサージ師に顔の筋肉の引き締めをお願いして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする