馴染みの植物が持つ意外な作用が人体に与える良い影響

寒さが厳しくなり、風邪を引かずに過ごすことが難しくなってくる今日この頃。季節の体調管理に役立つ身近な植物が人体に与える健康効果をまとめてみました。昔から植物が病気の予防や改善に役立つことが分かっています。現代医学でも、薬に植物の天然成分が含まれています。

これら治癒特性が良好に人体に影響を与え、健康的に過ごす秘訣が隠されているんです。

薬というキーワードだけでも奥が深い歴史があります。
多くの錬金術師が不老不死の薬を作成しようと試みたくさんの人が亡くなったという。何かしらの薬を生み出すためには、長期の失敗、命のリスクなどがきっとあったんだろうな思うんです。健康に欠かせない野菜や果実は実は不老不死の薬を作る元になるかもしれないと空想してみましょう。

生姜

生姜と言えば生姜湯です。風邪の時に飲めば体が温まり血行が良くなるとか言われていますがそれだけでなく、乗り物に乗る直前に食べると吐き気感を抑える効果があります。船酔いや航空機の離陸に吐き気を感じた時に摂取すると吐き気の不快感を取り除けそうですね。

また妊娠中の女性に嬉しい効果も隠されていた。実は妊娠初期悪阻(つわり)に生姜を食べることで、吐き気や嘔吐を緩和する作用があることが分かっています。

カモミール

太陽のような見た目のカモミールは薬効成分として多く使われています。昔から防腐剤や抗炎症剤として使用されていたそうです。例えば腹痛や消化器官に問題を抱えている人が摂取すると改善できたという。

カモミールティーを飲むとお腹周りの冷えやお腹の調子を整えることに役立つ分けです。

それだけでなく、カモミールは神経に作用し、ストレス解消や慢性の緊張緩和に役立つことが分かっています。神経が緊張しているとなかなか夜眠れない不眠症の人が飲めば神経が落ち着きリラックスできます。そうなるとゆっくり快適に眠れるかもしれませんね。

人参

人参といえば大きさも種類も豊富にあります。特に男性のパワーを高めるコウライニンジン(高麗人蔘)はテレショッピングや雑誌でよく見かけますよね。

高麗人参が持つ本来の栄養素は、多くの強壮効果があり、血圧を上昇させます。これらの効果は眠気、倦怠感が解消されます。エネルギードリンクとて飲むと疲労が減少し、頭がスッキリし、脳の効率を増大させます。

このように刺激な特性がある人参は、ソフトドリンクや錠剤、粉末で使用することが一般的です。

甘草

甘草植物は、カンゾウ名前で知られています。特性は、抗炎症、下剤、去痰、制酸剤などの効能があります。つまり甘草は、上気道、胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、リウマチ、痔ばど疾患に役立ちます。

諸国では糖尿病患者の食事に取り入れられています。また生殖系の疾患を治療するためにも使用されているみたいです。

ラベンダー

香りの女王ともいわれているラベンダーは、体に効くだけでなくメンタルにも影響を与えるユニークな植物です。ラベンダーの香りが神経系に作用し、リラックスことは一般的に知られていますよね。精油をお風呂に入れるとより効果が増します。

薬用では、片頭痛、リウマチ、ならびに関節捻挫など麻痺の炎症の緩和する治療に使用されることは常識です。またメンタルに良い影響を与えので、失恋の落ち込んだ気持ちを癒してくれます。

シナモン

冷えのツライ季節に役立つのが、シナモンです。手先や足先が冷える「末端冷え症」に悩む女子に嬉しい効果を発揮してくれます。

シナモンの香りには、身体の交感神経を刺激して脂肪を燃焼させる作用があります。交感神経が活発に働くことで、基礎代謝も上がり、自然と体の中で生れる熱が増えて体が温まるという分けです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク