若い女性はカルシウムの不足による影響を知らない?

IMG_4073_ynp

睡眠過多だったり、睡眠不足だったりすると体は、生理的ストレスを感じます。あるいは月経を見越して、変化する天候や通勤中によく感じることはありませんか?

それは体内のカルシウムの不足が原因かもしれません。

なぜカルシウムは、体の健康にとても重要なのか?

カルシウムは、組織や臓器の様々な生理機能に重要な役割を果たしている。骨や歯の必要な要素だということは、もちろんご存知の通り、カルシウムが正常な血液凝固に必須だと知られています。カルシウムは、心臓筋肉の弛緩維持し、細胞膜の透過性を調節し、酵素は、多くの生理的調節し正常な機能に関連しています。

神経過敏の大きな原因の一つに「カルシウム不足」があります。全身あるいは身体の一部が捻れたり硬直、痙攣などの原因不明の腹痛を生じる。特徴的なことは、天候の変化や通勤中におきる吐き気やめまいです。

​​カルシウムの不足による影響を受け月経が長続きし、痛みを伴う感覚を引き起こす。本質的なのことは、妊娠、産、授乳と妊娠から育児が終わるまで相当のカルシウムを必要とします。

カルシウムを摂取するには牛乳やチーズを食べる必要があるのか?

食品に含まれるカルシウムの吸収を助けるビタミンDが必要です。そのため、効率的に体内に吸収されていない場合は助けにはなりません。ビタミンDを得るためには太陽光の下にさらされないといけない、なぜならビタミンDは、紫外線皮膚で生成されるからです。

さらに生理的機能、老化を防ぐために不可欠です。これは、広く関節症、アテローム性動脈硬化症、冠状動脈性心臓病、糖尿病の中等度および重度の形態、及び疾患における閉経、加齢による、老化予防のために使用されるホルモン障害が挙げられます。そのため必要な摂取量を知っていると他の健康上の問題を解決することができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク