足の指先や裏にできる「水ぶくれ」を防ぐ効果的な方法

645c8587f4b7f09faf5e795c

靴下を履かなかった時や、カバーソックスのサイズがイマイチ合わなかった時に足ズレが起きてしまい、くるぶしより下の足の方の皮膚が傷つき翌日になって水ぶくれが発生しているパターンが多かった。

泣くほどの痛みではないが歩くたびに足元がヒリヒリ、ジンジンと痛み出す。直径数センチにも満たない小さな傷のせいでまともに歩けないとなると、もうその日は、仕事もままならない状態になります。どうにもならない不快感に苛立ちを抱えなが一日を過ごさなければいけない。

そして、足にできる水疱が旅行の時に起きると、観光を楽しむ余裕もなくなります。表面上大した傷でもないのにこんな事に悩まされるって、だけでも精神力を奪われます。

地味に痛いって厄介ですよね?

一週間程度で、傷ついた足は治り、違和感なく歩くことができます。一年に一度ぐらいの頻度で足元に水ぶくれが発生してしまうので、それらを予防する役立つ方法をまとめてみました。

さて、どうすれば良いのか?私の経験上で、一番多く足に水ぶくれが発生した事を書いてみた。

■靴下の選び方を間違っていた。

■靴のサイズや、履き慣れない事が原因。

■トレーニングシューズの劣化。

そもそも足元を気遣うという意識が足りなかった。靴下履くのが面倒くさいと素足のままサンダルを履いてコンビニに出かけてだけで、足に軽い水ぶくれが出来ていました。

スポンサーリンク

正しい靴選び

当然のことながら靴のサイズが合わなければ物理的な影響によって、思わぬケガにつながる恐れも出てくる。特にハイヒール選びに失敗してしまうと、かかとや、足先が強く圧迫され水疱(水ぶくれ)の原因になります。

靴を買うときは売り手に全部任せて選ばない事も大事です。販売員としての革靴の経験があまりないが担当だったら、失敗しますよね。

私が質問した際にスタッフの受け答えが曖昧だったら、その場を立ち去ります。この素材は、長時間の間ヒールを履いても疲れないのか?天然の素材で作られているのかを聞きます。

足が少しむくんでいるときに、8時間勤務でも足に負担をかけない。そのようなフィッティング性が高い種類を選ぶ事をお勧めします。

多くの人達と同じく、私の足の左右サイズが違う事も関係しています。ミリ単位という小さな数字ですが、靴選びを間違ってしまい片足だけ傷つく結果を生みだした事があります。

足を痛めやすい人は一度、整形外科に相談することをお勧めします。

新しい靴が合わないと言う前にできること

ある日、靴とシューズの専門店で新しい靴を購入し、翌日すぐに履いて出かけたのはいいけど、気が付くと「くるぶし」に軽い切り傷が出来ていました。新品だからこそ、初めて長く履くことになりますが、なんか固かったり、微妙な違和感を感じたりしました。

それが原因かも?しかし、靴が合ってない場合もあると思います。とりえず、私が新品の靴を買った時にやった事をまとめます。

■新品のシューズは軽く履きつぶすと、自分の足にピッタリになる。例えば、軽く10分間ぐらい近所を散歩したり、お家からコンビニまで徒歩で行くようにしていました。

これを数回繰り返していくと、あれ?なんかいい感じになってきたかもしれない。そんな履き慣れた感覚になりますよ。

■そんな暇も時間もない方は、靴に特別な魔法をかけてくれるシューストレッチャーと呼ばれる特別な道具を使用してみてはいかがでしょうか?

■足がむくんでないのに靴がきついと感じたときは、濡れタオルを足の指先の部分まで入れておくと、翌日になって普通に履けた事があります。

■通販のサイトを利用して、正しいサイズの靴を買ったのに「少しぶかぶか」だった経験ありませんか?そんな時は、厚手の靴下を着用してごまかしてください。

■お金も時間がない時は無理やり、どうにかしました。新品のシューズを水に濡らして、ヘアドライヤーを使い素材をもみほぐして、履いても違和感がない状態にしました。これは、たぶんやっちゃダメなんだろうけどね。

足が蒸れやすい

長時間、足元が蒸れていると、トウモロコシの粒のような水ぶくれができてしまいます。水虫にもなりやすいので注意が必要です。また皮膚が乾燥し過ぎてもよくありません。肌が薄いな~そんな自覚がある人特にケアが大切です。

足元から大量の汗が出てくることは、仕方のない事かもしれません。しかし、何も手を打たなければ治りません。

■普段から帰宅したら、靴を乾燥させれる。

■定期的にインソール(中敷き)を変える。

■汗を抑えるような制汗剤などを使用する。

■お風呂に入る時に足湯を行いハーブ系(スギナ、ミント、カモミール)などを入れる。

■足のケアに薬用クリームを活用する。

これをやるだけで、菌の繁殖を抑えることができます。後は、抗菌加工された「スポーツソックス」は、水分を肌面に触れることを軽減してくれるので、役立ちます。

足にバンドエイドを貼る

新しい靴を買って長い距離を歩いた際に足にタコができたら、苦痛ですよね。それから足に出来た厄介な水ぶくれは、治りかけの時ほど痛いです。そもそもくるぶしや、小指が負傷していっても靴を履かないで生活はできません。

そんな時は水疱を塞ぐことをお勧めします。靴を履いても傷口が痛くない便利なバンドエイドがあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする