日焼けのリスクなくブロンズ肌を作る「サンレスタンニング剤」

a1130_000357_m

まず、初めにサンレスタンニングとは?あまり聞きなれない言葉を、気になっている人も多いと思います。

欧米では日光浴や日焼けマシンによる日焼けが原因で起きる、皮膚癌やシミなどのリスクがあり、白人の多いで大きな社会問題になっていたので、そのようなリスクがないように開発されたのがサンレスタンニング剤です。

スポンサーリンク

EcoTan インヴィジブルクリーム

EcoTan-2014-5-1

冬の時期に紛らわしい太陽を見たくありませんが、日焼けサロンへ行くか、少ない日光で日焼けを楽しむかどうか?もしそうなら、どうやって?

そんな方にお勧めなのが「EcoTan インヴィジブルクリーム」です。

EcoTanインヴィジブルクリームは、類似商品が少ないカテゴリーなので、日光浴や日焼けサロンに行かなくてもブロンズ肌になれるというものです。

■肌にリスクがない
メラニンの蓄積からなる。しみ、そばかす、皮膚ガンの心配がなく、まるで太陽の下で日焼けをしたようなコムギ肌を手に入れられる。

■オーガニック認定トリートメント
クリームを肌に塗りつけ使用するようです。角質層のみ反応した色なので、肌に塗ることをやめると肌のターンオーバーにより自然に色は抜け落ち、元の自分の肌色に戻るようなので安心です。

■使用方法
速乾性が高いということなので、寝る前に塗布し、効果が出るまで8時間おいておくとベスト!塗布後24時間かけて肌にコムギ色の深みが増していくようです。

日焼けサロンの危険性

日に当たることは、ビタミンDを作り出すために重要ですが、日焼けのために太陽の下、ビーチに横たわり、焼き鳥のようなに肌を焦がす価値はありませんよね。

太陽をどうしても浴びたいときには、日陰や早朝、夕方に浴びるほうが望ましい。

また冬には、夏の日焼けを維持するために、多くの方が日焼けサロンに通っていると思います。

過剰なメラニンの蓄積によるリスクをご存知ですか?こんな研究データもあります。

VIC州ガン委員会の研究者は、日焼けによって生じるメラノーマ(黒色腫)の発症の危険性を考慮すると、日焼けサロン数の増加は懸念すべき事態とした。Ian Olver(イアン・オルバー)教授は、日焼けサロンは高レベルの放射線を放出しているため、太陽に皮膚をさらすよりも人体にさらに悪影響を及ぼす可能性があることを国民に示すためのキャンペーンの必要性を訴えた。

出典:日焼けサロンブーム 潜む皮膚ガンの危険性

週に複数回以上日焼けサロンルームで過ごすと皮膚ガンの発症率が高くなということです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする